2014年狩野川解禁!

f0103126_21544215.jpg

24日(土)の解禁には行けませんでしたが、娘が来てくれたので日曜に4時間ほど竿を出してきました。友人から前日の釣況は聞いているので、上流から順番に川見をします。途中友人達が陣取っているポイントがあり、まずまずのペースで掛かっています。スペースがあればそこで竿を出したのですが、前日も釣れたこともあって満員御礼状態。

しばし状況を聞いてから、さらに川見を続けます。友人等の情報を総合すると、今年の放流鮎は「静岡2系」という感じではなく、放流鮎が少なく感じるというもの。掛かる鮎はビリが多く、これが天然なのか放流なのか「よくわからんのよ~」というのが本音のようです。
f0103126_2155027.jpg

今年は漁協の体制も変わり、また「県内水面漁業協同組合連合会 種苗センター」のごたごたもあって、種苗の種類や仕入先に変化があったのかもしれません。狩野川漁協のブログによれば、今年の放流は海産2トン、人工産3トンを予定しており、すでに海産2トンと人工産2トンを放流済みとなっています。

また放流場所にも多少変化があり、鮎釣りでは最下流域となる千歳橋やさらに下流で合流する黄瀬川にも放流しているようなので、本流はどこで釣っても100%天然と言い切るのが難しくなっています。まして種苗が海産でビリ鮎となると、外見で識別すのはかなり難しいでしょう。
f0103126_21551636.jpg


私の観測ポイントに見える鮎は遡上時期から判断して100%天然ですが、今年の数はかなり少ないです。これはたまたま支流に入った鮎が少なかった可能性もあるので本流の遡上量と等しいわけではありません。しかし私の経験では総じて比例関係にあり、むしろ本流は遡上時期に工事で濁りが入る年は、観測ポイントの方が密度が濃いことの方が多いのです。

では観測ポイントの鮎のサイズはどうなのでしょうか?今年初めてオトリ鮎を掴み、そして実際に釣った鮎のサイズを計ってみたことから、見える鮎の大きさも目見当がつくようになりました。もちろんサイズはまちまちでビリ鮎もいますが、大きいものは17~18㌢くらいになっています。
f0103126_2155367.jpg

解禁日の結果では放流鮎も大きいもので18~20㌢くらいなので、大きさ的にも放流と天然の見分けは難しい感じでしょう。こんな状況なので、なるべく放流魚の影響が少ないエリアに入りました。この場所は解禁二日目にして釣り人は二人のみ…。底石の状況を確認すると、食み跡は少ないながらあります。

渇水なので一番流れに厚みのある瀬にオトリを入れます。この時期の海産は天然であろうが放流であろうが、止めて待つしかありません。これだけ渋ければ、前日抜かれてしまったというようなことは考える必要がないでしょう。やはりただ待っていても掛からないので、掛かり波が出ている場所でオトリを止めます。
f0103126_21555854.jpg

f0103126_21582586.jpg

オトリが落ちないよう竿を操作しながら誘いを入れて、待つこと10分くらいでしょうか?やっと今季の初物が掛かりました。気持ちいい~当たりで、抜いた鮎は16センチ程度。おそらく天然と思われる個体です。当然ながらこれで入れ掛かりになるはずもなく、同じようなポイントでぽつぽつ追加するレベル。

4時間弱釣ったところで攻めるポイントがなくなり、私の初釣りは11尾で終了です。初物なのでガスコンロでカリっと焼けるサイズを2尾だけ持ち帰り、残りは釣れない場所でご一緒した奇特な御仁に進呈。11尾の内訳は15㌢以下が3尾、16㌢前後が4尾、17㌢前後が4尾で、いずれも小気味よい当たりではありました。

放流魚がいなければ5月の解禁はこんなもんですが、マイナーポイントでこの時期に狙って釣れたのは意外でした。ま~海産は梅雨明けからボチボチではありますが、川相的に当たりが大きく出る酒匂川の方が楽しいかもしれませんね、今年は!emoticon-0105-wink.gif
f0103126_2154229.jpg

by scott1091 | 2014-05-25 21:56 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(14)

Commented by oibosi at 2014-05-27 05:44
僅かな時間だったようですが竿が出せて良かったですね~!
やはり先生の記事がUPされると気合が入ります。
今回の記事も自分にとってマーカーでunderlineな箇所が盛り沢山です!
平日も休日も何かと大変な様ですが今シーズンも煽って下さいませ(^_-)-☆
Commented by マルパパ at 2014-05-27 09:35 x
解禁されましたようで、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
Commented by flymoto at 2014-05-27 13:25
短時間なようですが解禁されましたね〜^^
”掛かり波"私もマーカーで色付けましたwww
今年も宜しくお願いします。
Commented by scott1091 at 2014-05-27 21:37
タッキー、解禁日はお疲れ様でした~。

しかし初日にこれだけビリ鮎が掛かるのは珍しいです。昨年までの放流パターンであれば、静岡2系が一折抜かれた翌週くらいからボチボチ掛かるものなんですけどね~。天候不順で鮎の生育が悪かったこともあるのでしょうが、放流した人工産が例年より少ないのかもしれませんね。海産放流はこの時期あまり仕事しませんし…。

最近はどこの河川もアオノロ地獄。こうなると酒匂川は強いです。昨日の雨で、今日もほどよく増水していましたし。友人から解禁日のお誘いを受けていますが、混雑するので今週はパスする予定です。
Commented by scott1091 at 2014-05-27 21:38
マルパパさん、先日はありがとうございました。

おかげさまで、日曜に竿を出してきました。写真を見れば場所はおわかりになりますよね!シビアな内容でしたが、狙った場所では答えが出ました。しかしこの時期は、大きめの海産はなかなか掛かりませーん。しばらくは中~上流域で、人工産とビリ鮎で凌ぐしかなさそうです。

今年も色々な河川でご一緒させてください。
よろしくお願い致します!
Commented by scott1091 at 2014-05-27 21:39
flymotoさん、こんばんは!

