やっぱ厳しいな~。解禁後3回目の週末!

水曜に40㌢増水したので、少し好転が期待される狩野川。この週末はシマノの東海A大会が土曜に松ヶ瀬で、東海B大会が日曜に松下で開催されます。土曜は前日からの雨で40㌢の増水。渇水が続いているので水の引きが早いので、開始時間を遅らせて4時間一発勝負で開催されました。

私もこの日は遅めに川に行きます。下流域はまだ濁っていますが、大会エリアはすでに底石が見えるくらい澄んでいます。高水で絶好のチャンスですが、濡れると肌寒いくらいの気温が残念なところ。太陽が出ると肌を差すような日差しですが、この日はドライシャツでないと寒いくらいの一日となりました。
f0103126_20553354.jpg

↑入った時点ではまだいつもの透明度には至らず

オトリ店に行くと塩焼きサイズの鮎が必要とのこと。数を尋ねると、この週末二日間ではエベレスト並みに険しいです。頼まれたのは私一人ではありませんが、それでも厳しい。18㌢以上で可能なら20㌢アップということなので、幼魚放流の魚を見つけるしかありません。

今週2回増水しているので、先週の日曜に入った場所に行きます。ここで午後から10尾くらいは揃えられると思いましたが、ま~渋いこと!しかもあろうことか塩焼きサイズのドンブリ…。ありえねぇ~!042.gif
f0103126_20555155.jpg


新しいラインを試していることもありますが、今年の狩野川では0.04号では細過ぎるのでしょう。痛んでいなければ25㌢も抜けますが、ある程度使い回すなら0.06号くらいが無難です。後悔先に立たずということで気持ちを切り替えますが、貴重な鮎が2尾いなくなった痛手は挽回できません。008.gif

結局、塩焼きサイズは10尾に届かず。総釣果も16尾で、今季の狩野川で目標にしている20尾を達成できませんでした。この日の教訓は、水が出ても自分が一度竿を挿した場所は厳しい。残り一日で必要数を確保するのは絶望的ですが、オトリ店の面子もあるので全力を尽くすしかありません。
f0103126_20532219.jpg

翌日はほぼ平水に戻って条件は悪くありません。前日の東海A大会で釣果が上がっているので目標サイズがなければ入りたいところですが、この日も幼魚放流の魚を探します。いつもより早く家を出発しましたが、東海B大会はすでに開催されている時間。8時過ぎていますが、今季一番の釣り人の少なさです。

常連が大会に出ていることもあるのでしょうが、修善寺橋よりカミでもオトリ店に駐車されている車は両手で数えられるくらいでした。どこでも入り放題ですが、今年の狩野川は釣り人が少ないので情報もありません。とりあえず先週の土曜に入った場所で5尾と目論みますが、ここで11時までに3尾。2尾は塩焼きサイズですが、私に釣れる鮎はもういませんでした。
f0103126_2054974.jpg

「俺も桂に行きたい!」・・・心の声

場所移動を決断しますが、大会から流れてきた人で思った場所に入れません。いつものように人のいない場所を探して、石色と見える鮎のサイズを確認してから入川。午前中は釣れない時間を過ごしましたが、ここでは天然ビリが小気味よく掛かってきます。これでオトリを回しながら、サイズアップを狙うのが狩野川の釣り。

難しい場所で、塩焼きサイズの天然がときどき竿を絞ります。川相が変わってしまい、もはや滝みたいな場所ですが、鮎がしっかり入っています。ここでオトリを確保してから釣り下ります。天然は放流魚のようにすぐには掛かりませんが、掛からない(≠いない)場所で粘ってはダメ。また見切りが早過ぎてもダメ。もうダメダメ尽くし!026.gif
f0103126_2058519.jpg

f0103126_20543580.jpg

これを見極めるのが、鮎釣りでは一番難しい。

そして掛かる鮎がいる場所を見極める目。型の良い天然が付いているパターンを掴み、ここからは楽しい時間。塩焼きサイズには少し足りませんが、気持ちよいくらい目印が飛びます。今年の鮎は、放流魚も天然も例年より当たりが大きく感じます。もちろん入れ掛かりとは程遠いですが、今の狩野川では幸せ過ぎるくらい!

