カーナビを新しくしました!

消費税の増税前に、もう一つ設備投資しておきたかったのがカーナビ。現在付いているものは2005年に取り付けた「カロッツェリア」のサイバーナビ「AVIC-ZH990」。「ETCユニット」はもちろん「VICS用ビーコン」も純正を装備。テレビチューナーがアナログであったり、「接続ケーブル」がスマホに対応していなかったり不自由はあるものの、基本的なナビ性能やミュージックサーバーに不満はありませんでした。

しかしメーカーの地図バージョンアップサービスが、2011年7月をもって終了してしまいました。鮎釣りの遠征の際、ナビ上では「新東名高速」や「東海北陸道」でいつも道なき道を走っているので最新の地図に更新したいのですが、もはやそれがかなわないとなると新しく積み替えるしかありません。
f0103126_1950510.jpg

↑ビフォー↓アフター
f0103126_1930024.jpg

今回選んだのは同じ「カロッツェリア」のサイバーナビ。現在のナビと機能が同じでは面白くないので、「クルーズスカウターユニットセット」が装備された「AVIC-VH0009CS」にしました。「ETCユニット」と「VICS用ビーコン」はそのまま転用可能なので、スマホ用の「接続ケーブル」と旧ナビは標準装備だった「ステアリング対応リモコン」をオプションで追加。

購入と取り付けは前回と同じ、丁寧な仕事に定評がある「ナビ男くん」。出張取り付けにも対応していますが、私は野外での取り付け作業は嫌なのでピット取り付けを選択。前回は今はなき「羽田ピット」でしたが、今回は今年5月にオープンしたばかりの「静岡ピット」でお願いしました。
f0103126_226080.jpg

新しいピットなのでスタッフの経験不足を心配しましたが、担当してくれた方は「ランボールギーニ」にもカーナビを付けたことがあるベテラン。高級外車にディーラーが対応できない国産純正ナビを取り付ける頻度が多いので、車の扱いは見ていて安心感があります。

もちろん私の車は比較にならないほどボロですが、新車と同じように扱ってくれのが嬉しいですよね~。この日は出張取り付けが多く、ラッキーにもピットは私の車のみ。靴を履かないで歩いても靴下が汚れないようなきれいなフロアーで、ゲートを完全に閉めて作業してくれるので埃の心配もありません。
f0103126_2262086.jpg

新しいナビで驚いたのは、ジャイロを積んだ「ハイダウェイユニット」がないこと。前回は助手席の下に付けるスバル純正の「ナビゲーショントレー」が必要でしたが、今回は不要なので撤去してもらいました。古いナビやアナログアンテナを撤去し、新しいナビを取り付けるのに要した時間は4時間半。

時間が掛かっているように思うかもしれませんが、アンテナをフロントガラスに貼るのは見た目が悪いので一番後ろの左右のサイドガラスに取り付け。そして今回新たに追加された「クルーズスカウンターユニット」は、「ETCユニット」と同じようにグローブボックス内に納めてもらいました。マニュアルではグローブボックスの下や、センターコンソールの脇に取り付けるよう推奨しておりますけどね。
f0103126_19455529.jpg

↑↓昼はマルパパさんの案内で「丁子屋」へ。味噌仕立てのとろろ汁は最高です!
f0103126_1946919.jpg

「クルーズスカウターユニット」にはマイクが付いているので、グローブボックスに収納すると集音できないのでレコーダーには音がほとんど残りません。しかし事故のときは音が大きいので記録されるでしょうし、会話が録音されるのは気持ち悪いと思うのは私だけでしょうか?しかも車内には音楽が流れていますしね!

これで来シーズンは快適に遠征できそうです。

by scott1091 | 2013-11-09 19:43 | | Comments(0)