三連休で賑わった狩野川。いつものごとく撃沈だっちゃ!

金曜、携帯にメールが着信。

「明日の夜、河原でmotoさん、Dさんと宴会しませんか?」

マルパパさんからのメールです。motoさんとDさんは今シーズンは中津川に通われていましたが、本命のウナギとズガニ(モクズガニ)を狙いに狩野川に来られるのでしょう。今年は鮎を釣るなら中津川の方が有利ですが、ウナギとズガニについてはダムや堰のない狩野川の方が絶対に有利。仕掛けの研究も万全で、今季2尾目の獲物ゲットが期待されます。
f0103126_20023100.jpg

当日はマルパパさんと連絡を取って、それぞれが入る場所を確認します。結果的に私一人が少し離れた場所になり、お三方はいつもの御漁場付近に入川。この日も解禁日以上の混雑となりました。私はいつものとおり、3尾分のオトリ代を払って4尾スタート。「うー」が「へ~」であることに加えて、週末は混雑して動けないのが当たり前。3尾は持っていかないと、ただ竿を出しているだけの時間が長くなります。

先に入っている地元の方にことわって、そのシモに入れてもらいます。荒瀬は釣らないということで快諾。しかし私のように硬い竿を使っているわけではないので、掛かると20㍍以上下がるのでオトリを引き戻さなければなりません。これは私が後から入っているので当然のマナー。逆に後からカミに入るときは、シモの人に迷惑を掛けないで抜ける技量が前提となります。皆さん、しっかり覚えておいてくださいね!
f0103126_22575698.jpg

朝方は曇りで、気温が上がらないので鮎の活性もいまひとつ。こんな時間帯は無理やり掛けない方がよいのですが、悲しい性でついつい掛けてしまいます。その結果が3回連続して手元で「ぴょよよぉ~ん」。掛りが浅くてバレ連発・・・。貴重なポイントを三つも潰してしまいました。

これでオトリも弱ってしまったので、今季初めて狩野川で錘を打ちます。しかし錘を打たないと沈まないようなオトリでは、今の狩野川では掛かりません。この状態でも掛かる可能性のある底波をオトリを引きながら探し、そこでエビにならないように注意しながら野鮎が絡んでくるのを待ちます。そして10時過ぎに、やっと待望のオトリ交換。
f0103126_204485.jpg

当然ながら入れ掛かりなどありえませんが、オトリがきれいに泳ぐので今までとは期待度が違います。そして太陽が顔を出して気温が上昇してくると、当たりも今までとはまったく違って目印吹っ飛び。こうなるとバレの心配はありません。すぐシモに釣り人が入りましたが、曳舟を陸に置いているのでオトリ1尾のスーパー迷人。

すぐに1尾掛けますが、その後続けて2尾詰まらせて1時間で撤収。これで少し動けるようになりました。根掛かりする場所も見ていたので、その付近を避けるようにタイトに狙っていきます。鉄筋やコンクリートのような人工物が沈んでいるときは、掛かり鮎が走ったときに水中糸が引っかかることがないよう、ラインに強めにテンションを掛けておきます。

こんな感じで午前中の釣果は7尾。いつもは4尾くらいなので、まずまずのペース。しかし午後から釣る場所がありません。マルパパさんと連絡を取るも、どこも人が多くて動ける状態ではなさそうなので、午後も同じ場所で粘りました。しかし掛かる鮎は少なく3尾追加したのみ。そして最後にオトリを詰まらせて9尾でこの日は終了です。ハリ傷の状態から、朝方バレた鮎が午後1尾掛かりました。
f0103126_22542485.jpg

f0103126_2256080.jpg

夜は雨の予報なので、オトリ店の東屋を借りてこの日のメーン・イベント。私は車を運転して帰らなければならないのでノンアルコール・ビール。他の方々は泊まりなので当然ながらビールやハイボール等々。naoさん曰く、「ダメ鮎師の元」とも言われている「炉ばた大将」で烏賊、庄川の鮎の干物、ホルモン、ソーセージを焼き焼きして夜は更けていくのでした・・・。

翌日は「大仁温泉旅館組合」主催の「狩野川大仁鮎釣りチーム大会」が開催されるので、会場となる大仁橋~神島橋付近は避けたいところ。おまけに朝から冷たい雨。友人がどうしても釣りがしたいということで、前日型も数もそろったという噂の大見川に入ります。しかしここで見える群れ鮎はなぜか小さい。

友人に一番良い場所に入ってもらい、昼までに3尾掛けてオトリサイズが1尾。私は入る場所がないので、そのまま歩いて本流を川見。このエリアで竿を出したのは2回目ですが、あまりにも昔のことなので記憶が曖昧です。この時点では釣り人が2人しかいなかったので、修善寺橋までの区間をくまなく川見して竿を出しました。
f0103126_22545474.jpg