肌がヌルヌルすべすべの20㌢も混じり、幼魚放流の20㌢アップもぽつぽつ。これで私のノルマは達成できたので、16時前に竿を畳みました。今年の狩野川は釣るポイントがなくなれば、それ以上粘っても私には1尾たりとも追加できません。この日の釣果は33尾。大小含めて生きている鮎は全てオトリ店に進呈しました。
f0103126_2052297.jpg

この日はたまたま釣れましたが、私もツ抜けできないかも~と思いながら釣っているのが現状です。それは各オトリ店の情報を見れば歴然ですが、何よりも釣り人の少なさが狩野川の現況を表しているのかもしれません。やっぱり今年は厳しいな~というのが第三週目の感想です。

シマノの大会が終われば、プラクティスで入川するのは6月25日のオーナー参加者のみ。釣り人が少なければ魚は残るので、梅雨明けの復活に期待したいところです。こんな状況ではありますが、釣果度外視でのんびり釣りたいという人には、現在の狩野川はお勧めです。

個人的には鮎釣りより、真竹の筍の方が気になる週末でした!
f0103126_20524178.jpg

f0103126_20525449.jpg

by scott1091 | 2015-06-07 21:25 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

Commented by oibosi at 2015-06-08 23:27
こんばんわ~!
TOMOさんに桂川に行って色々と検証してみてもらいたい気がしますが・・
「狩野川の難しさ+鮎の少なさ」を攻略するTOMOさんの備忘録は
このブログのファンにとっては何より引き出しを広げてくれるますけどねぇ!
狩野川で釣れるようになれば他の河川に行ってもある程度釣れるようになる!
って勝手に思ってますから(ある程度のレベルが?)・・ねっ
Commented by flymoto at 2015-06-09 09:03
精神上よろしくなさそうなので今の狩野川には近づかないほうがよさそうですね〜。
川のポイントより筍ポイントの方が気になりますw^^
Commented by ariari at 2015-06-09 20:32 x
お疲れ様です、厳しそうですね~、囮が変わらなかったら撃沈の匂いが。。。昨日の雨で状況が変わると良いですが。さて私は昨日行って来ました、下り荒れの絶好の条件でしたが。。。結論今年は少ない!で誤魔化して良いかな?言い訳させてもらうと北東の強風+ベイト少なくピンでないとバイト無しで、しかもショートバイトの連発で12バイトでキャッチ6本のみしかも一本手前で走られてラインブレイクする始末。まだまだ修行が足りません。明日は私も竹の子取りに行ってきます、徒歩1分で(笑)。
Commented by 道楽Y at 2015-06-09 20:54 x
TOMOさん、どぉ〜も!
いや、オラも友釣りを始めた時から一度は狩野川で鮎を釣ってみたいと思ってましたけんど、釣れない君のオラが行くと症状が悪化しそうなんでやめといた方が良いみたいですなぁ。
今日は勝利バーと神通の育成調査でしたけんど、予想以上に良くないようです。かといって巨鮎の年か?と言うとそうでもないような気配?
釣れなければ人も少なくかえって良いか?ぐらいお気楽に考えてますが、どうでしょうか?
今年も数は求めず楽しくやりたいと思ってますさかいに、今年もこちら方面にお越しの際は一揉みお願いしまっそ。


Commented by scott1091 at 2015-06-12 19:46
oibosiさん、こんばんは!
「狩野川を征する者は全国を征す!」
もう死語ですかね~。
でも最新DVDで、両名人が狩野川は難しいと語っていましたね!

釣りが難しいかはさておき、変化に富んでいるので楽しい川であることは間違いありません。もう少し釣れるとよいのですが、梅雨明けの好転に期待しましょう。せっかく年券を買ったのですから、ぜひ遊びにきてください。
Commented by scott1091 at 2015-06-12 19:47
flymotoさん、こんばんは!
狩野川で釣ってもらう自信はありませんが、筍なら大丈夫です。
真竹なんて食べないという人が多いですが、私は大好きです。
孟宗竹と違って河原にも生えています。
川を渡らないと採れない場所もあり、そんなポイントは鮎師限定です。
誰も採る人いませんけど…。
本当は釣れない釣りの方が好きなんですよね~、motoさんは!
Commented by scott1091 at 2015-06-12 19:48
ariariさん、こんばんは!

12バイト6キャッチ、私には夢のような数字です。いくら絶好の条件でも、これだけの数をルアーに出すのは至難の業でしょう。あのタックルでラインブレイクするような大物を見てみたいですが、ま~夢のまた夢と私は思っています。

ariariさんも真竹の筍を食べられるのですね!当地ではたま~に農家の直売所で見かけるくらいで、食べる人はほとんどいなくなりました。今回初めて糠漬けにトライしてみましたが結構いけます。もちろん味噌汁や卵とじ、チンジャオロースなどが定番ではありますけどね!
Commented by scott1091 at 2015-06-12 19:49
道楽Yさん、こんばんは!

先日は貴重な情報ありがとうございました。龍切竿も初日から活躍しているようで何よりです。北陸の天然遡上があまり良くないとのことなので、気を揉んでいたしだいです。例年みたいに釣れないけど人が少ないJinzooや勝利バー。もちろん行く価値が大いにあります。

私も数を求めず楽しくやりたいのでお仲間に入れてくださいませ!今年もお手柔らかにお願いします。いつか狩野川釣行が実現すれば、フルアテンドで昼も夜もご案内させて頂きます。もちろん道楽Yさんならガンガン釣れまっせ~!