2014年鮎シーズンのファイナル!

週刊予報では三連休はいずれも雨マークでしたが、天気の崩れが早まって金曜から雨。それにともなって、三連休で日中に雨が降ったのは土曜のみ。日曜の夜は風が強く、一時はかなりの雨脚でしたが、水位計が変化するほどの増水にはなりませんでした。最終日の月曜が一番天気に恵まれましたが、前夜の雨で午前中は濁りが残っていました。三連休の天気と川の状態は、概ねこんな感じです。

では初日の状況から記載します。いつもと同じように9時過ぎに川に入るくらいのタイミングで家を出発。オトリ店の話では天気が悪いので釣り人は少な目とのことですが、神島橋、狩野川公園、松下はそれなりに賑わっています。この時点では雨が上がっていましたが、ウエーダーにカッパの装備で入川。006.gif
f0103126_2216343.jpg

まもなくすると雨が降り始め、目印が見えないくらいの明るさ。私が入った場所には見える範囲で対岸に釣り人が二人。今季初めて入る場所なので、盛期と同じような感じで攻めてみます。普通に泳がせても掛からないので、掛かり波を利用してオトリを変えます。この時期は石裏で泳がせると絡んでくることが多いですが、掛かりが弱いので取りこぼすと釣果は伸びません。

この日の5尾目は平瀬で目印が大きく飛びます。当たりで大きいのはわかったので、慎重にためて抜きます。これが特別解禁区から降りてきたと思われる銀ピカの24㌢♀。これをオトリにサイズアップを狙いますが、この手の魚は狙って釣れるものではありませんよね~。泳ぎが重たいですが、しっかり底に入るので流れに厚みのある荒瀬に入れて一回り小さいオスを追加。
f0103126_2216327.jpg

雨は降ったり止んだりで、カッパのフードが嫌いなのでそれに合わせて脱いだり被ったりの繰り返し。対岸にいた釣り人の姿も見えなくなってしまいましたが、思ったよりは掛かりました。天気は悪いですが、風がないのでまったく寒くありません。目印が見えにくいのが唯一のストレスですが、 狙ったポイントにオトリを入れてしまえば、竿の感度で何とでもなるものです。

浮石には葦が沈んでいるので、オトリを回収できない場所は止め泳がせになります。横の動きを利用できるともう少し拾えるのですが、この場所に人がいないのはそんな理由もあるのでしょう。この日は16時まで釣って28尾。リミットメイクに2尾足りませんが、今季初めて入る場所ということもあって楽しい釣りでした。001.gif
f0103126_2129459.jpg

翌日は雨も上がって、人気の場所は解禁日並みの混雑。オトリ店も車を止めるところがないくらいでした。この日は前日より30分遅くなって10時近くに入川。先週延期したパーツ取り付けのため、午後から車をピットに持ち込まなければならないので、釣りは13時半までとなります。

天気が良いこともあって前日よりも良いペースで掛かりますが、この場所はウエーダーでは回収できない場所も多い。先週と違って葦が腐り始めているので、ラインを切るつもりで天井糸を引くと葦が千切れてくることもありますが、そんなことは2回に1回。しかし厚みのある瀬の大石回りで掛かる鮎の方が大きいこともあり、ついつい攻めてしまうのが釣り人の性。037.gif
f0103126_22134268.jpg

f0103126_22143521.jpg

午前中は曇りがちではありましたが、風もなくまさに鮎釣り日和。この時期になると朝から快晴になると風が吹くことが多いので、13時半に川から上がるのが惜しいくらいでした。この日の釣果は15尾。午後から釣り人も少なくなりましたが、帰りがけに立ち寄った松下は相変わらずの賑わいでした。005.gif
f0103126_2130896.jpg

f0103126_21595859.jpg

↑松下のガンガンは凄い釣り人。↓一方で振り返ればが~らがらの新堤
f0103126_2201133.jpg

車をピットに持ち込むくらいから風が強くなり、結果的には一番良い時間だけ釣りをした感じです。息子が夕方久々に帰ってきましたが、家についてしばらくすると土砂降りの雨。すぐに止んだので気にもしませんでしたが、翌日川に行くと濁りが残っていました。前日まで黒く磨かれていた石に泥が被り、ハミ跡も寂しい感じです。

連休最終日ということもあって、釣り人は初日くらい少ない感じです。私が入った場所は見通せる広大な範囲に2人のみ。もう鮎釣りも終わりかな~という風景です。瀬の中の石にも泥が被り、あまり釣れる気がしません。おまけに午前中は風が強く、「風切竿」でも竿先で誘いを入れると逆効果なので目印を使って誘います。

掛かり鮎が小さいとタモの前で止まってしまうような強風ですが、しだいに弱まって釣りやすい状況に!濁りがとれてくると泥が被っている石と、すでに食んで黒くなっている石がはっきりとわかるようになりました。荒瀬でそんな石が見つかれば、オトリを入れると盛期のごとく目印が飛びます。003.gif
f0103126_2283100.jpg

f0103126_2271156.jpg

こんな場所にいる鮎は型のよいオスですが、体表はヌルヌルでサビは出ていません。この時期に20㌢アップのオトリで20㌢アップが荒瀬で掛かる。もう気分は最高~ですが、あまり引きを堪能していると、掛かり鮎ごと葦に巻かれてしまうので油断は禁物です。

