連休後半の三日目は、飲み物が1㍑必要な夏日!

連休後半の二日目は、どこも大増水なので家族で食事に。毎日美味しいものを食べて、ビール、ワイン、日本酒とこれまた進んで・・・。普通なら太るはずですが、ハードな釣行続きで体重は2㌔減。こんな生活を毎日すればスリムになれそうですが、体が順応すると体重が減らなくなるものです。
f0103126_22345575.jpg

f0103126_22351317.jpg

さて連休後半では、唯一天気が安定する貴重な一日。中途半端に登っても、まだ増水していてフライでは勝負にならないので、普段は水が少ない場所を目指します。しかし車道から見える川は、予想以上の増水で濁りもきつい。それでも歩き始めれば水も澄んでくると高を括って颯爽と出発しますが、これがどっこい行けども行けども濁り水量ともに落ち着きません。

普段は膝下くらいの流れが激流と化し、沢筋の遡行はかなり難儀しそうな感じ。念のためザイルとカラビナをリュックから出して、他の荷物は濡れてもよいように防水パッキング。目的の取り付きまで行くのに、すでに下半身はずぶ濡れ。天気が良いとはいえ、まだ5月。濡れるとかなり寒い。
f0103126_22353968.jpg

おまけにF2の取っ付きは完全にシャワークライム。これを見た瞬間、ここから上は連休後半の入渓者はいないとほくそ笑むも、全身ずぶ濡れになるのは必至です。水圧があるので久々に緊張しながら中段まで登り、そこから草付きにトラバースしてクリアー。水量がある渓流は、やはり楽をさせてもらえません。

ここから上は巻き道が使えるので、やっと竿を出します。しかしこんな源流でも、水量が多くて壺はほとんど洗濯機。ヤマメやアマゴならともかく、イワナが水面に反応するわけがありません。釣り半分、GPSの精度確認半分といった感じで、5月としては暖かい渓流を歩きます。
f0103126_22365132.jpg

この日は早い時間に釣りを切り上げて、帰りはGPSを利用してバリエーション・ルートの開拓。すでに精度は確認しているので、地図とコンパスを併用しながら比較的緩やかな尾根を上がります。途中かなり痩せ尾根になるところもありましたが、狙っていたピークに無事到達。

緩やかなピークなので踏み跡を探していると、後方からベルの音が聞こえます。よもや山ガールかと期待しましたが、こんな場所でお会いするのは縦走中の登山者くらい。これでルートが確認できたので次のピークまで踏み跡を辿り、そこからすでに開拓済みのバリエーションルートを使って降下します。
f0103126_2237570.jpg

車に着いたときはもうヘロヘロですが、濡れた服はすっかり乾いていました!
まったくもってよくやるぜー、って感じ・・・。
やっぱり歳には勝てませんなぁ~。007.gif

by scott1091 | 2012-05-05 21:47 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)