プロトのテストで相模川へ!

金曜から遠征予定でしたが、北陸はこの週末も雨の予報…。Egaoさんやオトリ店に相談した結果、木曜の夜に遠征を中止しました。先々週に続いての中止ですが、自然が相手なのでどうしようもありません。台風11号が通過してからはまさに異常気象。各地で大きな被害が出ていますし、今後も予断を許さない状況です。被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

最近は釣りに行けないから、休暇は延期というわけにはいかないのが辛いところ。したがって貴重な休みは有効に利用しなければなりません。現在テストしているプロトは急瀬クラス。操作性や感度のテストは狩野川で十分できましたが、残るは強度テスト。神通でやる予定でしたが、全面改良が必要となると一日も早く見極めなければなりません。emoticon-0133-wait.gif
f0103126_20372511.jpg

↑↓プロトと完成品の違いはありますが、早瀬HIGH POWERの「征龍竿Ⅱ」よりも急瀬プロトの方が軽い
f0103126_20582881.jpg

そこで2 年ぶりに相模川に行くことにしました。水位は城山ダムの放水量から判断してほぼ平水。一番の荒瀬でテストしたいところですが、そもそも相模川の一番の荒瀬はどこなのでしょう。相模川をホームグラウンドにされている方のブログを拝見しても、そのような視点でポイントを紹介しているものは見当たりません。

ま~行ってみて判断ということで車を走らせます。高速料金は休日ではないので「休日割引」はなし。「深夜割引」の時間帯に走る必要もないし、「平日朝夕割引」は回数に応じた還元になったのでこれも該当せず。近場用の軽カーがなくなってしまったので、「軽自動車等」と「普通車」の料金の違いも大きいです。
f0103126_2038562.jpg

2012年8月14日に各ポイントを下見したときは軽カーの四駆だったので問題ありませんでしたが、遠征用の車はノーマルながら車高が低い。そしてネックになるのがホイールのリム径が大きいこと。浮いている石があれば車から降りて避けながら進むことになるので、後ろから車が来ると大迷惑です。emoticon-0124-worried.gif

現地着が出勤時間と重なったため、各橋は信号待ちや右折車でプチ渋滞。しかし最初に見えるポイントは予想に反して釣り人が一人。現在は「上地区の瀬」が釣れているようなので、きっとそちらに人が集中しているのでしょう。近くのオトリ店で日釣り券とオトリを求め、状況を尋ねると2年前と全く同じで「どこでも釣れます」とのこと。
f0103126_20383813.jpg

また失敗してしまったと思いつつも、スーパーの買い物と割り切れば問題なし。石を避けながら入れるところまで車を進め、そこからは歩きましょう。狩野川では気にすることがない水温差があるので、まずは川に手を入れて確認。思ったよりも冷たいので、オトリを曳舟に移してから川に活けて着替えます。

天気はピーカンでとても暑い。500㍉のペットボトルを半分くらい飲んで、腰には新しいペットボトルを下げます。今まで使っていたホルダーはD環が上下ひっくり返ると外しにくい。また衝撃でペットボトルが外れてしまうことがあるため、「タックル・イン・ジャパン」の「ペットボトルキャリアー」を新調しました。この日が初下ろしになります。
f0103126_20423736.jpg

f0103126_20443293.jpg

↑鼻環まわりがついていた鮎

まずは瀬肩から見ていきますが底石が汚い…。でも2年前も同じような状況だったので、波立ちを見て竿を出します。まずはオトリ1号を付けますが、これがともかく底に入らない。すぐに3号玉を付けます。相模川のような川相はオトリが変わらないことには話にならないので、プロトのテストどころではありません。

釣れない状況が30分くらい経過した頃、腰に下げていたペットボトルがないことに気が付きました。ともかく暑い日だったので、経験はありませんが砂漠で水筒をこぼしてしまったくらいの衝撃。このまま釣りを続行したら熱中症間違いなしなので、てくてく歩いて車に戻ります。しかし車にあるのはさっき半分飲んでしまったペットボトルのみ。
f0103126_20395334.jpg

↑右側の二つがいつも使っているもの。一番右のようにD環が逆さまになると外すのがとても厄介。一番左が今回手元に残ったD環。このようなケースはないとのことで、すぐに交換品を送ってくれる由。さすがは「タックル・イン・ジャパン」

 
車中がすでに焼けるくらい熱くクーラー内の氷が融け始めているので、それを足して何とか400mlくらいを確保。それを持って釣り場に戻って曳舟を開けると、な~んとオトリ1号が瀕死の状態。もはや蘇生は難しそうなので、オトリ2号で確実に釣れそうな場所を探します。emoticon-0106-crying.gif

この頃になると釣り人は私を含めて5人。石色のよい場所を見つけますが、すぐに掛かりそうな場所はオトリ1尾ではリスクが高過ぎ…。そこよりシモにある緩い場所でオトリを出します。しかしじっと待っていても掛からないのが相模川。面の釣りのようで点の釣り。そして点のようでありながら、オトリを通すコースがポイントなのでしょう。
f0103126_20431150.jpg

四苦八苦しているところに6人目の釣り人が登場。まだオトリが変わっていない旨を伝えると、私のカミに入ってすぐに掛けます。その後も良いペースで掛けますが、私のオトリでは掛からない場所。目の前のポイントに集中します。弱ったオトリは横の動きでは掛けられないので、ピンポイントで縦の誘いを入れます。

