作業に追われてすぐに解禁を迎えてしまいそう…

f0103126_19225394.jpg

↑滋養強壮にとマルパパさんが差し入れてくれた自然薯。いつもお気づかいありがとうございます!040.gif
f0103126_1923971.jpg

正月休みもあっという間に終わり。この週末でいよいよ1月中旬になってしまいました。計画的に作業を進めてきたつもりですが、雨水管につまりがあったり動きが悪くなった引戸の滑車が入手できなかったり…。専用工具の入手や滑車の修理に時間を取られて、思ったように作業が進みません。
f0103126_19204574.jpg

外回りは正月休みで終わらせる予定でしたが、このままでは1月一杯までかかりそうです。昨年の今頃は娘のセンター試験を控えて、風邪やインフルエンザを家に持ち込まないよう留意していましたが、今年はそれがないのですっごく気が楽です。しかしこの週末は寒波到来でこの冬一番の冷え込み。もう外見は完全に「はなたれ小僧」でんがなぁ!
f0103126_1921873.jpg

高圧洗浄機で外壁や石畳を洗うと驚くほどきれいになるので、当初予定していた洗浄範囲がどんどん広がってしまいます。そして作業の遅れが拡大してしまう悪循環。でも近所の人から新築に戻ったみたいと言われるくらい違います。もうこうなると自己満足の世界。
f0103126_19213129.jpg

数寄屋門の「足固め」の木材に痛みが出ていたのでこの家を建てた数寄屋大工に相談したところ、木材に樹脂などを充填すると必ずその接触面の腐食が進行するとのこと。したがって一番良いのは木材に防腐剤を含浸させて、その後雨水が木材に浸透するのを防ぐよう上部を鉄板でカバーしてしまうことだという。
f0103126_19214727.jpg

そこで鉄板は固いので加工しやすいアルミ板を使い、木材と違和感がないよう塗装する予定でした。しかし屋根と同じように銅板を使えば色が馴染むので、塗装の必要はありません。早々に大きめの銅板を手配したのですが、これが思った以上にお高いのよ~。008.gifしかもアルミより硬いので、手曲げによる加工も工夫が必要でした。

正月休みに帰省した息子が樵(きこり)仕事は片付けてくれたので残るは垣根作り。 これが終われば、今シーズンの外回りの仕事は終了です。
f0103126_19221575.jpg

f0103126_19223120.jpg

by scott1091 | 2014-01-13 19:26 | DIY | Comments(0)