渡利牡蠣と80㌢オーバーのヒラスズキ!

f0103126_21282234.jpg

渡利牡蠣(わたりがき)は、汽水湖である白石湖で育ったマガキのこと。弘法大師が湖に投げ入れた餅が牡蠣に変わったという伝説が残る牡蠣の産地です。汽水であることに加えて真夏は水温が30℃近くまで上昇する環境なので、地牡蠣でないと夏を越えることができません。

白石湖に流れ込む船津川は、原生林が豊かな吉野熊野国立公園から豊富なミネラルを供給。また熊野灘から流れ込む黒潮により冬場も水温が10℃以下になることがないため、ノロウイルスのリスクも低い。岩牡蠣に匹敵する濃厚な味とぷりぷりの弾力感は、一度食べたら病み付きになること間違いなし。しかもariariさんが送ってくれたのは自生している天然物。
f0103126_21275464.jpg

そして今回送って頂いたヒラスズキは、な~んと80㌢オーバー。毎回脂の乗っている食べごろサイズを厳選して送ってくださいますが、今回はぶっちぎりのデカさ・・・。素人の妻が下ろしても分厚い切り身となり、それでムニエルを作るとビジュアル的にも超~豪華でこれがまた格別の味。006.gif

脂が乗っているので、火を通してもまったくパサパサ感がありません。牡蠣フライを作るついでに切り身を角切りにしてフライにしてみましたが、適度な脂が染み出しつつも身はホクホク、衣はサクサクでも~最高。皮の食感と皮下脂肪のじゅわ~も堪えられませんがなぁ。
f0103126_21284682.jpg

いつもの魚の下処理に加えて、今回は牡蠣も剥き身で送って頂き感謝、感謝であります。外に洗い場がないマンション暮らしでは本当に助かります。でもあそこまで下処理すれば欲しいという人も多いと思いますので、無理なさらないでくださいよ~。

ありがとうございました!040.gif
f0103126_2129960.jpg

f0103126_2152774.jpg

by scott1091 | 2013-04-23 21:25 | Comments(6)

Commented by タッキー at 2013-05-16 08:01 x
何だか「美食倶楽部」の海原雄山が出てきそう♪
これならいつ【突撃!隣の晩御飯】が来ても大丈夫ですな・・(笑)

先生は常に美味しいものがあるから真っ直ぐ家に帰るのね!
キャットフードすらない私は会社帰りのネットカフェが憩の場になってるのがヤバいですわ・・(^^ゞ

※狩野川の試し釣りが行われましたが先生の率直な感想はどうでしょうかwww?
Commented by flymoto at 2013-05-16 08:40
うわぁ〜ほんと美味しそうです!お酒も進んじゃいますね。
怪我で動けないのにローストビーフや海の幸と食べまくって大丈夫ですか〜ウェーダがキ!きっつい・・なんてなりませんように^^
Commented by ariari at 2013-05-16 09:36 x
おはよう御座います。こちらこそ、いつも珍しい物ありがとう御座います。当方は今平鈴木シーズン真っ盛り!天気図見てウネリが入りそうだと心臓バクバクしてきます、まさに中毒通り越して変態に格上げです(笑)。牡蠣は一応シーズン終わりましたが、平鈴木はまだまだ行きますよ~。さすがに我が家では消費しきれないので喜んでいただけるなら幸いです。『消費しきれないなら、リリースしたら?』のお言葉を貰いそうですが。。。以前リリースされたであろう片目が腐ってボロボロのスズキが水面フラフラ泳いでいるのを見て、ダメージが大きい固体は美味しく食べてあげるのも大事かな?と。なんとしても今シーズン90オーバーゲットしたいですねぇ~。
Commented by scott1091 at 2013-05-16 22:32
恥ずかしながら、ネットカフェなるものに行ったことがありません・・・。
やっぱり都会で生活するタッキーは違いまんなぁ~。

毎週釣りに行こうとすると、平日の夜も有効に使わなければなりません。ほとんどテレビを見る時間がないのは飲み会以外にも、合間を見て山用品やMTBのパーツを探したり。釣具は通販で済みますが、フィティングや実物を見ないと判断できないものは店舗を回るしかありません。

私の観測ポイントは例年より遡上が早かったですが、現在見える鮎はそんなに多くありません。この支流には上がらなかったことも考えられますので、川が開いてみないとわからないというのが本音です。

Commented by scott1091 at 2013-05-16 22:33
flymotoさん、それが太らないんですよ~。
理由はいたって簡単で、治癒を優先して禁酒しているからです!

その後のハードなリハビリもありますが、骨折する前の体重より2キロ減りました。安静で釣りに行けなかった週に箪笥の整理をしたのですが、20代に着ていたスーツが着れました。ズボンはタック無しで肩パットはいかり型。シルエットが古く娘が笑うので処分しましたけどね~。

飲酒が解禁になったら、リバウンドに気をつけます!
Commented by scott1091 at 2013-05-16 22:34
ariariさん、その症状はもう戻れませんなぁ~。

鮎の入れ掛かりレベルで分泌されるドーパミンでは、もはや満足できない体になってしまったのでしょう。ヒラも90㌢オーバーとなると夢の怪物。技術があっても気象・海象も含めた運に大きく左右されるので難易度は極めて高い。でも今のariariさんの勢いなら、いずれ達成されると思います。

ヒラは時化るとチャンスということもあり、くれぐれも気をつけてください。肋骨を折った私が言ってもまったく説得力がありませんが、海は「板子一枚下は地獄」という諺もあります。「安全第一」で頑張ってください!