今季初の九頭竜はやっぱり楽しかったぞー!

台風18号(MAN-YI)による影響が懸念されますが、ここを逃すと今季は遠征できなくなる可能性が高いので、ブログで予告したとおり九頭竜を目指します。記事を見たマルパパさんとヘルニアさんから事前に連絡があり、お二方とも台風の影響を避けて金曜、土曜の二日間竿を出す由。

そこで今季最初で最後の「TEAM Saogashira」ミーティングと行きたいところですが、乾坤一擲さんはこの週末は毎年稲刈り。ひじきさんは日曜なので台風しだい。Egaoさんはお子さんの運動会や諸々の用事で釣りはできませんが、夕方には顔を出してくれるとのこと。006.gif
f0103126_21514276.jpg

いつも洗面タイムで「杉津PA」に立ち寄りますが、まだ夜が明けていないのが秋を感じさせます。しかし少し明るくなると蝉が鳴きだしたので、これで勇気百倍。「俺の夏はまだ終われないぜ~」という勢いで「もりいし釣具店」に車を滑りこませると、私の定位置に車が…。この時期は常連さんが多いので、当然のことですよね~!

皆様と挨拶を交わすと怪我で釣りをしなかったと思われている人が多かったですが、忌中は殺生を控えたというのが実情です。一通り挨拶を済ませてから、年券とオトリ2尾、氷を買います。この時期に年券と思われる方も多いと思いますが、日釣り券だと天気しだいで釣りを止めようと思うもの。しかし年券ならいくら短時間でも迷わず竿が出せます!
f0103126_215219.jpg

マルパパさんに電話をすると、三河テント村で朝食中とのこと。私もそちらに合流すると、なぜかそこには燃える男ダンさんの姿が…。狩野川でお会いするのは当たり前ですが、昨年はJinzoo、今年は九頭竜でご対面。本当に鮎釣りにはまってしまいましたね~。ヘルニア・パパさんやテント村の方々に歓迎してもらい、お茶を頂きながら今季の話しを伺います。

前日のヘルニアさんの釣況はまずまずとのこと。しかもこの週末はサギリ漁の杭打ちでダムの放水量を絞るので、「もりいし釣具店」の話では今季初めての平水ではないかと。土曜は前日からさらに20㌢近く減水しているので、この水位であれば川慣れしていない私でも安心です!006.gif

いつものように昼食に集合することを確認して、三々五々思い思いの場所に散っていきます。私がこの日選んだ竿は「Super LightⅢ」。水が驚くほど冷たいですが、迷わず流芯から探って行きます。最初の1尾目は残念ながらバレ。しばらく定番のハリで様子を見ますが、しっくりこないので9.0号から8.5号にサイズを下げます。
f0103126_21523766.jpg

この場所は水位が下がったとはいえ、底石の周りをしっかりと探るには「3+4号」ないし「4+4号」が必要でした。このシチュエーションなら「龍芯竿」を持ってくるべきでしたが、今季はまだ「超硬」を絞っていないので、比較的曲げやすい「SLⅢ」を選択したしだいです。

竿の特性を活かしてしっかり絞るのは、実はこれが一番難しいのです。硬度が柔らかいほど、また胴調子の竿をほど絞り易くなります。しかし竿が曲がっていても、力のない先端部分を使っているだけでは掛かり鮎にプレッシャーを掛けることができません。竿は力を発揮する角度というものがありますので、それを意識して絞るのが重要です。

回りに人が増えてきますが、他の人はなかなか竿が曲がりません。私と攻めているラインが違いますし、もしオトリを入れようとしても急瀬レベルくらいでは入らないでしょう。そんな場所ではコンスタントに20㌢アップが竿を絞ります。朝方吹いていた風も止み、初日は最高のコンディションに恵まれました!
f0103126_2148473.jpg

↑土曜午前中の釣果

私の午前中の釣果は35尾。皆もまずまずの様子で、いつもと同じように長~い昼食。そんなメンバーを見かねてダンさんが支度を始めたので、午後の部を再開します。午後はさらに人が多くなりますが、回りが偶然にも知り合いのグループだったので和気藹々。午前中とは少し釣り方を変えて、きめ細かく拾っていきます。

