久々にハードな釣りをしてきました!

いつも橋を渡りながら見ている川。

この川で、4月15日に初めて鮎を確認しました。昨年よりは数は少ないものの、型が大きい。これは期待できると思っていたのですが、この週末の雨でさらに本陣が到来。本陣はやや小型ですが、数は昨年くらい多い感じです。昨年のようにビリ鮎の年にならないとよいのですが・・・。

さて土曜の夜半までしっかり降った雨により、日曜はどこも大増水。朝の時点では濁りも強く、餌釣りの人もおりません。水量が多いとイワナはドライフライに反応しないので、午前中はヤマメ(アマゴ)の沢に、そして水の落ち着き具合で午後はイワナの沢に入ることにします。
f0103126_23214256.jpg

今年も「山桜」とミツバツツジがきれいな季節が巡ってきました。私の場合は、山に咲いている桜を一括りに「山桜」と表現していますが、実際には日本の桜の野生種は9種類とのこと。しかし私は植物についてはあまり知識がないので、種を特定することができません。もし今回の写真を見て、おわかりになる方は教えてくださいませ!

① 山桜(ヤマザクラ)
② 大山桜(オオヤマザクラ)
③ 大島桜(オオシマザクラ)
④ 霞桜(カスミザクラ)
⑤ 江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)
⑥ 豆桜(マメザクラ)
⑦ 高根桜(タカネザクラ)
⑧ 丁子桜(チョウジザクラ)
⑨ 深山桜(ミヤマザクラ)<=寒緋桜(カンヒザクラ)>
f0103126_2322752.jpg

この日は花や景色を楽しみながら遡行していきますが、通常の3倍くらいの水量です。私は九頭竜をホームグランドにしている関係で、渓流の流れに怯むことはありませんが、さすがにこの日は普通の渓流師や鮎師では遡行できません。またゴアテックスのウエーダーなどは水中抵抗が大きいので、私も履いたら今回は遡行できなかったでしょう。

こんな感じの水量ですが、ドライフライに反応するくらいの水量になるまで、どんどん遡行します。もしこれから雨が降る可能性が少しでもあるなら、このような遡行は絶対にしてはいけません。特にエスケープ・ルートがない沢は鉄砲水が起こりやすいので、脱渓のタイミングを見誤ると命取りです。
f0103126_23223716.jpg

そして苦労して想定していたエリアに到着するも、やっぱり白泡だらけです。午前中はヤマメ(アマゴ)の沢を選んで正解でした。ドライフライを魚に見せられるポイントは少ないですが、逆にそういう場所では100㌫反応があります。水量が多い分、本流で釣っているような魚の引きを堪能して、午前の部は終了です。

そこからさらに延々と歩いて、尾根をトラバースします。ウエーダーなんかを履いていたら、体力的に絶対にもたないでしょう。そしてやっとイワナの沢へ。朝よりもだいぶ水が落ち着きましたが、石垢から判断してまだかなりの水量です。このような状況では大型は期待できませが、やっぱりこの季節になったらイワナを釣りたい。鮎解禁まで、もう一カ月もありませんからね!
f0103126_2323152.jpg

今年は春が遅く、な~んとなく気合いが入らない渓流シーズンでしたが、この日を境にシフトチェンジしました。横を流れる川の鮎は、朝から猛烈な勢いで石垢を食んでいます。

まもなく緑萌ゆる、最高の季節がやってきます!
f0103126_23232399.jpg

f0103126_23233871.jpg

f0103126_23255268.jpg

f0103126_23235858.jpg

f0103126_23414743.jpg

by scott1091 | 2011-04-25 23:24 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

Commented by ariari at 2011-04-26 20:51 x
お疲れ様でした、尾根越えですか?かなりハードですね!以前は宮川水系父ヶ谷のはしごしましたが、この谷は道から谷までの高低差がかなりあり、道からのぞくと、川がそうめん位の細さでした、当然帰りはへとへと(笑)。さて今日は(も)ヒラスズキ行きました、ウネリ低く苦労しましたが、75センチ頭に5本取れました、今年はサイズは小さいですが数はおおいようですね。
Commented by scott1091 at 2011-04-28 06:26
ariariさん、おはようございます。

体力的にはしごはできませんが、宮川水系に一度行ってみたいですね~。渓流の遠征は、最後に行ったのが四国の那賀川水系。その頃は10月も釣りができたので、一週間以上滞在して近くの沢を釣り歩きました。釣りの合間に、当時は車がまったく走っていなかった「剣山スーパー林道」のダートを、「ジェミニ・イルムシャー」で走ったのが超~懐かしい。もう20年以上前になります・・・。(笑)

それにしてもヒラを5本ですか・・・。75㌢、、、ぜんぜん小さくないです!考えてみれば、ヤエン(エギ)とヒラ両方やれば、時化てたらヒラ、凪ならヤエン(エギ)という感じで、全天候で釣りが楽しめますね!(笑)