「Moon Power」炸裂せず…

この週末は月齢13.4~15.4の大潮、月に一回訪れる満月です。釣り場で夕方を迎えると、冬至を過ぎて徐々に日が長くなっているのが実感できます。この時期は日の出時間はあまり変わりませんが、日の入時間は一日に1分くらいづつ延びています。街で生活していると気にも留めませんが、こんなことが実感できるのも自然を相手にする釣りの魅力。

今週は日曜に所用があるので、土曜と月曜の釣行になります。この三連休はいずれも強風が吹く天気図ではありません。経験的に、月が大きいときは明るいうちは当たらないもの。しかし地合いが過ぎてもダラダラと当たるので、土曜はいつもよりアジを多めに買います。

友人と連絡を取り合いながら場所を見て行きますが、少し西寄りのうねりが残っています。それぞれ入る場所を決めて、明るい時間からアジを泳がせます。私は予想外に一投目からアオリが乗ってきますが、それを獲り込んでからはまったく当たりはなし。時々BB-Xを鳴らすのはウツボだけ。

こんな時間がしばらく続きますが、地合いになると忙しくない程度のペースで当たります。しかし残念ながら、重量感のある当たりはなし。当たったアオリはパーフェクトで獲り込みますが、このサイズでは「ハラハラどきどき」がまったくありません。
f0103126_7275667.jpg

山間から月が海面を照らすようになり、次こそ大物と期待しますが、結局はウツボのラッシュとなってこの日は終了です。当たり5回で5杯のパーフェクトでしたが、最大が700㌘という残念な結果でした。

そして月曜は干潮時間が少しづつ遅くなっているので、比較的浅場を選びました。浅場の魅力は明るいうちから当たってくること。しかし干潮になるとウツボのラッシュになるので、早い時間でアジを終わらせたいところです。

目的の場所にはヤエンが二人いたので、今季初めて入る場所に。満潮に近いので水深は十分。本命は左コーナーになりますが右コーナーも捨てがたい感じなので、まずは潮の流れを確認するために左側で竿を出します。アジが右側に流されるので、右側にもう1本竿を出して様子を見ます。

そして後から出した竿にすぐに当たり。あまり走りませんが重量感はキロクラス。距離にして30㍍くらいなので、この時点では楽勝だと思いました。ヤエンを投入して、いつものようにラインをハリハリで送ります。そしてそろそろヤエンが到達する頃、「クンッ!」という感触とともにアジを離しました。008.gif
f0103126_885185.jpg

↑ハーケンを上手に利用しましょう

手早くヤエンを回収して死にアジを投げますが追い抱きなし。それではということで、活きアジに変えて同じ場所に投げると、ラインを張るのと同時くらいに乗ってきます。重量感から判断して、まったく同じアオリ。かなりスレているようなので、アジの頭を落とすまで待ちます。この間も居食いで、ほとんど走りません。

十分な時間を置いてヤエンを入れると、今度はヤエン到達寸前で猛烈に走ります。20㍍くらい走ったところで、またもや「クンッ!」という感触を残してGone。アジの頭がないので、その距離までは投げ直せないので、手早く活きアジに交換してフォローの風に乗せて遠投します。

ラインを張ってアジの動きを確認すると、もう乗ってます。このアオリ、どのくらいヤエン師の魔の手から逃れてきたのでしょうか?もう一方の竿はまったく当たらないので、同じアオリを相手にしているのは間違いないでしょう。

ヤエンを入れなければ抵抗しないので、まずは30㍍くらいまで寄せます。そこでじっくりと頭を落とすまで待って、今度はヤエンを一回沈める感じで近づくスピードを遅くします。この方法でもまさかの「クンッ!」。これで同じアオリにアジを3尾食われたことになります。007.gif
f0103126_88593.jpg

アジが残り少なくなってきたので他のアオリを狙うことも考えましたが、ここまできたら絶対にこのアオリを獲りたい。同じ場所に4尾めの活きアジを投入すると、これまたすぐに乗ってきます。ヤエンを見られなければアジを離すことはないので、今度は水面直下まで浮かせて、ヤエンが着水したとほぼ同時に掛かる方法で攻めたいところ。

しかしこのアオリなかなか走ってくれないので、浮かせるのに苦労します。ヤエンの灯りが認識できるくらい暗くなってきたので、こんどは勝負になるかも・・・。そしてヤエンの灯りが水面に入るとほぼ同時くらいに、やっと掛かりました。アジを4尾使って釣り上げたアオリは1,100㌘。内臓を出したらミンチ状のアジがパンパン。これを除けばちょうどキロくらいでしょう。

このアオリに熱くなっていましたが、もう一方の竿にはヤエンを入れる気にもならない小物。これはすぐにアジを回収して、地合いを逃さないように活きアジに交換。しばらく当たりのない時間がありますが、今度は2本同時に当たりました。ともに重量感はキロクラス。