今季絶好調のマルパパさんは、九頭竜でも乗っています。私のシモにいるので、頻繁に竿が曲がっているのが見えます。対岸に入ったダンさんも初九頭竜で大健闘。夜の反省会で私と攻めているラインが違うことに気づいていたので、来年の変貌が楽しみですね~。そしてカミに入ったヘルニアさんは、奥義「ムツゴロウ返し」が炸裂。

肝心の私はというと、はっきり言ってメチャクチャ下手くそ…。鮎の大きさや竿の角度によって、「斜に抜くときの角度」、「振り速度」を調整するわけですが、初日はなかなか感覚が戻ってきません。素人みたいな失態も織り交ぜながら、楽しい時間はあっという間に終了です。午後の釣果は38尾だったので、この日は73尾で終了です。
f0103126_21482625.jpg

↑土曜午後の釣果

川から車まで運ぶのにオトリ缶にオトリを残し、〆る鮎は曳舟に入れていきます。しかし途中から曳舟の蓋が下がらなくなり、無理やり下げると中の鮎が出てくるので残りはリリース。これでも「もりいし釣具店」で鮎を処理するのが大変ですが、Egaoさんが処理している間話し相手になってくれて、少し持って帰ってくれたので感謝感謝であります。最大は26㌢でした。

この日で三河キャンプ村は閉村となったので、マルパパさん、ダンさんと反省会に繰り出します。ホテルに車を止めて、店に歩いて行けるのが魅力。いつものようにフナヤに立ち寄ってから、この日はマルパパさんの選択で「焼肉コース」。鮎釣り談義に花が咲き、楽しかった一日を語り合ってあっという間に時間が過ぎるのでした。
f0103126_21552239.jpg

翌日の日曜は朝から雨。しかし時折雨脚が激しくなるも、降っていない時間の方が長いので問題なし。川にオトリ缶を埋けていた人の話では、前日よりさらに減水しているとのこと。この日は三人ともバラバラの場所に入り、昼食に集合する段取りです。ダンさんは前日と同じ場所、マルパパさんは激流コース、私は周遊コースです。

この日は寒いのでウエットの上も着ます。フル装備で流芯を果敢に攻めていきますが、ともかくバレが多い。錨でもチラシでも同じようにバレる最悪のパターン。当たったときの竿の引き込みは大きいのですが、竿を絞るとバレてしまいます。完全にハリ合わせできないまま、半分も獲り込めないで午前中は15尾で終了です。
f0103126_21592717.jpg

ここはすでにコロガシ仕掛けがかなり沈んでおり、石が立っている場所はかなり厳しい感じ。いつの間にかマルパパさんも移動してきており、間もなくダンさんも到着。釣況はみんな同じように厳しい。声を掛けて頂いた方の話では、この場所は今年はともかく人が多かったとのこと。特に右岸に友釣りがずらっと並ぶので、9月以降はコロガシが左岸に集中するとか…。

昨年もその傾向がありましたが、今年はさらに顕著なようです。雲行きが怪しいので、移動している時間がもったいないので午後は三人同じ場所。私は幸先よく掛けていきますが、コロガシの仕掛けで3尾ロスト。最後は仕掛けが惜しいので回収に行きますが、オトリに手が掛かる寸前で流されて「SLⅢ」の2番を折損。さすがに泣けました…。007.gif
f0103126_21595381.jpg

一度車に戻って竿を「龍芯竿」に持ち替えます。これ以上コロガシ仕掛けに泣かされたくないので、マルパパさんが午後一番に入っていた場所に入ります。この時間になるとすっかり空が暗くなり、雨も降ってきました。寒くて他の釣り人はほとんど上がってしまいましたが、私はこの日では一番楽しい時間になります。

釣れるのはメスばかりで、釣れるごとにサイズアップ。目印が弾ける痛快な当たりと、「超硬」で鮎のパワーをダイレクトに感じるこの快感…。これぞ大好きな鮎釣りのもう一つの世界。同じスタイルにこだわるのを否定はしませんが、引き出しが多い方が選択肢が広がるし応用が利くもの。この日は16時までやって午後21尾追加し、36尾で終了です。
f0103126_21545510.jpg

