釣っても曳舟の鮎が増えない釣り…

土曜の午後から遠方の友人が来るので、先週釣った場所に様子を見に行きます。垢付きはあまり進んでいませんが、残り垢はしっかり成長しています。しかし鮎のハミ跡がほとんど見えません。先週はまったく釣り人がいませんでしたが、この日は先行者が二人。よくこんな場所に入ったな~と感心しつつ、前回一番掛かった場所で竿を出します。

しかしビリ鮎が1尾掛かったのみ。ここで掛かれば混雑とは無縁で友人に楽しんでもらえたのですが、今週の雨で鮎が下ってしまったようです。そこで上流から川見をして行きますが、松ヶ瀬より上は残り垢がなく新垢の状態も今一つ。先日も書きましたが、この時期は新垢が付くのに3週間以上かかります。

下流域はこの時期混雑しているので避けたいところですが、わざわざ遠出してくる友人のことを思えば背に腹は代えられません。下流に移動を始めたとき、ジャストタイミングでマルパパさんから入電。下流域を移動しながら川見しているとのことですが、人が多くて我々の感覚では入る場所がないとの情報です。008.gif
f0103126_20511966.jpg

唯一の救いはまだ水位が10㌢高くらいなので、下流域にはウエーダーやドライタイツでは川を切れない場所があること。両岸から流芯に竿が届かなければ、単純に渇水時の2倍人が入れることになります。しかし問題はそんな場所は葦が底石に挟まって、オトリが根掛かったときに回収できません。

数を揃えたければ、オトリが回収できない場所を釣るな!

これが今の狩野川の鉄則ですが、そんな場所はもう激混み…。私の感覚ではとても入れませんが、友人の意向を確認することにします。やはり釣れている場所に入りたいとなれば、私はカメラマン&見学に徹するつもり。陽気が良いので、そんな一日も悪くありません。
f0103126_21572439.jpg

しかし友人の意向はまったく違うもので、土曜の半日は私の釣りを見たいと…。こうなると人のいない場所を探さなければなりません。目星を付けた場所は対岸に人が並びますが、こちら側には50㍍区間に釣り人ゼロ。大石ごろごろで垢も飛んでいませんが、畳一畳の範囲に葦が3個所くらいの根掛かり密度。しかも深くてウエーダーやドライタイツでは回収できません。

こんな場所でオトリを気持ちよく泳がせたら、即刻根掛かり。しかも葦がまったく腐っていないので、竿で煽ったくらいでは絶対に外れません。胸まで浸かってオトリ回収にトライするか、最初から潔く仕掛けを切るかの二者択一。前者はオトリに手が届かない可能性もあるし、流されるリスクもある。

手持ちのオトリがなくなったら終了ということで始めます。波立ちから底石を把握し、葦がありそうな場所はオトリを中層に持ち上げます。スポット、スポットではオトリを沈めますが、掛かることが多い横の動きでオトリを中層に浮かせるため、どうしてもチャンスが少なくなります。でもそれをしなければアッシ~地獄。025.gif
f0103126_20533324.jpg

↑卵がパンパンの25㌢。容姿から特別解禁区から降りてきた鮎と思われます

こんなぴりぴりのテンション系の釣りでも、釣っては切っての一進一退。あまりに釣れないので友人に竿を出すよう勧めますが、こんな厳しい状況だからこそ参考になる由。入れ掛かりシーンはビデオでいくらでも見れますが、トラブルへの対応は編集でカットされたりカメラを回さないので一理あります。

なかなか釣れないので飽きてしまうと思うのですが、友人は見ている方が有意義とのことで最後まで竿を出しませんでした。私の釣果は舟残りでオトリを除いて9尾…。ベストに入っている付糸と鼻環まわりが底をつくような状況ですが、なるべく入って仕掛けを切ったので、水中糸は1セットで通すことができました。007.gif

翌日は友人と8時半に待ち合わせます。そこに前泊のマルパパさんも合流。オトリ店お勧めの場所を見に行きますが、すでに竿1本間隔の釣り人。そんな状態でもまだ釣り人が入って来ます。マルパパさんが「あの間隔であそこに入るかね~」と呆れていますが、この場所をホームにしている人は慣れたものなのでしょう。
f0103126_20521383.jpg

他の場所も人が多く、結局前日と同じ場所に落ち着きました。午後から雨との予報ですが、これ以上オトリを葦にとられるわけにはいかないので、私はタイツを履きます。ネオプレーンのソックスを履いているので耐えられますが、素足ではかなり辛い水温。しかも底石が大きいので、回収に行くと胸くらい水深がある場所もあります。

しかも葦に手が届きそうで届かない場所もあり、「葦」は「足」では外せないところが辛いところです。前日とまったく同じ場所を流して、午前中の釣果は11尾。この日は成熟が進んだメスが多く、オスは2尾のみ。メスのオトリは十分確保できたので、午後に希望をつなぎます。

川から上がって三人で食事をしていると、天気予報より早く雨。友人は雨男とのことなので午後も降り続くと思いきや、しばらくすると止んで空が明るくなりました。体調不良で午前中は車で休んでいたマルパパさんも、そのまま帰ると思いきや午後から参戦。怪しい雲行きではありますが、時折日が差すこともあって温かい一日となりました。
f0103126_2053770.jpg