私の釣果は午前中4尾。いつもなら当然場所移動ですが、友人が動くのが面倒ということで午後は完全な暇つぶし。歩きながら護岸から観察すると、8寸クラスの群れ鮎が見えます。この群れ鮎の足が異常なほど早く、一箇所で食み続けることはありません。水面にさざ波ができるくらいいますが、それを見つけた釣り人がシモからオトリを逆上げすると、あっという間に逃げてしまいました。

群れ鮎がいた場所は砂底に石が点在する場所。本来ならシモの瀬肩や瀬で垢を食んでいるのでしょうが、釣り人が入ったことにより淵に逃げ込んでしまったものと思われます。朝方は淵にいるとカワウに襲われるので瀬に入り、昼になると釣り人に怯えて淵に戻るという行動を繰り返しているのかもしれません。同行の友人も、渓流魚なみの警戒心に感心していました。
f0103126_22532422.jpg

さていよいよ連休の最終日です。釣り人は相変わらず多いですが、土曜や日曜よりはましな感じ。最終日は昼で上がる人も多いので、午前中はマイナーポイント。午後からメジャーポイントを釣ることにします。午前中入った場所は今季初めて。大型はあまり望めませんが、浅場で午後からのオトリ確保が目的です。

朝から日が差しますが、冷たい北風が竿を煽ります。カッパを着てこなかったことを後悔するくらい風が冷たい。川の水が温かく感じたのは今季初めて。着実に秋が深まっているのを実感します。前日は友人と一緒だったのでオトリ2尾のスタートでしたが、この日はいつものとおり4尾スタート。
f0103126_2305014.jpg

↑背中からオーラを漂わせるmotoさん

狙いどおり、手ごろな大きさのメス鮎が掛かります。これをオトリにすぐに追加と思いきや、やっぱり掛かりません。狙っていた浅場を釣り人が歩いてしまったので、回れ右して右岸側の深場を狙います。そして卵パンパンのメス鮎を追加するも、あまりに身重で泳ぎません。

野鮎を引きすぎると弱るので、養殖2号を使います。ここからは養殖1号と2号を回していきますが、結局午前中は2尾という貧果で終了です。場所移動で信号待ちをしていると、帰途についたmotoさんが後ろに。途中で車を止めて、午前中の状況を聞きます。どこも厳しいようで、しかも北風は強まるばかり・・・。午後も厳しい釣りになりそうです。
f0103126_2021496.jpg

午後は尺鮎が狙えるメジャーポイントを見て回りますが、やはりどこも人で一杯。入れる隙間がありません。特に週末は気心知れたオトリ店の常連が良い場所に並ぶので、普通の間隔よりも狭いので近寄ることができません。しばらく人の動きを見ていましたが、人が上がっても次の人が待機しているような感じなのでこの場所を諦めます。そして午後もマイナーポイントにGO~。

「超硬」でなければ折れてしまいそうな強風の中、流芯のキワを引きます。しかしまったくもって音信不通。最近は釣れない時間が長いので、石に座ることが多くなりました。しかし「石の上にも三年釣法」で掛かればよいのですが、何も起こらないまま終わってしまうのが今年の狩野川。やはり釣れないなりに努力しないと報われません。
f0103126_2313176.jpg

瀬の中に立っている石のカミを通してまず一尾。それをオトリに逆上げして、目印が大きく飛んで二尾目。カミの人があまりの強風で切り上げたので、その場所の少しシモに移動して手頃なサイズを追加。立ち位置を変えて、吊るし込むような感じで立っている石裏を攻めて同じサイズ。

こんな感じで強風に竿を煽られながら、オトリに一番負荷が掛からない立ち位置に移動して狙った場所を釣っていきます。この日はシモからカミに吹き上げる風なので、獲り込みは風が竿を起こしてくれるので超~ラクチン。
f0103126_23102683.jpg

↑「伊豆牛」ブランドを持つ「ひらい精肉店」が大仁橋のたもとに新装オープン。しゃぶしゃぶ用の肉をおみやげに!

大型の鮎を獲り込むときは「吊るし込み」や「タモ掬い」をする人が多いですが、私は大きな鮎ほどしっかり抜いてタモ受けするようにしています。これはラインを掴めるまで鮎を寄せてしまうと穂先だけに負荷が掛かった状態になり、硬い竿の場合は不意に走られたときに竿の弾力が生かせないで身切れすることがあるからです。

「デカ鮎2尾がよくタモに納まりますね」という質問が多いですが、大鮎のときは掛かり鮎だけを狙うのがポイント。いずれにしても「フワッ」と抜くので、口掛かりでもない限りは、2尾ともタモに納まるものです。
f0103126_22551768.jpg

f0103126_22553764.jpg

では、九頭竜のような場所で伸され気味のときはどうするか?このようなときは一度「九頭竜返し」でカミに返し、戻ってきたところを抜いてタモ受けします。これが「TEAM Saogashira」の「秘伝書」第二巻です。