風が止んでからは、カッパを着ていると暑いくらいの陽気。対岸にいた釣り人もいなくなり、見える範囲に釣り人は私一人。河川敷を行きかう子供達の笑い声、小魚を狙うカワセミ。すでに産卵を終えた鮎が流れてくるようで、警戒心がなくなったトンビが降りてきて上手に鮎を掴みます。もはや釣れなくても十分なシチュエーション。043.gif
f0103126_2274171.jpg

f0103126_2211279.jpg

加えてときおり型の良い鮎が竿を絞る。この日は平瀬でもオスのオトリで問題なく掛かり、掛かってくる鮎は雌雄に関係なく追星がくっきり。シゲル鮎の追星ギンギンは迫力があります。この時期は数的には付場を意識したザラ瀬に軍配が上がりますが、11月でも追って掛かる鮎を狙えるのが狩野川。最終日はリミットメイク完了の35尾でした。

そんな恵まれた環境に感謝しつつ、今季の千秋楽とさせて頂きます。
後日、2014年鮎シーズンの総括をしたいと思います。
f0103126_21304511.jpg

f0103126_22131336.jpg

by scott1091 | 2014-11-04 22:04 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

Commented by 7年目のたかしま at 2014-11-05 00:14 x
おお、さすがの釣果!今の時期、これだけの魚体が揃うんですね。
湖北はもうそろそろ冬景色です。
さあ、TOMOさんを見習って張り切って仕事を済ませないといけません。週末は狩野川でのんびり遊んできますね。
Commented by flymoto at 2014-11-05 08:37
おはようございます。
最終日に気持ちよく釣っていた感じが伝わってきました!
今シーズンもたくさんお世話になりました^^
Commented by scott1091 at 2014-11-05 20:44
7年目のたかしまさん、こんばんは!

土曜日は懇親会があるので狩野川銀座ですね!もし日曜はフリーであれば、先日貴方が午後から上がって行った場所はお勧めかも。三連休の初日があの場所です。下から2段目の岸際がフクロになっているので、大きな魚が止まるようです。奇形だったので写真は載せませんでしたが、この日はもう1尾同じサイズの放流鮎♀が釣れました。

竿を出さなかった日に私が釣った場所もお勧めですが、最後にマルパパさんが釣っていたところよりもシモの方が根掛かりが少ないです。天気が良ければ、さらに下がって岸に葦がなくなる辺りのフラットもお勧めです。ぜひ楽しんできてください!
Commented by scott1091 at 2014-11-05 20:54
flymotoさん、こんばんは!

やっぱり竿を納めるのが早過ぎませんか~?来年は鮎用のウエーダーかドライタイツを仕入れて、この時期にご一緒しましょう!台風18号以降は水位が高かったこともありますが、あの広大な場所を独り占めできる解放感を想像してみてください。しかも今週もズガニが入っていましたぞ!

こちらこそ今年も大変お世話になりました。m(_ _)m
Commented by ariari at 2014-11-05 21:59 x
お疲れ様です、まだまだ終えてしまうのはもったいないようなアユですね、ただアユより人間の方が寒さに限界でしょうか?当方の河川は落ちアユもそろそろ終盤なのか、河口に産卵後のアユ狙いのサギやトンビ、鵜が大集結してお祭り騒ぎになってます。海の方もそろそろ晩秋の気配で夜イサギ釣りに行ったらばイマイチで、魚探覗いたら中層に怪しい影発見!もしやと試してみたらオオアジの入れ食いでした、そろそろ鼻水垂らしながら寒稽古の寒アジシーズンがやってきました。
Commented by マルパパ at 2014-11-06 13:32 x
今年も大変なお世話になり、ありがとうございました。
もう完全に納竿ですか?私は連休に行けなかったので
藁科川にもう一度。まだ最上流部にも沢山居る様なので天候次第ですがカインズ辺りでやって見ようかと思ってます。
Commented by scott1091 at 2014-11-06 22:34
ariariさん、こんばんは!

もうそんな時期なんですよね~。しかし朝晩の冷え込みは厳しくなってきましたが、日中は北風が吹かなければ寒くありません。11月の鮎釣りは天気しだいなので、逆にどこかで区切りを付けないと他の釣りに移行できないんですよー。

昨年のブログを見ると、ちょうど今頃はウスバハギ、イサキ、マダイ、マアジなどが釣れていましたね。大アジは釣れる年と釣れない年があるとのことなので、今年も幸先の良いスタートで何よりです!
Commented by scott1091 at 2014-11-06 22:35
マルパパさん、こんばんは!

例の川であれば、この三連休も竿が出せたのに!見釣りができる貴重なフィールドなので、かなり楽しめると思いますよ~。ギャラリーが気になるのは、今回のハゼも変わらないような気がするのですが…。写真にあるサボテンの竿置きも傑作ですが、向かいの家は毎日ハゼが食べられますね!

私は先週で完全に竿納めです。マルパパさんも藁科で納得の竿納めができることを祈念しております。この週末はすでに遅いようですが、終わりに近い紅葉狩りに行ってきます。こちらこそ今年も大変お世話になりました!m(_ _)m