こんなときのための「四駆+スタッドレス」!

金曜に降った雪により、峠はどこも積雪と路面凍結注意の警告。加えて海水温が下がっているので、二十四節期の大寒に釣りに行く友人はおりません。しかし私は所用で日曜は釣りに行けないものの、土曜は元気に出漁です。

潮回りは月齢27.4の中潮。最新の海況速報では海水温は15℃台。海況速報はNOAAの気象衛星のデータを基に作成されるので、雲が多いと正しいデータが取れないし、肝心の週末は発表されません。

そこで最新の海況速報から一週間くらいを遡って、海水温の変化や暖水舌(だんすいぜつ)の動きを分析します。この時期に海水温を上昇させる要因は黒潮の流入だけなので、これが一番のポイント。そして私の分析結果は、この週末は17℃くらいまで上昇しているはず!
f0103126_2314640.jpg

しかし気温は低く峠は積雪。しかも帰りは路面凍結の可能性が高いとなれば、普通の人は怯むもの。このような状況は年に1~2回くらいしかないので、そんなときは釣りを諦めるというのも選択肢ですが、私のような身分では貴重な週末は逃せません。こんなときも躊躇うことなく釣行できるよう、私の車は「四駆+スタッドレス」。

悪天候なので、当然ながら釣り場は空いています。気合いが入ったフカセ釣りの人達も、路面凍結が心配ということで皆さん早上がり。これから雨の予報なのも、逸る気持ちに拍車を掛けるのでしょう。そんな中、一人釣り場に向かうのは私だけ。これで海水温の読みが当たっていれば、それだけでもう最高です。

さっそくアジ缶の海水を入れ替えるときに測ると、な~んと17.5℃。ここまでの読みはパーフェクト!これで日が暮れて読み通りの風向・風速に落ち着けば、釣果は保証されたようなもの。しかし局地的な前線が発生しやすい荒れ模様なので、実はこれが一番難しいところです。
f0103126_23142362.jpg

そしてその不安が的中して、予想とはまったく反対方向から強烈な風が吹き始めます。しかし強い風は局地的には長く続かないので、おそらく雨が降り始めれば落ち着くはず。その落ちついたときの風向・風速が問題です。そして雨が降り始めると、な~んと一番嬉しいCalm。当然ながらすぐに当たりがあります。

防水性の防寒着とフローティング・ベストを着ているので、多少の雨はまったく問題なし。幸先の良いスタートで適度に体も温まり、いよいよ地合いの到来です。この日の当たりは最初は居食が続きますが、後半はアオリとは思えないような当たりも2回・・・。青物系の間断のない早い走りなので、一度レバーを握ってライン放出を止めます。

竿できくとアジが付いているのでそのまま放置すると、ゆっくりと穂先が入りました。最初からアオリだったのか、それともアオリに乗り変わったものなのか?2回とも同じパターンだったので、やはり最初からアオリだったと考えるべきでしょう。
f0103126_23143114.jpg

こんな楽しい時間を過ごし、当たりがなくなってふと気が付くと、雨はいつのまにか土砂降り。これなら路面凍結の心配はありませんが、袖口から徐々に濡れてきました。残りのアジも泳いでいる2尾だけとなったので、墨袋を除去してあるアオリを急いで捌きます。捌いている途中で1本の竿が当たりますが、あまり大きくないので作業を優先。

そしてヤエンを入れようと竿できいてみると、どうやら違うイカのようです。久々にアオリ以外のイカ刺しが食べれそう。ヤエンを入れて上がってきたのは大きなジンドウ。しっかりとアジの頭を落としていました。この竿を片付けていると、もう一方の穂先がゆっくりと入ります。

これはアオリなのでラインが根に巻かれないよう処理して、これまた撤収作業を優先。この頃になると、ヘッドライトに照らし出されるのは雨、あめ、アメ~。荷物の中身が濡れないように道具を収納していきますが、これだけの雨脚だともはや限界・・・。
f0103126_23144192.jpg

まだアジの頭を落としていないと思われるので、少し楽しめるようテンションを掛けて走らせます。そして距離にして40㍍くらいのところで走りを止めてヤエンを入れます。雨でヤエンの灯りが見えにくいので光軸を広げると、驚くほど明るくなります。神経質なアオリならこの状態のヤエンが近づくとアジを離しますが、この日のアオリは活性が高いので問題なし。

これをさくさくっとゲットして、この日の釣りは終了です。
結果は当たり6回で、5杯+リリース1杯のパーフェクト・ゲーム。
キャッチ・サイズは400~1,035㌘でした!

by scott1091 | 2012-01-21 23:16 | アオリスト(Aorist) | Comments(4)

Commented by そーさん at 2012-01-22 00:31 x
ひえぇ~ そちらも降ったのですね(^;^)
 走行はくれぐれも気をつけて下さいね! スタッドレスは5年目から極端に性能が低下するので 製造年月日も見てください。
 全てのタイヤに製造年 月 週が刻印されてます。。。。。
 ありゃ~ TOMOさんは承知でしょうね:::::::
Commented by scott1091 at 2012-01-23 20:52
そーさん、こんばんは!

寒い日が続いていますが、雪が降ったのは山だけですよ~。平地なら周年スタッドレスは必要ありません。私の場合は1~2月のヤエンシーズンの峠の雪and/or路面凍結。そして3月の渓流シーズンの山での雪やスタックに備えて四駆に乗ってます。軽カーなのに燃費が悪いですが、やはり安心には変えられません。

苦い経験があるので、普通タイヤもスリップサインが出る前に履き替えています。雪のない地方は、ちょっと降ったりするとチェーンやスタッドレスはすぐに売り切れ。タイヤはBS派なんですが、そんな理由でYHの「3X IG30」を2010年12月(同年46週製造)に購入しました。

どんな装備でも運転に過信は禁物。AE86を駆る名ドライバーだった、そーさんの言葉は重いです。今後もアドバイス、よろしくお願いします。m(_ _)m
Commented by n at 2012-01-23 22:45 x
FF+ノーマル 手も足も出ません。
海水温は17度 なんとしても出撃したいのですが さて何とかしなくては。
あまりににも暇なのでヤエン2セットリサイクルしました。
W→シングルに、三丁目の夕日のごとく 爆発寸前です。
何とかブログを更新したい。
Commented by scott1091 at 2012-01-24 21:49
nさん、こんばんは!

また山はかなり降りましたね~。上空の寒気流入に加えて週末まで雨が降らないようなので、雪は融けないし濡れている路面は凍結必至。陸上にいる人間は超~寒いです。私は3月からフライに移行するので厳しい条件でも行きますが、普通アオリはこの時期はお休みでしょう。

ヤエンを作りながら、ゆっくりと春を待ちましょう。それまでの情報収集は、私がきっちりとやらせて頂きます。(^-^)ゝ ラジャ!