↑日曜の釣果

マルパパさんとダンさんは、予定通り釣りが終わってから帰途につきます。私は台風のコースしだいでは、月曜も午前中だけ竿を出す目論見です。「もりいし釣具店」に戻ると、北陸はあまり雨が降らないとの天気予報で、私と同じような人達で生簀はオトリ缶で一杯でした。

そしていよいよ最終日。雨の音で4時前に目が覚めました。雨脚がかなり激しいので、テレビをつけますが、この時点では台風情報が表示されるくらいで特番はなし。静岡付近に上陸するルートなので、ここ数年は北陸ではあまり雨が降らなかったパターンです。

しかし今年の夏は普通ではないので、まったく油断はできません。そしてしだいに天気に関する特番が増え、気象庁は05時05分に滋賀県、京都府、福井県に「大雨特別警報」を発表。これは8月30日から運用を始めた「特別警報」が適用される初めてのケース。「数十年に1度」の基準となれば、頭をよぎるのは2004年の福井豪雨と足羽川の決壊です。
f0103126_2201539.jpg

土砂降りなので屋根のあるエントランスに車を回し、それでも雨が吹き込む中で荷物を積みます。6時半からの朝食は諦めて、まずはガソリンスタンドに寄って燃料を満タン。帰路は特別警報が出ているエリアを全て通るので、通行止めを覚悟しなければなりません。

「もりいし釣具店」に行って挨拶を済ませ、冷凍鮎とオトリ缶を回収。この時点の九頭竜は、まだ50㌢くらいの増水。しかしクーラーに冷凍鮎をいれるだけでもずぶ濡れになってしまうので、手提げ袋に無理やり詰め込んで運転席に滑り込みます。まだ時間が早いので交通量が少ないトンネル内の駐車帯に車を止めて、オトリ缶の鮎を〆て冷凍鮎はクーラーの中へ。
f0103126_21504384.jpg

朝食と飲み物を手が届く場所に移していよいよ出発です。すでに北陸道は「武生IC」から通行止めとの表示ですが、8号線は通行できるとのこと。ともかく米原まで行ければ、その先の高速は問題ないと判断しました。しかしこれが甘かった。8号線が敦賀湾を目前に、まったく動かない状態に!

電波が悪くて情報が取れないので、心配してメールをくれたmotoさんに迂回ルートを検索してもらいます。同時に妻には、日本海ルートで一番確実な上越ルートで通行止めの情報がないか確認を依頼。そして特別警報の区域を避けるべくUターンを決断します。
f0103126_2123697.jpg

来た道を戻りますが、どんどん雨がひどくなって候補にしていたルートが次々に通行止めに…。通行止めの理由が、雨量規制値を超えたものなのか、災害によるものなのか情報提供されないのがつらいところ。こうなると最長距離の上越ルートしかないと判断して北陸道をひた走ります。

しかし路面に水がたまっていて、ともかく燃費が悪い。満タンにした燃料計のハリがどんどん下がっていきます。車窓から見える勝利バーは恐ろしい水量。Jinzooはさほどでもなく、高圧線の鉄塔付近に車が2台止まっていました。まさかコロガシ釣りではないとは思うのですが…。

「糸魚川ルート」の通行止め情報がないので、念のため「糸魚川IC」を降ります。偶然にも黄色いパトライトを付けた車がいたので情報を求めると、まだ通行止めの情報はないがトンネル内を水が流れている場所もかなりある。このまま降り続くようなら通行止めも時間の問題とのこと。
f0103126_21564695.jpg

たまたま地元ナンバーの大型四駆が先行したので、その車について行きます。しかし車窓から見える姫川が恐ろしいことに…。トンネル内はいつ冠水してもおかしくない状況ですが、対向車がいないのでセンターラインをまたいで走ります。天気がよければ最高の景色であろう山々には、すごい水量の滝が一直線で落ちています。

そして途中の民家で先行していた四駆が右折。いよいよここからは一人旅。トンネル内は暗くて水深がわかりません。そしていよいよ最大の難所が…。トンネルの側壁から滝のように雨水が吹き出し、道路は完全に冠水して通過できそうにありません。ここで万事休す。しかし戻るのも地獄です。
f0103126_2157345.jpg

