一番性能にこだわる家電はなぁ~に?

昭和の「三種の神器」と言えばテレビ、洗濯機、冷蔵庫。テレビ放送が始まる前は、テレビではなく炊飯器や掃除機がカウントされていたようですが、いずれも現代においても不可欠なものばかりです。

これらの家電は結婚を機に、揃えたり買い替える人が多いと思います。我が家もまさにそうなのですが、電気製品は年月とともに故障するもの。修理できるものは直してきましたが、我が家の家電寿命は洗濯機と冷蔵庫が15年、炊飯器が10年、掃除機とテレビが7~8年くらいです。

最近は節電を意識して壊れる前に買い換えたり、日進月歩するテレビはかなり早い周期で買い換える人も多いでしょう。しかし我が家の場合は、極端に能力が低下しない限り使い続けています。そんな感じではありますが、今回の買い替えとなったのが炊飯器。そう、我が家で一番性能にこだわる家電なのです。

今までのものも使えないことはないのですが、炊飯器の蓋に亀裂が入ったことにより圧力制御がうまく機能せず、炊き上がりにムラが出てしまいます。使い始めて9年。この間に内釜を1回交換しましたが、そのときの最上位機種だったこともあり、とても重宝してきました。
f0103126_2212213.jpg

ご飯は毎日食べるものなので、我が家はお米にもこだわっています。例年、九頭竜の最終釣行のときに、新米を玄米で30㌔×3袋=90㌔積んで帰ります。他にも毎年新潟から新米を玄米で60㌔取り寄せます。ちょうどこれらが終わる頃には気温も上がるので、それ以降は保管による劣化を考慮して精米したものを買います。

そしてお米にこだわるなら、当然ながら炊飯器にもこだわりたいところ。しかし最近の炊飯器は、驚くほど高いものがあります。今回も最上位機種にこだわりたいところですが、ちょっと怯んでしまうレベルでした。

しかし10年使うと思えば、5万円違っても年間5千円。安い居酒屋でも二晩飲めばチャラ。しかもほぼ毎日使うものなので、その差は一日15円弱。ヤエンで使うアジ代や鮎で使うオトリ代を考えれば、この差は無いに等しいでしょう。emoticon-0144-nod.gif

ということで躊躇している妻の背中を押して、今回も最上位機種にしました。使い勝手を考えて、同じ象印の「南部鉄器 極め羽釜 NP-SS型/136,500円」。上位機種には他にも「極め羽釜 NP-SB型/115,500円」があり、こちらは割引率も大きいので割安感がありましたが、やはり内釜は「鍛造アルミ」ではなく伝統工芸品の「南部鉄器」でしょう。
f0103126_21225739.jpg

「炊飯器にそんな金出すかよ」と思ったあなた!
そう、あなたです。

鮎竿は10年も使えないことが多いですし、シーズンが長い人でも5カ月。しかも週末だけとなれば、その稼働率の差は歴然。鮎竿で恩恵を受けるのは自分だけですが、炊飯器は家族全員が対象です。これを読まれたあなたも、買い換えの時期になったら奥様のプレゼントに、一つ考えてみてはいかがでしょうか?

えっ、炊飯器のプレゼントじゃぁ~奥様は喜ばない?
そういうご家庭が多いのかしら・・・。emoticon-0107-sweating.gif

白米の「もちもち度」は5段階設定。これ以外にも「すしめし」、「おかゆ」、「おこげ」と自由自在。「おこわ」の性能もアップしているようで、100%もち米で炊いた赤飯も以前のものより美味しく感じます。機能は同じなので「NP-SS型」と「NP-SB型」では違いを感じないかもしれませんが、こればかりは両方買ってみないと比較ができないのでご容赦くださいませ!

ご飯は冷えたときに、その違いがさらにはっきりするもの。まもなく渓流シーズンが始まるので、今からおにぎりが楽しみです!emoticon-0105-wink.gif

by scott1091 | 2012-02-07 21:23 | 家電シリーズ | Comments(8)

Commented by Q at 2012-02-07 23:51 x
TOMOさん ごぶさたです。
いつも、楽しく読ませていただいております。
ハイエンドモデルの羽釜ですか。
よいですな~。 確かに味は美味しくなるように感じます。
オラとこも蓋の一部がネズミにかじられそろそろモデルチェンジ
したいとこなんすが・・・先立つ・・・
あんまり言うと庄V竿の予算を回されそうで怖い。
きょうこのごろであります。
Commented by scott1091 at 2012-02-08 21:15
Qさん、こんばんは!

