久々に「4WD×スタッドレス」の出番です!

昨年3月31日の記事にもあるとおり、スタッドレスは1本パンクしたまま…。例年のようにヤエンをしていれば峠越えの路面凍結に備えて2本だけ新調したのですが、今年はDIYばかりなので出番がありません。タイヤの山高はまだ十分ですし保管も室内なのでコンディションは悪くありませんが、すでに4シーズン目なので今年の秋に4本とも買い替えるつもりでした。

しかしこのまま雪が降らなければと思っていた矢先にこの大雪。金曜の帰宅が遅くなりましたが、翌日に備えてタイヤを交換します。使えるスタッドレスは3本なので、前輪2本と運転席側の後輪を交換。家には油圧ジャッキがあるので、3本を交換するのに30分もかかりません。
f0103126_2124626.jpg

そして迎えた翌朝。昨晩作業しておいてよかったと思えるくらい降っています。いつものように釣り番組を見てから現場に出発。途中でガソリンスタンドに寄って、空気圧を調整します。すでにノーマルタイヤで走れる状態ではないので、道路はが~らがら。動けなくなったトラックや乗用車が路肩に止まっています。

そして雪はどんどん降り積もり、ドリフトが楽しめるくらい。3本スタッドレスがどのような動きをするのか、車のいない場所で車を滑らせてみます。4WDでもスピンするかな~と思いましたが、ABSが作動するので向きが大きく変わってしまうことはなさそうです。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_213261.jpg

そしていよいよ峠道へ。4WDが本領発揮と思っていたらまさかの通行止め…。誘導員の話では、大型トラックが正面衝突して完全に道路をふさいでしまっている由。このまま引き返すつもりはないので、さらに斜度のきつい旧道に迂回します。

しかしそこには登れなくなった車や、路肩に突っ込んでしまった車がご~ろごろ。そしてそれらの車をかわせない車で渋滞が発生。この間にも雪がどんどん降り積もり、発進できなくなった車が続出。私は対向車が来ないタイミングを見ながら、そんな車をかわしてガンガン上ります。
f0103126_2132040.jpg

「行きはよいよい帰りは恐い」ではありませんが、雪道はまさに「上りはよいよい下りは恐い」。しかし「軽カー4WD」の強みは車重が軽いこと。当然ながらタイヤの接地面積は小さいですが、それでも余りある制動力です。そしてその旧道から、轍がほとんどないショートカットルートへ。

ここからはずっと下りですが、スノードライビングを楽しみながら問題なく本線に合流。そこから住宅地に入ると、坂道にスタックした車が一杯。コンビニ駐車場の段差が上がれない車や、コンビニに乗り捨てられた車も…。こんな状況だったのでいつもより遅れて到着。

外回りや庭は終了しているので、今週から家の中に手を入れていきます。しかし雨落ちには屋根から落ちてきた雪が山盛り。雪かきをして歩けるようにしないと家に入れません。まずは雨樋が壊れないようぶら下がった雪を落として、それから歩く場所だけ平らにします。これでやっと家の中へ!
f0103126_2133572.jpg

この間にも雪は深々(しんしん)と降り、屋根から落ちる雪で地響きがします。当然ながらこの程度で潰れるような家ではありませんが、庭木の枝が折れるのが心配です。来る道中にも桜の木が折れたり、竹が雪の重みで倒れて道路をふさいでいる場所もありました。そのときよりもさらに積もっているので、もはや帰れるかどうかという問題でしょう。emoticon-0124-worried.gif

いつもより作業を早く切り上げますが、下り坂にはスタックした車がパイロンのように並んでいるので気が抜けません。そして峠につながる幹線道路に出ると、やはり通行止め。残されたルートは2本ですが、その1本は車高が低いので吹き溜まりがあると厄介なのでパス。もう1本のルートを目指して迂回します。

そのルートも通行止めの看板が出ていましたが、人がいないのでそのまま通過。除雪車が入っているようですが、ま~放置された車が多いこと! ここにも側溝に落ちてしまった車やら、車道をふさぐようにスタックしたトラックやら…。上りだから進めますが、下りでこの状況では怖くて車に近づけません。もっとも下りで道の真ん中でスタックすることはないのでしょうけどね!
f0103126_2145655.jpg

積雪のピークは土曜の夕方。翌日は除雪も進みましたが、路肩に避けられた雪で車道が狭くなって大型が来ると交互通行になる場所もちらほら。前日のような苦労はなく現場に到着するも、屋根から落ちた雪で階段が完全に埋まっています。雪山を歩くと思えばまったく問題ないのですが、ニーブーツの上から雪が入るので通路だけ雪かきします。

東京の積雪は27㌢を記録し45年ぶりとの報道です。天気予報では20年に一度の大雪になると12年ぶりの「大雪警報」だったので、まさに正確な予報だったと言えましょう。私が生活圏で経験したもっとも深い積雪だったわけですが、雪国の方々からすれば「そんなもんはな~」というレベルに過ぎません。

この大雪によって作業工程はさらに遅れ、渓流解禁までに終わらせるのが難しくなってきました。いよいよ2月も残り2週しかありませんが、ラストスパートで頑張りますぞー!emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_2113158.jpg

by scott1091 | 2014-02-09 21:00 | DIY | Comments(0)