2012年の初釣りです!

あまり「験を担ぐ」タイプではありませんが、「初釣り」では絶対に読みを外したくないもの。その意味で、やはり「初釣り」は特別です。ヤエンを始める前は管理釣り場で「初釣り」をすることが多かったので、読みもへったくれもありませんでしたが、この時期のアオリは外したら釣れません。

本来は4日に「初釣り」に行く予定でしたが、天気図を見るとかなり風が吹きそうなので、3日も釣りに行くことにします。しかし前日かなり吹いたこともあり、この日もうねりが残っていました。おまけに夜になると徐々に風が強まりそうなので、早めに勝負をつけなければなりません。

正月休みということでどこもファミリーフィッシングが多いですが、アオリ狙いの人はエギと浮き釣りのみ。暗くなればどこでも入れそうですが、これから強くなる風を考えると夕凪は外せません。向かい風で釣りにくい場所が空いていたので、これから風が回ると読んでその場所に決めます。

潮は月齢9.4の長潮。干潮に向かう時間帯なので水深のある場所に入りたいのですが、うねりの影響で狙っていた場所には入れませんでした。早くから出ている月に期待したいところですが、うす雲がかかって「Moon Power」も今ひとつ。良い感じでアジが泳ぎますが当たりはなく、風も止まないので他の場所が頭をよぎります。
f0103126_17335197.jpg

しかし当たりはないものの、読み通り風が回りだして時折フォローになるので、この風を利用してアジを遠投します。そして本命側の竿を手持ち泳がせていると、遠投したもう一方の竿のラインがふける。ラインを20㍍くらい回収すると、やっと竿に負荷が掛かりました。乗っているアオリは手前側に泳いできていますが、アジにテンションを掛けて沖に向かって走るよう修正。

ある程度沖に走らせてから、今年最初の当たりなのでアジの頭を落とすまで待ちます。前回調整不足だったヤエンをチューニングしたものを使って、まずはめでたく初物をゲット。大きさは700㌘くらいのメス。これでやっと迷いがなくなりました。これからどんどん潮位が下がるので、ウツボのラッシュになる前にアジを終わらせたいところです。

時折ウツボにアジを取られますが、アオリもよい感じで当たります。すでに初物をゲットしているので、その後は地合いを逃さないように早めにヤエンを投入。型は似たり寄ったりですが、アジを抱くと思った以上に走るので気分は最高。距離的には40~50㍍くらいありますが、ヤエンを空中移動させてどんどん掛けていきます。

そしてちょうど5杯獲り込んだところで、残りのアジが泳いでいる2尾となりました。風がだんだん強くなってきたので、そろそろ引き上げ時。墨袋を除去してあるアオリの処理を始めると、近くの方の竿に変化がでます。作業を中断して少し誘いを入れると、アオリが一気に抱いてきました。
f0103126_21581418.jpg

これは間違いなくキロアップ。風で竿が煽られることもあり、いつまで経っても走りが止まりません。これだけ強い風でも十分な重量感。友人の話では、ここのキロアップは教育されていて、ヤエン到達寸前でアジを離して獲れないとのこと。何とか走りだけでも止めたいところですが、風が強くて思ったようにアオリをいなせません。

距離的には80㍍くらいあるでしょうか?何とか走りを止めたところでヤエンを入れます。ラインはハリハリなのでヤエンがどんどん空中を滑走しますが、これだけの距離になると水中移動も長くなります。この間も少しづつラインを回収していきますが、どうしても60㍍くらいまでくると寄ってきません。これぞ以前にも経験したアオリの結界です。

こうなると、ヤエンをそこまで到達させるしかありません。すでにヤエンの灯りが見えないところまで送っているので、アジを離されたら追い抱きを待つことはできません。作るのが大変なヤエンなので、根掛かりでロストするくらいなら、私は潔く諦めてすぐに回収するようにしています。

かつてもここで無理をしてアジを離されているので、寄せたり走られたりを繰り返しながら、ひたすらヤエンが到達するのを待ちます。そして今までとは少し違った感触。叩くような振動と言ったらおわかりになるでしょうか?これで掛かったはずですが、その後も走りがなかなか止まりません。
f0103126_21582691.jpg

このようなパターンは、掛かっているのが触腕1本のとき。この大きさになれば腕が切れることはありませんが、焦らずにゆっくりと寄せます。そしてやっとヤエンの灯りが見えてきました。ちょうどその時にもう一方の竿のBB-Xが逆転しますが、これはウツボの当たり。ラインが無駄になるので、レバーを入れて逆転を止めます。

再び寄せを開始してヘッドライトでアオリを照らすと、掛かっているのはやはり触腕1本。そして慎重にギャフを打って、獲り込んだのが今季最大の1,515㌘。この間もどんどん風が強くなるので、アオリを手早く捌いて道具を片付け撤収です。釣果は当たり7回で6杯。大きさは400~1,515㌘でした。

途中迷いもありましたが、終わってみれば全て読み通り。
なかなか獲れない結界より沖に出たアオリもゲット!
そして天気図の読みも当たって4日は強風です。

2012年はさらに腕を磨きますよ~。
今年も全開で行きます!

by scott1091 | 2012-01-03 16:59 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by at 2012-01-07 00:52 x
先超されました、今日7日出撃です。
アオリが残っていると良いのですが。
Commented by scott1091 at 2012-01-07 08:41
nさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

大丈夫ですよ~。
海の場合は、釣りで獲れる数はしれていますから…。
海水温も低下し、これから4月までは厳しい季節となります。

お互い頑張りましょう。