目下のところは鬼ヤモに集中ですね。今年もすっきり鮎に移行できるよう、デッカイ奴を仕留めてください!今年もいよいよ熱い季節がやってきます。盛期になりましたら、また河原で楽しくやりましょう。

今年もよろしくお願いします。
Commented by ariari at 2014-05-28 21:40 x
お疲れ様です、今年も始まりましたね、楽しめたようで何よりです。当方、今年は平鈴木調子良く、昨日も昼から出て83センチ頭に20本ゲット人生初でした、さすがに持ち帰りは針キズの有る5本にとどめました。しかしウネリが入るといとも簡単に釣れる平鈴木、波の無い日は何処で何してるのやら?
Commented by scott1091 at 2014-05-29 22:20
ariariさん、こんばんは!

今年は(も?)好調のようですね。ウネリが入ると釣れるのは、やはりベイトフィッシュを捕食しやす条件が揃って活性が上がるからなんでしょう。でもそんな条件でもウネリを読みながらタイトにルアーを通し、狙った場所でバイトするタイミングを作れるからこその釣果。20本はあっぱれです!

ご心配をおかけしましたが、私もぼちぼち頑張ります!
Commented by フェンウィック at 2014-05-31 10:37 x
 TOMO さんへ

 制限解除のメール、届いたでしょうか?ずっと、気になっています。

 私は 『 ブログ 』 というものが、よく解っていないのです。自己流のブログの使い方をするので、他の方々とのトラブルになってしまいます。個人的な 『 釣り日記 』 と理解していただける方だけに閲覧してもらうようにするしか、続ける方法がないことに気がつきました。

 TOMOさんのサイトからのアクセスは、遮断されてしまいます。本当に申し訳ありません。ときどき 『 部分的な公開 』 という処置で、新規の訪問者には対応していくつもりです。何かお気づきのことがありましたら、アドバイス等、よろしくお願いします。

 あゆ解禁、早いですね~。福井にも、待ちきれずに表日本へ行かれた方もありました。シーズン通して・・・、と考えたら焦る必要はないですね。近年の鮎釣りも、体力勝負となった私です。今からの準備といえば、健康面だけです。
Commented by 7年目のたかしま at 2014-06-01 15:23 x
TOMOさん、開幕おめでとうございます!
ブログ更新を心待ちにしていたので、ワクワクしながら拝見しました。
私もゴールデンウィークの有田川以来、週末に拘束されたり当直で不眠地獄に陥ったりでしたが、我慢出来ずに好調の三重宮川上流へ行って来ました。渇水で大苦戦でしたが透明度は抜群ですね。
もう初心者??ですと言い訳のきかないキャリアになりましたが、なかなか伸びません。もっと精進を重ねないと…。
今年も宜しくお願いします。
Commented by scott1091 at 2014-06-02 20:02
フェンウィックさん、こんばんは!

2回目のメールは届いています。こちらから返事を入れましたが、届いていないでしょうか?おかげさまで閲覧できるようになりましたので、ご安心くださいませ!私の場合はリンクは自分が使うためのものなので、第三者が貴方ブログを閲覧できなくてもまったく問題ありません。

私は渓流に関する詳細な記録は、エクセル表にして別管理しています。これは備忘メモとして詳細をブログに掲載してしまうと、全て非公開記事となってしまうからです。私のブログには備忘のための非公開記事がいくつかありますが、渓流については公開することを前提にこんな管理方法にしました。

今年はシーズン初期からフル参戦でしょうか?お互い健康面や怪我に留意して、楽しいシーズンにしましょう。
Commented by scott1091 at 2014-06-02 20:27
7年目のたかしまさん、こんばんは~!

その体力に感服しております。九頭竜でどんなに立ち込めても、所詮は下半身の筋力とバランス、そしてコツだけの問題です。しかし少ない睡眠時間で日夜正確に仕事をこなし、その合間を縫って釣りにも行ってしまうのですから、尋常な体力と気力ではありませんぜぇ~。

すでにお気づきのように、鮎釣りには色々な世界があります。せっかくならすべてを経験してみたい。これが私の九頭竜に釣行した最初の動機でした。かつてはオバセによる「泳がせ」が一番得意でしたが、私はスタイルには固執しませんでした。その場所や状況に合った釣りをすることが、結果的に一番楽しいですものね!

九頭竜や狩野川に釣行されるときはご連絡くださいませ!
今年もよろしくお願い致します。
Commented at 2014-06-02 21:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scott1091 at 2014-06-02 22:09
鍵コメさん、こんばんは!
私は問題ないのですが、現在は主夫も兼業しております。
お気づかい頂きありがとうございます。m(_ _)m