狩野川の試し釣りは、まずまずの結果だったのでは?

5月10日に実施された狩野川の試し釣りは、悪条件にも関わらずまずまずの結果だったと思います。予定されているDNA鑑定の結果が楽しみですが、釣れた魚のほとんどが人工産と思われることから、「よくぞ流されずに頑張ってくれた」というのが率直な感想です。

年々川相は悪くなっておりますが、敷き詰められた底石が作る起伏。そして水が澄むのが早い自然環境が、放流魚を守ったといえましょう。

狩野川漁協の発表によると最大重量が40㌘で、平均重量が30㌘。詳細データーを見ると「大見川年川合流付近4尾215㌘」、「大仁橋上流付近6尾405㌘」、「狩野川大橋付近6尾345㌘」、「神島橋付近4尾215㌘」、「大門橋付近2尾180㌘」となっていて、平均重量を計算すると53.8㌘、67.5㌘、57.5㌘、53.8㌘、90㌘。

これはいずれも最大重量の40㌘を上回っているので、このエリアは重量か尾数に間違いがあると思われます。この5箇所のデーターを除外して平均サイズを算出すると25㌘。これくらいが妥当なところなのでしょう。

このデーターから、今年は成長が遅れ気味であることは間違いありません。しかし前半の5~6月は狩野川でも放流魚がメーンとなるため、今まで入れた4.2㌧の放流魚が残っていることが重要です。その意味でこの試し釣りの結果に、私と同じように安堵している方も多いでしょう。

残念なのは、目下のところ天然遡上が少ないこと。遡上が遅れている可能性もありますが、私の定点観測ポイントの感じでは、昨年の同時期に比べて三分の一以下くらいのレベルだと思います。

by scott1091 | 2012-05-11 23:23 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(4)

Commented by きゃぷてん♪ at 2012-05-14 13:55 x
お疲れ様です。準備は万全でしょうか?いよいよ解禁ですね!試し釣り結果見て安心の反面、客足が偏る可能性があるのでしょうか?今年も一語一句?一挙手一投足?見逃さず勉強させて頂きますのでよろしくお願いします(笑)
ついでと言ってはなんですが、今年の解禁にはオジャマできそうにありませんので、ボクに遠慮なく釣って下さい!おかげ様で見慣れた狩野川の鮎の表情を楽しみにしています♪狩野川の鮎だけは、唯一顔だけ見て判別できそうに錯覚しています^^;
Commented by scott1091 at 2012-05-14 21:14
よっちきさん、こんばんは!

最新のアップにもありますが、私は解禁日を見送る予定です。鮎は川が開いてみないとわからないものですが、例年より狩野川が悪かったとしても、他に行く河川がないのが関東・東海地区の実情ではないでしょうか?相模川を除けばいずれも小河川ですし、収容力のある北関東はご存知のとおりですから・・・。

5月20日を貫いてきた興津川が解禁日を延期したため、初日の集客力は抜群だと思います。しかしここ数年は、一番乗りが裏目になったのが興津川。当然ながら逆のパターンもありえます。竿頭はそれなりの釣果になるでしょうが、かなりムラのある解禁になるかもしれません。杞憂に終われば結果オーライでしょう!
Commented at 2012-05-16 11:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scott1091 at 2012-05-16 20:21
鍵コメさん、はじめまして。

情報ソースがお一人となるとご迷惑が掛ることも懸念されますので、ブログ上では結論は言及しないことにします。

情報提供、ありがとうございました。