auさんのところで、ラーメン談義拝見しておりますよ~。私もラーメンは大好きですが、なかなか食べる機会がありません。というか、釣りに行く道中にいくつか繁盛しているお店があるのですが、並んでいるのを見ると入る気になりませぬ~。

炊飯器は色々見ましたが、湯気が出ないとか、匂いがもれないとか、ちょっと疑問に感じる機能も多いですよー。お店の説明では、高価な家具を置いている人とか、つわりの妊婦さん、炊き上がる前の匂いが嫌という人も多いとか・・・。

性能的なキモは内釜のようで、構造や材質、コーティングでメーカーに特色があります。材質は熱伝導率の良い「銅釜」、「鉄釜」、「炭釜」、「土鍋釜」などがありました。鮎竿の予算が事業仕訳けされては困りますが、各メーカー品を前にして解説を聞くと、さながら鮎フェアで竿を選んでいる感じです!(笑)

「庄V竿」のデザインですが、「金」・「銀」ラインで決まりました。「征龍竿EM」の「金」・「金」ラインの評判が良いので、気に入って頂ける方々も多いと思います。
Commented by そーさん at 2012-02-09 01:00 x
あぁ~~  良いなぁ 僕も炊飯器の買い替えを検討してて、タイガーや象印に電話して相談しました。 我が家では一日に2合しか炊きません。 それを言ったら 5.5合炊きより3合炊きを薦められました。
3合炊きは納得出来そうなスペックじゃないので止めました 10年前に購入した物を未だに使ってます。 僕の実家は田舎なので高校生の頃迄、かまどでマキを使って炊いてました 大変でしたがその時のお焦げの味が忘れられません。 TOMOさんと同じいのが 欲しいぃぃ~~
Commented by ariari at 2012-02-09 11:30 x
高級炊飯器いいですねぇ~。我が家も少しは米にうるさく、農家の友人から減農薬米を玄米で分けてもらい、冷暗所で保管、炊くつど精米しています。しかし我が家は月に30キロ消費(我が家には私以外に子供3人+43年生の横に育ち盛りが約一名居る為)するため小さな炊飯器だと足りません(爆)。ハイエンドモデルでも一升以上炊けるモデルがでて欲しいところです。おこげモードで鯛飯炊いたらうまいでしょうねぇ~。
Commented at 2012-02-09 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scott1091 at 2012-02-09 22:12
そーさん、先日はどーもぉ~。

考えることは一緒ですね!今回3合炊きの炊飯器も一緒に見て回りました。しかしそーさんのご指摘のとおり3合炊きは品揃えも少なく、各社技術を競っているの5.5合炊きのみ。さらに少子高齢化が進めば、3合炊きがメーンになるのかもしれませんけど・・・。

我が家はお弁当の関係で、朝と晩に分けて2~3合づつ炊くことが多いのですが、寿司飯や炊き込みご飯、赤飯となると4合となります。消費電力の問題はありますが、2~3合でも炊き上がりに違いは感じませんよー。逆に言えば、それが最新技術というものですよね~。

私が物心付く頃はすでにガスで炊いていましたが、ジャーがなかったので帰りが遅い父のために、母はお櫃を布団の中に入れて保温していました。早く寝る子供にとっては、布団が温まって冬は湯たんぽ代わり。あの頃が懐かしいですなぁ~。
Commented by scott1091 at 2012-02-09 22:14
ariariさん、こんばんは!

せっかくの玄米でも、保管に注意しないとてき面に味が落ちますものね。しかし一升くらい炊くのであれば、どんな炊飯器でも美味しく炊けるのではないでしょうか?育ち盛り4人(^_^;)にお腹一杯食べさせて上げるためにも、一家の大黒柱はまだまだ気張らなければなりませぬぞー。e(^。^)g_ファイト!!

ところでJAのコイン精米機。かつては10㌔100円だったのに、最近は8㌔100円となっています。いちいち計って持っていかないといけないので大変ですわぁ。しかも10㌔も30㌔も8の倍数にするには、4袋単位となりますから・・・。

この炊飯器は「玄米」メニューがあるので、これから半端はそのまま炊くつもりですが、やはり最大の魅力は「NP-SB10型」とは異なる、パリパリの香り高いおこげができる「かまど極め」メニュー。鯛飯も追々トライしてみますね!
Commented by scott1091 at 2012-02-09 22:22
鍵コメさん、了解です!

ちなみにお釣りがくるのは「BB-Xデスピナ」の話。
「競技」であれば穂先だけでも3倍です。(笑)