そして誘った直後にもぞもぞという感触。オトリが弱いのでしっかりハリ掛かりさせるため、ここでテンションを抜きます。そして目印が細かく上下に揺れたあと、四つの目印が水中に引き込まれました。それを確認してからテンションを掛けると、目印は5㍍くらいカミに。待望の1尾目は背掛かりでしたが慎重に寄せました。emoticon-0105-wink.gif

最初のオトリが獲れたのが11時過ぎ…。水温が高い川はオトリが弱るの早いので、5尾くらい釣らないと安心できません。オトリが変わると狙ったコースを通せるので、すぐに掛かりますが痛恨のバレ。2尾目は側線で泳がず。3尾目は鰓に入ってオトリにすれば瀕死確実。4尾目でやっとオトリを交換。ここからペースに乗ります。
f0103126_20432153.jpg

さらに2尾追加してから、いよいよ本命の瀬に移動。この頃になると風が強くなり、竿が煽られます。最初はシモから吹いていましたが、風止まりの後はカミから吹きます。鮎を抜くときは風も相まって竿に大きな負荷が掛かりますが、強度的には問題なさそうです。流芯にある大石回りで目印が大きく横に飛び、きかん鮎との綱引きは至福のとき。この日の仕掛けは水中糸メタビート0.06号、付糸フロロ0.5号、中ハリス1.0号、ハリス1.5号、ハリ7.5号。

しかし狙う石がなくなると「うんともすんとも」しなくなるのが相模川。どんなにオトリが良くても、漠然と泳がせてもまったく釣れる気がしないのは私だけでしょうか?2度しか竿を出していないのでよくわかりませんが、トロ場やチャラ瀬以外はこんな感じなのかもしれません。期待のユ~ガッタチャンスもなく、この日はリミットメイクならず。emoticon-0141-whew.gif

ハリに乗った瞬間のもぞもぞ感と、その直後の目印の大きな飛び。狩野川のようなジグザク系ではなく、一方向に大きく目印が飛ぶのでとてもエキサイティングです。相模川の釣りの印象は2年前とまったく同じでした。相模川をホームにしている人も同じように感じているのか、それとも私に進歩がないのか…。いずれにしてもプロトのテストができたので、相模川に感謝、感謝であります。この日の釣果は午後挽回して28尾でした。
f0103126_20361725.jpg

f0103126_20362733.jpg

by scott1091 | 2014-08-22 20:31 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

Commented by 秋チャラ at 2014-08-25 21:32 x
ご無沙汰してます。金曜日に相模入ってたんですか、私は午前はもっと上で午後はもっと下流にいたんです。
事前に分っていれば、強烈な瀬のポイント案内したのに、残念です。
また来る機会があれば、一報ください。
しかし、今回tomoさんが入ったのは、T橋の下流の瀬だと思うんですが、あそこは釣れないという評判でした。そこで28匹はさすがですね。
ではまた。
Commented by 道楽Y at 2014-08-26 10:09 x
TOMOさん ど~も!

相変わらず何処でも釣ってまんなぁ、こちらは集中的に出動せんなん8月に増水でんがな・・・、10日、17日、24日と3週連続で日曜に行けないなんて・・・。
オラ的にダラになって仕掛け作りに励んでましたけんど、気づけば仕掛けも針も来年分ぐらいは十分って感じでんがな。

また気になるニューロッドですけんど昭和の時代を思い出す一粒で二度美味しいハカマなんぞもオプションで用意して頂ければグッと購買意欲もそそられそうですがいかがでしょうか?
征龍竿Ⅱより軽い?なんとも微妙な感じもしますがTOMOバランスのニューロッドを期待してますわ。

勝利バーは当分無理でしょうが、流れが変わったニュー神通は面白そうですさかいにお越しの際は一揉み頼みます。
Commented by scott1091 at 2014-08-26 19:59
秋チャラさん、お久しぶりです!

同じ日に相模川で釣りをされていたのですか…。う~ん、残念無念であります。遠征を中止したのが前日の夜なので、連絡はもとより下調べもあまりできませんでした。いつも空いている場所がその日のポイントみたいな感じなので、秋チャラさんの推測どおりの場所に吸い込まれてしまいました。翌日の花火大会に備えて河原がきれいに整地されていたのも魅力でしたが、やはり人がいない理由はあります。

例の店でお会いできるかと思いましたが、当日は日帰りだったのですね!秋チャラさんの記事の影響で店内は釣り人一色。かつてご一緒されていた出版社の方もお見えになっておりました。ブログに移行されたようなのでリンクさせて頂きました。次回は相模川で揉んでやってください。
Commented by scott1091 at 2014-08-26 20:50
道楽Yさん、先日はありがとうございました!

それにしてもこの天気、スカッといかないもんでしょうか?気象庁は9~11月の降水量は平年並みか少なくなる見込みとの発表ですが、鮎釣りにとって重要なのは8月。当地は逆に雨がほとんど降っていませんから、9~11月に降水量が少ないとなると過去にない渇水になりそうです。

ふなさきの大将がニュー神通をレポしてましたね!道楽Yさんと釣った新保右岸やJR右岸がなくなったのは寂しいですが、また新しい川が楽しめます。プロトですが、「征龍竿Ⅱ」、「龍星☆竿Ⅱ」との硬度比較は終わっていますが、問題ないレベルに収まっています。これはテーパーの違いによるところが大きいです。

ハカマなつかしいです。現在のハイエンドモデルは元上からNP工法や金属塗装、無塗装などが主流なので、上手部分の強度が問題になります。乗用車は1本テンパータイヤを履いて走れますが、F1は走れないのと似た感じでしょうか?今日も雨のようですが、今季もう1回ご一緒できると嬉しいです。