釣り以外のもう一つのこだわり!

この歳になると本や日用品を除けば、新たに買うものは釣り用品くらい。仕事で着る服で気をつけているのはシャツの袖口や襟の傷みと、靴をきれいに保つことくらいなので、傷んだら妻が買い換える程度。釣りで着る服は機能優先ですが、週に二日しか着なければ頻繁に買い替えが必要になるものではありません。

こんな一般的なオヤジですが、実はもう一つこだわっている物があります。それは買い換える頻度は非常に少ないですが『車』。さすがに購入してから別途改造にお金を掛けるような年齢ではありませんが、車種の選定やオプションにはかなりこだわります。しかしこだわりのポイントは走りに関するものがほとんど。一般的なドレスアップなどにはあまり興味がありません。

今の車は欲しい型式がマイナーチェンジ後だったので、走行距離19㌔で1年落ちの新古車を遠方から引っ張りました。この車で手を入れたいと思っていたのはキャリパーでしたが、メーカーのオプションは見た目は良いけれど純正ホイールには対応せず。チューニングパーツメーカーのものは適合しますが、フロントとリアをあわせると60万円もするのでとても買えません。

こんな感じで月日が流れましたが、現在この車に乗っているのはもっぱら妻。通勤に車は使いませんし、近場の釣りは駐車スペースや車高の関係で軽自動車ばかり。したがって遠征にいくとき以外は、私が乗ることがありません。ホイールが大径なので、どんなタイプの縁石でもガリ傷がつくので、妻は慣れるまで大変でした。その前の車がタイヤが大きい四駆でしたから・・・。
f0103126_22274724.jpg

そんなこだわりの車ですが、すでに3回目の車検。ディーラーも私のこだわりを知っているので買い替えは一切勧めませんし、私も車体がでかくて足回りがマイルド過ぎる現行モデルにはまったく興味が湧きません。そこで現在の車を少なくとも後6年乗ろうと決めたわけですが、型式がチューニングパーツメーカーのラインアップから外れるのもそろそろ時間の問題です。

そんなときに期間限定の半額セールとなれば、もう買うしかありません。こんな経緯から、今回は気になっていたマフラーに交換してみました。もちろん車検対応品。音質は違うものの、音量は純正より少し大きいくらい。軽く構造的に抜けが良いのが魅力です。

妻の運転なら燃費が向上。私の運転なら低回転から粘りのあるトルク、そして高回転までストレスなく続くパワーを実感できるはず・・・。私はまだ運転していませんが、妻は車の走り出しが軽くなったと言っています。鮎シーズンが始まるまではもっぱらママ・チャリならぬママ・カーではありますが、週末は釣りが忙しいのでいたし方ありません。

7年経過すると通常のメインテナンス以外にも、ドアのウェザーストリップなどの交換が必要。おまけに飛び石でフロントガラスまで交換することになりましたが、これからも大切に乗りたいと思います。
f0103126_2228387.jpg

by scott1091 | 2012-04-02 22:28 | | Comments(0)