今シーズン(2011秋~2012冬)ついに閉幕です!

次の週末は3月となりますので、私のアオリシーズンは今週で閉幕。気持ちよく終わりたいところですが、状況はかなり厳しい。海水温は徐々に下がっており、沖の観測ブイでも15℃台。データによると水深1㍍から35㍍までほぼフラットなので、釣り場は14℃あればよいところでしょう。

潮回りは月齢3.2~4.2の中潮。釣りの時間帯は上潮なので浅場でも問題はありませんが、やはり気になるのは海水温。しかしどこも大差はないので、人がいない場所に入りました。2月に入ってからは土曜の方が空いています。また河津桜が開花しているので、日曜の宿泊客も増えてきました。

日曜の泊まりは割安になっていることが多いので、利用される方が多くなってきましたね~。このまま毎日サンデーの人が増加すれば、休日料金が撤廃されるのも時間の問題のような気がします。日本人の年齢構成と釣り人の平均年齢からすれば、10年後は週末の混雑は確実に緩和されているはずですが、加齢とともに釣りに行く気力がなくなってしまう人も多いのでしょう、きっと!
f0103126_20444065.jpg

さて土曜の天気予報は雨。朝から降ったり止んだりですが、夕方は確実に降りそうです。雨が降り出せばベタ凪になると読んでいましたが、実際の天気はまったくその逆。最初は冷たい雨が降り始め、それが粉雪に・・・。これで濡れなくて済むと思っていたら、風向が変わって爆風となり、おまけに温かい雨となって本降り・・・。

この間に当たりが2回。1回目はヤエンを送っているときに、何の前触れもなく「クンッ」でThe End。2回目はヤエンを掛けたものの、ギャフを打とうとした瞬間に身切れ。キョトンとしているアオリにとっさにギャフを打つも、これまた腕の浅掛かりでGone。この日はこれで終了です。当たりがあって〇ーズだったのは今季初。情けない結果となってしまいました。

翌日着ていたフローティングベストや車を確認すると砂埃だらけ。温かい雨と一緒にかなりの黄砂が降ったようです。私は竿を仕舞うときは、真水を霧吹きでスプレーしてから拭いて仕舞いますが、この状態でそのまま仕舞って翌日竿を継ぐと、気が付かないくらいのレベルで砂噛みするので気をつけましょう。これは潮を被った状態で竿を仕舞ったときも同様です。
f0103126_20451183.jpg

日曜はシーズンをダブル・〇ーズで終わるかの瀬戸際です。釣り場に着いたときは、ほぼベタ凪。いつもより早めに行ったので、目的の場所には入れました。しかしその後は続々とヤエン師が増えてきます。私を入れて5人が、アオリからの当たりを待ちます。しかし海水温は前日よりもさらに低下。すっかり暗くなっても、全員アオリからの反応なし。

違う場所に入った友人に電話すると、まったく反応がないとのこと。しだいに右からの風が爆風となりますが、この日の潮はアジが沈むので望みはあります。アジの泳ぎを確認する竿が煽られるくらいの風ですが、ここで何とか当たりを出しました。かなり小さいですが、この海水温ではこれ以上のサイズは望めません。

これを慎重に獲り込んで、ダブル・〇ーズは免れました。その後はウツボの当たりでアジを消費するのみ。友人から切り上げるとの電話と同じ頃、私も終了となりました。この日釣果があったのは私だけなので、最終日に釣れたことに感謝したいと思います。
f0103126_2048592.jpg

これにて、今シーズンのアオリスト編は終了です。2月の釣果は、8日間で12杯。非常に厳しい釣況ですが、海中が真冬を迎える2月はこんなものでしょう。2月に入ってから、釣果がある人はあまりいません。そんな状況にもかかわらず伊豆周辺で冬にヤエンをする人が増えたのは、少なからず私の影響があるのでしょう。5年前に始めた頃は、昼はグレ、夜はヤリイカ狙いの人しかいませんでしたから、この時期は!

〇フローティングベストは必ず着用しましょう!
〇足回りはしっかり固めましょう!
〇ゴミは必ず持ち帰りましょう!


しばらく海を離れるにあたり、皆様にあらためてお願いしておきます。040.gif
f0103126_20425717.jpg

↑ariariさんから頂いたメダイ。「西京漬け」と「味醂干し」で!
f0103126_20431857.jpg

↑マルパパさんから頂いた自然薯。「磯辺揚げ」と「とろろ汁」で!
f0103126_20434557.jpg

f0103126_2044626.jpg

by scott1091 | 2012-02-26 20:41 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by ariari at 2012-02-29 22:14 x
アオリ釣りお疲れ様でした。当方は海水温が例年より高く推移していますが、やはり下がるものは下がってくれないといけないようで、イワシなどのベイトが入らずナブラ打ちなどは出来ない状態ですしヤリイカもダメ、アオリもイマイチのようです。この高水温で元気なのはメダイくらいのもので6号ハリスも切って行く輩も居ますが、さすがさすがに毎回毎回メダイだと。。。(笑)。
Commented by scott1091 at 2012-03-02 07:12
ariariさん、先日はメダイありがとうございました。

下処理して頂いたので、とても助かりました。西京漬けとお勧め頂いた味醂干し。そしてアラはいつもの塩焼きで二日分のおつまみになりました。脂があるのかないのかわからない身質がメダイの特徴ですが、私は子供の頃から大好きです!

さて今週からいよいよ渓流シーズンですが、山は昨日の雪がかなり積もっています。気温が低いので温かい雨が降るまで融けないでしょうし、気温が上がると雪代が入るので当分は厳しい状況が続きそうです。里川や本流は虫が出れば何とかなりそうですが、釣れても混雑するのは性に合いませ~ん。

釣果がともなわなくても、色々な釣り物があるairariさんが羨ましいぞー!