せっかくの満月なのに爆・爆・爆風・・・

前日の記事でも書いているとおり、金曜から土曜にかけて太平洋側も爆風。せっかくの潮回りですが、風裏を探しても突風は避けられません。こんな状況で釣りに行くと、釣具の破損や紛失といった代償がともなうのは今までの釣り人生で経験済み。ということで土曜はアジ缶の材料を探しにDIYショップと釣具店めぐり。

関西方面のブログを拝見するとこれらの材料が簡単に揃うようですが、当地ではクーラーを改造したアジ缶を見かけることがないくらいなので、釣具店をまわっても徒労に終わることが多い。そもそも店員で第一精工の「クーラーゴム栓」を知っている人がいませんから・・・。

その点DIYショップはアクアリウムの品揃えは全国的に大差ないので、こちらはすぐに買い物終了。「クーラーゴム栓」の変わりに代用できるパーツもありますが、現在使っているアジ缶の使い勝手が良いので、パーツを共通化しておいた方がトラブルが少ないとの判断です。
f0103126_22224597.jpg

そして明けて日曜は朝から風もなく穏やかな天気。予定があるので釣りに行くつもりはありませんでしたが、こんな好条件を逃したらアオリストとして失格。予定が終わったのはいつも家を出るより1時間以上遅かったですが、前日行くつもりで荷物のパッキングが終わっていたので出かけることにします。

潮回りは月齢15.3の大潮。ゴールデンタイムが潮止まりとなりますが、雲がほとんどないのでムーンパワー炸裂に期待したいところ。残業する気はありませんが、先週のこともあるのでアジは12尾。欲をかくと釣れないのはわかっているものの、200円を惜しんで後悔するほうが尾を引きます。

日曜なので下り方向の車は少なめ。ポイントを見て回る時間はないので決めていた場所に直行します。幸いうねりが這い上がっているものの釣り人はゼロ。安全な場所に竿受けを兼ねたアジ缶を置き、少し離してピトンを打ちます。そして1本目を準備してアジを投入し、潮の流れを確認しながら2本目の竿を準備します。
f0103126_21202728.jpg

海水温はアジ缶の水温計で14.1℃。うねりが磯際で砕波するので、低い外気温の影響をもろに受けます。今の時期はこのような場所は避けたいところですが、近くにこの方向からのうねりを避けられる場所がないので腹を括ります。アジをなるべく沈めたいところですが、この日はなかなか潜りませんがなぁ。

1本は潮目を利用して潜らせることができましたが、もう1本はアジを交換しても潜らないので今シーズン初めて錘を打ちます。月が出て光の道ができますが、海からの生命反応はウツボのみ。満月の大潮くらい「宴」の後半になってしまうと、アオリといえども潮が動かないと勝負にならないようです。

そしてやっと潮が動き始めると、今度はアジが流されてせっかく潜らせたのに浮いてしまいます。アジが弱るのを覚悟して2尾とも錘を打ちます。そして水深の浅い方を泳がせている竿にやっと待望の当たり。予定より1時間半も遅れているので残業確定です。
f0103126_21203892.jpg

先週まで使っていたヤエンは掛率100%なのでサンプルとして殿堂入り。この日はそのヤエンのバランスを忠実に再現したものを使います。これが最初で最後の当たりになる可能性がありますが、こんなときでも新しいヤエンを使わないと、厳しい冬シーズンは無くすまで同じヤエンを使うことになります。

月明かりでヘッドライトが要らないくらい明るいですが、私はヤエンを送るとき以外は常に点灯しています。これは人がいることを遠くから認識してもらうためであり、ヤエンを送るときに消すのはヤエンの灯りが見えないからに過ぎません。エギの人はヘッドライトを点けると嫌がる人が多いですが、私は照射が広角であれば影響を感じません。

このアオリはアジを離されることなく調教を完了。40㍍でヤエンを投入して20㍍ラインを回収したところでフッキング。引きを楽しみながらゆっくり寄せてまずは1杯。ここからマシンガン釣法が炸裂するはずでしたが、もう1本の竿は異常なし。アジが流されるので投げ直して、獲り込んだ方の竿は錘なしで投入します。
f0103126_21205297.jpg

これだけの月明かりなので浅いところでも食いそうなものですが、やはり錘でしっかり沈めないと反応なし。スルメについても、少し離れたところで餌巻きスッテを投げている人の浮きも沈みません。そしてやはり錘で沈めている方に当たりです。

これはヤエンが到達寸前でアジを離しましたが、すぐに回収して同じ距離に投げ込むと追い抱き。神経質そうなアオリなので、頭を落とすまで待ってからヤエンを入れてゲット。アジを沈めるとウツボが食ってきますが、中層を泳いでいるアジには当たらないので致し方ありません。

最後のアジを投入して片付けを始めると、アジが潜ったくらいに当たりです。この時点でいつもより2時間近く残業しているので撤収作業を優先。獲り込みに必要な道具だけを残して荷物をまとめてから調教してヤエンを入れます。これを無事獲り込んでこの日は終了です。釣果は当たり3回で3杯でした。
f0103126_2121792.jpg

今回の場所は今シーズン初めて。先週の場所に比べると型がいまひとつでした。今シーズンは他にもまったくダメという場所もあり、場所ムラが激しい感じです。これはスルメも同じようなので、餌となる小魚が関係しているのかもしれません。私はキビナゴが多い年が一番場所ムラが少ないように感じています。

by scott1091 | 2013-01-27 21:11 | アオリスト(Aorist) | Comments(0)