この日最大はオスだったので、最後に体高のあるメスをゲットしたいところ。この時期にメスが付いているであろうポイントをきっちり引いて、会心の当たりでメス鮎を獲り込んで少し早めに竿を畳みました。この日の釣果はぎりぎりツ抜けの10尾。毎度のごとく、撃沈コースまっしぐらです。

もはや消化試合とはいえ、ここまで数が出ないとやっぱり辛いです。しかし巷では景気の良い話もあるようなので、やっぱり私が「うー」が「へ~」なのでしょう・・・。目指すは「型も数も竿頭」でっせ!
f0103126_22474550.jpg

↑10尾釣ったら2~3尾に寄生しているのが見られます。酒匂川や那珂川の鮎でウオジラミ(チョウ)は見かけることがありますが、狩野川の鮎で目で見える寄生虫を確認したのは初めて。高温や渇水、放流魚の素性などが影響しているのでしょうか・・・

by scott1091 | 2012-10-08 22:46 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(8)

Commented by マルパパ at 2012-10-10 15:57 x
こんにちは
お疲れ様でした。またまたお世話になりありがとうございました。無理にお誘いしてノンアルコールでスイマセンでした。私は「釣れない君」まっしぐらですが、原因は「炉端大将」だったんですね。安心しました。
Commented by flymoto at 2012-10-10 20:43
こんばんは、お疲れさまでした。
えと。。狩野川ウナギさん50CMほどと小型ながら7月初旬に頂いております~~美味しかったです^^、今回はDさんがカニさんゲットで喜んでおしました。昨日帰り際にお会いした時にはもう狩野川は釣れないからいかない~~~なんで言っておりましたがどーも優柔不断な自分!^^L狩野川の釣れない釣りも気持ちいいなどとちょっとだけ思ってまして今週末悩み中です(笑)
Commented by scott1091 at 2012-10-10 21:45
マルパパさん、こんばんは!

お声掛けありがとうございました。ノンアルコールとはいえ楽しかったですよ~。私もnaoさんのブログを見て、思わず噴き出してしまいました。いまや鮎師の定番となった「炉ばた大将」。確かに昼に使うと釣果減少が如実に表れますし、尿酸値は急上昇して通〇まっしぐら。

マルパパさんの口癖は「体に悪いものが美味い」。確かにプリン体が少ないビール系飲料は美味くないですが、プリン体が多い少ないよりも一番悪いのはアルコールなんですよね!もちろん、一日が終わってからの一杯は止められませんけどねぇ・・・。q(*^O^*)p
Commented by scott1091 at 2012-10-10 21:49
flymotoさん、こんばんは!

先日はご一緒させて頂き、ありがとうございました。確かに早い時期にウナギをゲットされていましたよね~、失礼しました。修正しておきましたので、ご容赦くださいませ。(^‐^)ゝ

え~、また今週も釣れない狩野川に来ちゃうのですか?しかし優柔不断は歓迎致しまっせ!今週も激コミ間違いなしですが、ウナギとズガニは鮎よりも期待できるかもしれませんよ~。それにしても釣り姿が様になってきましたぞー。
Commented by kazchevy at 2012-10-11 18:18 x
土曜日はいろいろお話しできて楽しかったです。
残りの連休はデカイ錆びた鮎に飽きた事と下流で大会などあり混雑していることもあり、ミツルさんの所に2日間とも入り浸ってました。
25センチまでの若い鮎が釣れましたよ。
Commented by scott1091 at 2012-10-12 22:10
kazchevyさん、こんばんは!

車を見かけなかったのでカミだと思っていました。私も日曜にカミを考えましたが、友人の希望で大見に入りました。結果はブログに書いたとおりで、本流以上に場所ムラがあるようです。しかし今年の狩野川は、どんな感じでシーズンが収束するのかまったく読めません(〃^_^〃)
Commented by フェンウィック at 2012-10-12 22:19 x
狩野川は、富士山が見える川なんですか…。
河原での宴会も、きっと風情があって素敵なんでしょうね。

それにしても、何時もきちんと釣果を出すところはすごいです。
TOMOさんは、何かを持っている人なんですね。

フェンウィックは8日の釣りでは、ボーズで今年の釣り納めです。
TOMOさんのように、遠征でもしないかぎり自分の壁は破れないです。

来シーズンも、九頭龍でお会いできるのを楽しみにしています。
烏賊の釣行記も、楽しませていただきますね。
Commented by scott1091 at 2012-11-03 07:24
フェンウィックさん、こんばんは!

ご存知のとおり狩野川は、本州の太平洋側で唯一南から北に流れる川。伊豆半島を縦断して流れるため、基本的には両岸山に囲まれています。鮎釣りの対象とならない下流域では護岸から富士山が見えるところは多いですが、友釣りをしながら見えるスポットはおそらくここくらいです。

引退されて自由に動けるようになりましたら、全国に技術を伝承した鮎師を育んだ狩野川にぜひお越しくださいませ!そのときは隅から隅までご案内いたします。2012年鮎シーズン、お疲れ様でした。また来シーズンも、九頭竜でお会いできるのを楽しみにしております!