鮎釣りができる幸せ!

f0103126_22545035.jpg

f0103126_2255693.jpg

この週末は両日とも午前中だけの釣り。天気は梅雨の中休みというよりも、目下のところは空梅雨の晴れ。水位は先週とほぼ変わらずの10㌢減水。この日は渇水といえども厚みのある瀬をしっかりと攻めたいので、竿は「征龍竿EM+HPソリッド」をチョイス。仕掛けは先週とまったく同じものを使います。

まずは先週よく掛かったポイントと同じような条件の場所から探っていきます。私が来たときにカワウがいたので、淵から瀬肩にかけてはとりあえずはパス。瀬の中にできるわずかな弛みで、複雑な反流や砂が巻くことがないスポットをピンポイントで狙います。すぐにオトリが変わりますが、型を求めるとこの時期は気温が上がるまで我慢の釣りとなります。
f0103126_22552286.jpg
f0103126_22553569.jpg

そして日差しが強くなり暑いくらいになると、釣り人が対岸に並びました。あまり川幅がないのでオトリが交差するのですが、自分の目印しか見ていない様子なのでその場所を譲ります。他にも空いている場所は一杯あるので、まったく問題ありません。emoticon-0105-wink.gif

鮎の活性も上がってきたので、これからがゴールデンタイム。その後は狙ったとおりに掛かるので、1時間延長して13時に竿を畳みました。この日の釣果は32尾。竿のチョイスもベストマッチで、あらためて「征龍竿EM」の戦闘力の高さを実感しました。
f0103126_22554389.jpg

f0103126_22573942.jpg

翌日は残業ができないので12時までの勝負。広範囲に探る時間はないので、しっかり川見をしてから入川します。ベストから出して干した前日の仕掛けをベストに入れ忘れたので、天井糸から一式新しいものを使います。前日の仕掛けとの違いは水中糸の長さ。

狩野川では水中糸は上下の付糸を含めて4㍍を使っていますが、この日は勝利バーやJinzooで使う5㍍を使用。天井糸はPE主体なので感度の違いは感じません。オバセると天井糸が短い方が風切りは有利ですが、それがメリットなのかデメリットなのかは釣り方によって判断がわかれるところでしょう。
f0103126_22561036.jpg
f0103126_22562133.jpg

前日のようなペースでは掛かりませんが、ときおり一回り大きいサイズが瀬の厚い流れを疾走します。これぞまさに鮎釣りの醍醐味。 12時に竿を畳んで、この日の釣果は17尾。やっぱり鮎釣りは最高に楽しい。他の釣りをする人や釣りに興味がある人は、ぜひトライしてみてくださいませ!
f0103126_22565085.jpg
f0103126_2257065.jpg

by scott1091 | 2013-06-09 22:53 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)