進むかどうか思案していると、な~んと救世主が登場!鬼に金棒のダンプ。後ろの8本のタイヤが水を押しのけ、まさに「モーゼの十戒」のごとく水溜りが割れます。ぴったりとついて行くと、ほとんど水の抵抗を感じません。こんな場所をもう一カ所通過して、ダンプとはお別れ。何とか白馬村に到着して最初のガソリンスタンドに入ると、満タンにしたら40㍑入りました。恐るべし…。

ここで情報を収集すると、上越信道は「更埴~麻績」が通行止め。長野道も「塩尻北~岡谷」が通行止めとのこと。カーナビは「10キロ以上先、災害のため通行止め」としか言わないので、まったく役に立ちません。しかもその場所を避けるリ・ルートもしないし…。
f0103126_21571919.jpg

こうしてやっと乗れた中央高速は、つながる高速がほとんど通行止めなのでガラガラ状態。ここからは快適に走行して、出発してから10時間で帰宅しました。台風一過の好天を通して見る景色は、ススキが目立って空気もすっかり秋色。この土曜の出来事が、ずっと前のことのように感じました。

ナビして頂いたmotoさん、心配して頂いた皆様、本当にありがとうございました。040.gif
そして被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。
f0103126_2245071.jpg

by scott1091 | 2013-09-16 21:02 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(20)

Commented by Q at 2013-09-17 23:27 x
無事のご帰還おつかれさまでした。
Vリバ~はもう納竿でしょう。JINZOOはもう一回できるでしょうかね?
また、ナイスなコンディションの時に一丁揉んでやってください。

今シーズンは元竿2本よろけた拍子に握りつぶしてしまいました。
年相応でしょうか。
Commented by ヘルニア軍曹 at 2013-09-17 23:57 x
こちらこそお世話になりました~
楽しい釣行 有難うございました

それにしても そんな大変な状況だったとは・・・
失礼しました~ やはり自然は怖いですね~
私も気を付けます
Commented by よっちき at 2013-09-18 10:53 x
お疲れ様でした。さすがの釣果、楽しまれたようで良い3連休になりましたね?(笑) こちらは毎度のことながら上手に時間を使えず訪問も出来ませんでしたが、またの機会に会えることを楽しみにしています。もしかしたら、今週も同じ川でしょうか???お伺いできるかどうかは非常に怪しいですが、天気は良さそうなので好漁になることを期待しています!
Commented by マルパパ at 2013-09-18 11:00 x
こんにちは。
先日は良い日に恵まれた事も有りますが、楽しかったですね~。
月曜日の朝電話した時もう出発してると聞き、なぜか危険な方に向かっていくところがTOMOさんらしいな~と。でも無事に帰られて良かったです。お疲れ様でした。またお願いします。
Commented by flymoto at 2013-09-18 11:15
お帰りなさい〜〜
全く役に立たないナビで申し訳ありませんでした。。。でも無事帰宅されてよかったです^^

九頭竜の鮎!!プリプリですね〜♪
Commented by ariari at 2013-09-18 12:05 x
お疲れ様でした、九頭竜のアユも随分雌雄がはっきりしてきましたねぇ~、体高のある九頭竜らしいアユ、重さもかなりのものだったのでは?さすがです。それをまさかのリリース?私もそれくらい釣ってみたいですハイ(笑)。
Commented by 乾坤一擲 at 2013-09-18 18:14 x
TOMOさん
 いろいろと心配していただきありがとうございました。
 でも、TOMOさんの方がよほどやばかったですね(無事で何よりです)

私、まだ今週は残務が有るのですがこの記事を読ませていただきプッツン状態です、なんとか今週は1日だけでも竿を出せるように頑張ってみます
Commented by ひじき at 2013-09-18 21:17 x
22日、29日九頭竜川行ってきます。
来年も よろしくおねがいします。
Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:35
Qさん、お久しぶりです!

今年は「Toideナイト」できませんでしたが、来年はいきまっせぇ~。
また道楽Yさんとおつきあいくださいませ!
握りつぶすというのは、握力があるからです。
これを歳相応というのは、ふさわしくありまへん!

