伊豆がもっとも混雑する季節になりました!

f0103126_20222564.jpg

今年の「河津桜まつり」は2月5日~3月10日。2月11日には国道1号線まで接続していた「東駿河環状道路」が「伊豆中央道」までつながり、東名や新東名からのアクセスが良くなりました。以前にも書きましたが「河津桜」を見るだけなら河津まで行くことはありませんが、観光客はやはり河津を目指します。これがブランドというものでしょう。

2週連続の大雪で客足は出鼻をくじかれましたが、今週に入ってから県外ナンバーが徐々に増えてきました。この週末は陽気に恵まれたこともあり、開花も一気に進んで見ごろを迎えています。そんな良い季節にもかかわらず、私は今週も現場に向かいます。ネットで取り寄せたパーツもそろい、トイレ修理は準備万端です。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_20225067.jpg

まず水道管からの水漏れがないのを確認してから、「床フランジ」を取り付けます。次にTOTO純正の「Pシールガスケット」を「床フランジ」にセットし、この作業の肝となる便器のセッティングです。便器の排水口がガスケットにぴったり納まるように作業しなければなりません。床に寝そべってライトで確認しながら、添え木に載せた便器を慎重に下ろします。

ネジ穴やボルトの位置を確認し、仮止めしてから便器に体重をかけてガスケットをつぶします。これくらいの荷重で便器が床に接地すれば、排水口がガスケットにぴったり納まっていると判断して間違いないでしょう。ネジとナットを本締めして、便器の設置作業は終了です。
f0103126_20232436.jpg

f0103126_20234430.jpg

次は「ウォシュレット」の新設です。先週すでにネットで購入して取付方法は確認済み。既存の止水栓がついたチーズに、付属している「分岐金具」を取り付けます。このときにニップルに大きな負荷を掛けないよう、チーズを左手で保持しながら袋ナットを締めます。

既存の給水管は「分岐金具」を取り付けることによって長さが変わるので使えません。DIYではここでフレキホースやフレキシブル管を使いますが、私は新しい給水管を調達してパイプカッターでカットして取り付けます。もともとチーズの給水管の位置と、ロータンクの給水管の位置がずれているため曲げる必要があります。
f0103126_2120976.jpg

f0103126_2024434.jpg

f0103126_20243786.jpg

TOTO純正の給水管は銅にメッキしたものなので、しっかり固定すれば手で曲げられます。既存のチーズに嵌めて曲げるのが一番確実ですが、これではニップルに負荷がかかるので予備のチーズを使って加工しました。何回か修正するつもりで目の子で曲げましたが、一発でジャストフィット。emoticon-0100-smile.gif

全て組み上げてジョイント部からの水漏れがないのを確認して作業は終了です。最後に「手洗金具」の付根から水漏れがあったので近くのホームセンターへ。接着剤を購入して修理するつもりでしたが、同じ品番のパーツがあったのでそれを購入。メッキに艶がなくなっていたので、これを交換したらトイレの外観は新品のようです。
f0103126_2171288.jpg

↑before & ↓after
f0103126_21132277.jpg

f0103126_2025234.jpg

ついでにメイントイレのメンテナンスも行います。このトイレは珍しい「エクセルワインレッド」。現在はないカラーなので、ウォシュレットが故障するとTOTOの修理対応となります。しかし修理は思ったよりも高額なので、手洗いとのカラーコーディネイトにこだわらなければ、一般的なカラーに交換した方が安上がりかもしれません。

これが終わるとエアコンなどの動作確認。やはり正常に動かないものが多いですが、さすがに自分では修理できないので状況確認にとどめます。家電製品は寿命が短いので、家のように手を入れれば長く使えるというものではありません。したがってエアコンなどはできるだけ交換しやすいように取り付けておくのが肝心だと思います。
f0103126_20254047.jpg

河津桜も見ごろを迎え、間もなく卒業と入学のシーズン。希望がかなった人、かなわなかった人それぞれですが、人生は長いようで短くもあり、短いようで長くもあります。自分が置かれた境遇に関係なく、今年も平等に桜の季節がやってきます。

by scott1091 | 2014-02-23 20:20 | DIY | Comments(2)

Commented by ariari at 2014-02-26 21:54 x
もう河津桜のシーズンですね、尾鷲も満開だとか。海も一昨日に黒潮の分流が入り16度代に上がりました、先週は低水温でカタクチが入りそれにつられブリも接近、今年初のナブラ打ちで何とかマグレで7キロのブリ上げました(かなり大型のヒラも掛かりましたがPE1.5号が痛恨のブレイク(泣))が、家族の『ブリよりアジが良い』の申し付けにより昨日『水温も上がったし、オオアジなんてチョロイチョロイ!』で行ってきましたが、大苦戦10本揃えるのがやっとでした、上手くいかないものですねぇ~。
Commented by scott1091 at 2014-03-03 20:50
ariariさん、ご返事が遅くなりました。

いまでは河津桜はどこにでもあるので、わざわざ混雑する場所に行く必要はありませんよね~。原木は確かに立派ですが、河津川沿いの桜並木は大樹というレベルまで成長していません。「早咲きの桜」と「温暖な伊豆のイメージ」が見事に一致し、それがイベントが少ない2月だったというのが相乗効果を生んだ要因と思われます。

家族のリクエストに応えて、大アジを10本揃えるのはやっぱり漁師!これで上手くいかなかったなんて言ったら、回りから石が飛んできまっせ~。(笑)