すでに暗くなっているので、いつものペースでヤエンを投入しますが、このアオリも一筋縄ではいきません。ヤエンが近づくと走ること走ること。すでに投げてもアジが届く距離ではないので、これで決めないとこのアオリは獲れません。ラインは60㍍近く出ていますが、ラインを回収するより出ている量の方が多い感じです。
f0103126_22513723.jpg

↑穂先がゆっくりと入る居食い

すでにヤエンの灯りは見えませんが、この距離になるとヤエンが到達していないのを前提にやりとりするしかありません。時間的にはまだ余裕があるので、焦らないで巻いては出されを繰り返しながら、少しづつ距離を詰めていきます。そして遥か遠くにヤエンの灯りが見えたのを確認してから、安心してレバーブレーキをしっかり握ります。これで勝負あり。

このアオリは1杯目より少し大きいサイズ。もう一方の竿が時間切れになるので、ヤエンを素早く洗ってすぐに投入。すでにアジの頭は落とされていると思われるので、大胆にヤエンを送ります。そしてヤエンが到達する寸前にまさかの「クンッ!」。

ここのアオリは、本当に超~スレスレ。いつも必ずヤエンの人がいるのは確かですが、ここまでスレさせたのはいったい誰なのでしょう?釣り人が多いわりに、墨の跡が少ない理由がよ~くわかりました。アジを回収するとすでに頭がないので、投げ直しても届きません。

すでに活きアジは終わっているので、頭がまだ付いている死にアジを投げ直します。最近は「死にアジ=ウツボ」となるのですが、アジが着水すると同時に乗ってきました。重量感から判断して、これも同じアオリ。もう一方の竿も死にアジを投入しますが、こちらはすぐにウツボです。
f0103126_22514760.jpg

頃合を見計らってヤエンを投入しますが、このアオリも一筋縄ではいきません。頭の残っている死にアジはもうないので、これを逃せば終わり。 ヤエンが近づくと走りっぱなしになりますが、それをいなしながらひたすらヤエンを送ります。

そして前のアオリと同じパターンで何とかゲット。これが900㌘。この日は前日と違ってサイズが揃いましたが、3杯のアオリに翻弄されてしまいました。友人からここのキロ物はともかく手ごわいと聞いておりましたが、本当に手ごわい。当たりはあるけど、獲れても小型ばかりというのがよ~くわかりました。

釣ったアオリを捌いてちょうど引き上げる頃、やっと山間から月が出ます。隣の釣り人はこれからという感じですが、おそらく待っているのはウツボのラッシュ。すでにアオリの地合いは終わりだと思いますが、残念ながら釣果はなかったようです。

三連休の最終日にも関わらず釣り人は多かったですが、道路はが~らがら。予想以上に早くアジが終わってしまったので、夕食に間に合う時間に帰宅しました。手ごわいアオリは釣り人を熱くさせますが、ちょっとスレ過ぎでしょう。海水温が下がるとさらにシビアになるので、ヤエンの人はあまり教育しないでしっかりゲットしてくださいよ~!001.gif
f0103126_7421994.jpg

↑マルパパさんから頂いた自然薯。大好物のとろろ汁で!

by scott1091 | 2012-01-09 22:51 | アオリスト(Aorist) | Comments(4)

Commented by ヘルニア at 2012-01-10 23:38 x
TOMOさん こんばんは~
今年も宜しくお願いしますね~

そんな何回もアタックして来る様な 獰猛なアオリ・・・
うちのグレ吉君にも、頑張って欲しいですね~
『しっかり せい!』 って言ってやりたい

・・・『オマエもな~』ってね~ 今年もがんばります
Commented by ariari at 2012-01-11 21:00 x
お疲れ様です、私もやっと7日に初釣りでしたが、意外に強風で沖出しは無理で近場でイトヨリと遊んでました、が!幻のシロアマダイまさかのゲットでした、初釣りで今年の運をすべて使ってしまった感じ。。。
Commented by scott1091 at 2012-01-11 22:04
ヘルニアさん、今年もよろしくお願いします!
それとお嬢様の成人式、おめでとうございます。

アオリはヤエンが接触しなければ、かなり高い確率で再びアジを抱いてきます。したがってヤエンの根掛かりを覚悟するなら、離されてもしばらく待っている価値はあります。私はヤエンの方が大切なので、即回収して投げ直していますけど・・・。(笑)

今年こそ「でっかいグレ吉君」、ばらさないでくださいよ~。
Commented by scott1091 at 2012-01-11 22:05
ariariさん、こんばんは。

無事に初釣りが出来て何よりでした!しかもイトヨリ狙いでシロアマダイをゲットであれば、とても幸先の良いスタート。2012年はariariさんにとって良い年になりそうですね!この勢いに乗って、今年も安航・大漁祈願でガンガン行きましょう。