夕方になってからオスがぱたぱたと掛かりましたが、午後もスローな釣況でした。上にカッパを着ているので、上半身を沈めると抵抗が大きく4尾回収し損ないましたが、前日よりタイトに攻めることができたのはタイツのおかげ。もう少し数が伸びると思いましたが、根掛かりする度にペースが止まってしまいました。釣果はリミットメイクならずの24尾。

この日の締め括りは、竿を畳んだマルパパさんと私の目の前で、友人が3尾の入れ掛かり。2尾はまずまずの型で、「スペシャルA」がきれいに弧を描きます。これで脳汁が放出されて、帰りの運転も入れ掛かりパワーで乗り切れたはず。私も見習って北陸遠征最終日は、17時まで竿を出さねばなりますまいかぁ~。017.gif

わざわざ遠くから来たのに、参考になるような釣りをお見せできず申し訳ありませ~ん。これに懲りず、また遊びに来てくださいませ。そして二日目にご一緒したマルパパさん、ダンさんもお疲れ様でした!006.gif
f0103126_2152937.jpg

by scott1091 | 2014-10-26 20:43 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

Commented by 634p at 2014-10-28 12:56
こんにちは
お世話になりました。まだまだ行けそうなアカ付きと魚影でしたね。今度の連休の天気次第ですね。
Commented by flymoto at 2014-10-28 20:59
みなさんまだまだ楽しんで居ますね~
虚弱体質なわたしはすでヒッキーですw
Commented by scott1091 at 2014-10-28 22:31
634pさん、こんばんは!

今日から寒気が入って寒くなりましたね~。
この気温ではさすがにタイツでは耐えられそうにありません。
水漏れするウエーダーも似たようなもの…。
おまけに天気予報は三連休全て雨マークがあります。
私も天気しだいになりそうです。
Commented by scott1091 at 2014-10-28 22:31
flymotoさん、こんばんは~。

釣っている場所に結構カゴが入っていましたが、大きいモクズが入っていましたよ~!今年は10月に水が出たこともありますが、例年もこの時期の方が入るのではないでしょうか?猟の行き帰りにカゴを入れられると最高なんでしょうけどね!

猟はくれぐれも事故のないように気を付けてください。
Commented by ariari at 2014-10-29 10:35 x
お疲れ様です、寒くなって着ましたねぇ~、さすがにそろそろ納竿でしょうか?当方は私の腕が原因かやはりアオリは薄いです、浅い所でやってもチェイスすらナシ、しからば深いところでティップでもとやったらエソばかり(笑)。でもやはり?今年の私は運が有るのかエギ回収中になんとヤイトカツオが釣れちゃいました!人生初でしたがこんな形で釣れるとは。。。
Commented by scott1091 at 2014-10-29 21:55
ariariさん、こんばんは!

昨年より15日早く「木枯らし1号」が吹いて、すっかり寒くなりました。ariariさんがティップランで釣れないのであれば、今年の(も?)アオリはハズレ年でしょう。私のホームも実際に竿を出してみないと本当のところはわかりません。この時期は釣った人の話が先行してしまいますものね!

「ヤイトガツオ」とは、標準和名「スマ」のことですよね!関東では「スマガツオ」と呼ぶ人が多いです。まとまった水揚げがないので市場に並ぶことはありませんが、この時期は脂が乗って美味しかったでしょう。エギで釣ってしまうのが凄いです!(;゚ο゚)
Commented by 7年目のたかしま at 2014-11-04 01:38 x
TOMOさん、こんばんは。先週末も御世話になりました!石の周りには必ず葦がうようよ巻きついているので、気を付けていたつもりですが、何回も「出し掛かり」してしまいました。途中で、釣りたいんだか、根掛かりしたくないんだか分からない様な有り様でした??。でも念願の狩野川でご一緒出来て、大満足の週末でした。帰りも行列覚悟で桜家さんに立ち寄ったらタイミング良く待ち時間無し。新東名もスイスイで長距離ドライブも苦になりませんでした。
ただし翌日からはまた現実に戻され、今週末も神戸で学会と足留めを食らっています。寂しいのでホテルで針巻きしてました~。次の週末は今度は家族連れで狩野川再訪予定ですが、天気予報でまたしても台風情報をやっているではありませんか!ホント、勘弁して欲しいですね。
Commented by scott1091 at 2014-11-04 23:04
7年目のたかしまさん、先日はお疲れ様でした!

私が九頭竜に行くより100㌔程短いので、渋滞さえなければあの時間に帰れるのですね~。17時近くまで釣ってオトリ店に顔を出し、それから桜家とのことだったので、帰宅は日付が変わってしまうのではないかと心配しておりました。新東名は車線が広くトンネルも明るいので、運転は東名よりずっと快適ですよね!

台風しだいではありますが、この三連休は先週よりも良い感じでした。次の週末が満月なので、このタイミングで産卵する個体も多いはずです。しかしまだ上流域に鮎が残っているので、垢が飛ばなければ瀬付きでなくても釣れると思います。この週末は残念ながらご一緒できませんが、楽しい鮎釣りができることを祈っています。