来年のVリバーを楽しみにしています。

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:36
ヘルニアさん、先日はお世話になりました~。

今年はもう九頭竜ではご一緒できないと思っていたので、ナイス・タイミングでした。私も金曜から参加できたら、三河キャンプ村を利用できたのに。これだけが残念です。「超硬」の釣りにだいぶ慣れてきたようですね!奥義「ムツゴロウ返し」、しっかり拝見させて頂きました。

またヘルニア・ファミリーで狩野川に遊びにきてください。

Commented by Wara at 2013-09-18 21:36 x
帰りは大丈夫かなぁと思っていましたが、まさか上越回りだとは想像もしていませんでした。お疲れ様でした。
しかも初日だけで(私の)年券分の釣果をあげてますね!さすがです。
Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:36
よっちきさん、こんばんは!

お住まいは大丈夫でしたか?琵琶湖が満水で、水がはけないと伺っています。ちょうど稲刈りシーズンなのに、田んぼが冠水してしまった農家も多いのではないでしょうか。

来年はミヒロちゃんもいよいよ小学校入学ですね。ランドセルは高学年になると使わない生徒も多いようですが、5年生まで使うとしても年間では1万円くらいでっせ!毎年、海に撒いているコマセや渡船代と比較すれば、全然気にならなくなりますよ、きっと!

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:37
マルパパさん、先日はお世話になりました!

通行止めになる前に米原まで行ければ、東名は抜けられると読んでいました。しかし8号線で足止めをくってしまったのが、日本海ルートで後手後手に回ってしまった原因でしょう。見切るのが少し遅れてしまいました。

せっかくなので両親が好きだった長野の地松茸を買いたかったのですが、「岡谷IC」の渋滞でどれくらい時間が掛かるかわからなかったので、看板が出ている地元商店や農家に寄れませんでした。これも判断ミスですなぁ~。

また、ご一緒しましょう!

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:38
motoさん、お世話になりました!

通行止めの情報だけでも非常に助かりました。妻は検索に時間が掛かるので、motoさんのおかげで迅速に対応できました。外出の予定があったのではと心配しておりましたが、大丈夫だったでしょうか?

九頭竜の上川にいる鮎は体高があり、さらに流れのきついところにいる鮎は肩が盛り上がっています。当たりや引きの強さについては、きっとダンさんが熱~く語ってくれると思いますので、お楽しみに!

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:39
ariariさん、こんばんは!

今年はあまり鮎釣りができませんでしたが、ariariさんに送る分は確保してあります。もう少し増えたら送りますので、嫌がらないでもらってくださいね~。

最後の写真に冷凍鮎が写っていますが、思ったほどオレンジが出ていないでしょう。Jinzooは老けるのが早いとの情報ですが、九頭竜は例年よりも若い感じがします。ariariさんの甘露煮用に子持ちパンパンを狙ったのですが、少し早いようでした。

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:40
乾坤一擲さん、こんばんは!

まずは稲刈りが無事終わっていてよかったです。もうシーズンは終わりですから、無理はなさらにように!私の夏はまだ終われないので、もう少し頑張ってみます。もしお会いする機会があれば、楽しくやりましょうね~。

「TEAM Saogashira」ならぬ「TEAM Okagashira」でっせ!

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:41
ひじきさん、釣行予定了解です!

来年と言わず、22日にご一緒できるカモノハシ~。
21日に電話してくださいませ!

Commented by scott1091 at 2013-09-18 21:51
Waraさん、先日はお電話ありがとうございました!

月曜はさすがに苦労しましたが、土地勘と友人から得られる交通情報に助けられました。ぎりぎりセーフて感じでしたが、帰宅して台風一過のベランダで旨いビールが飲めました。

釣果はまぐれに過ぎませんので、次はいつもの撃沈コースでしょう。
来年は必ずご一緒しましょうね!

Commented by ダン at 2013-09-19 20:43 x
九頭竜ではありがとうございました♪残ったルートが姫川ルートとは,…ご無事で何よりです♪今回ですっかり九頭竜の魅力にはまってしまいました!竿、ホント曲がってませんね…参考になります。残りシーズンも燃える男で頑張りますので、またヨロシクお願いします♪
Commented by scott1091 at 2013-09-19 22:41
ダンさん、先日はお疲れ様でした!

本当に楽しい二日間でしたよね~。釣れても釣れなくても、川に入っている時間が一番。そうつくづく感じる今シーズンでした。私もまだまだ夏を終わらせる気はないので、最後までお付き合いくださいませ。

こちらこそ、よろしくお願い致します。