第41回SSJ芦ノ湖FF大会

毎年恒例の「SSJ芦ノ湖FF大会」です。
今年は例年より季節が遅れているので、4月第三週の開催です。

今年から優勝カップも新調され、「チャーリー記念杯」ということになりました。
チャーリーとはもちろん、ストリームサイドの故勝俣健二さんの愛称です!
f0103126_1541398.jpg

f0103126_15415527.jpg

優勝、準優勝の方は、いずれも1尾は60㌢アップを釣ってきました。
私は例年のごとく数釣りを楽しみましたが、大型に絡むことなくタイムアップ。

ま~例年のごとく、参加することに意義があるということで・・・。
この大会で一番楽しみなのが、参加賞の朝獲りの「ワカサギ」です。
持ち帰らない人の分も頂いて、大急ぎで帰宅しました。

そして子持ワカサギの「唐揚げ」で、ベランダで最高のBeer time。
横を流れる川にも、まもなく鮎がやってきます!
f0103126_15422151.jpg

f0103126_21154051.jpg

↑ビールのつまみ用に、二皿分だけカリカリに揚げてみました。もう最高です!001.gif

by scott1091 | 2011-04-17 15:42 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(6)

Commented by マルパパ at 2011-04-20 20:34 x
TOMOさん こんばんは
わかさぎのカリカリから揚げでベランダでビール最高ですね。クー~よだれが~~。
Commented by ariari at 2011-04-20 21:32 x
お疲れ様です、ワカサギいいデスね、新しいと臭みもなく、内臓の苦味がよいですね。さて私は最近ヒラスズキに行っております、サラシさえあれば釣れる様に思われがちですが、どうしてなかなかのもんです。サラシを読み、潮を読み、ルアーをピンポイントに通さないとバイトしてくれません。。。どんな釣りでもそうですが、のめり込むと深いですねぇ~。
Commented by scott1091 at 2011-04-21 22:56
マルパパさん、お久しぶりです!
興津の解禁まで1カ月を切りましたが、足の状況はいかがですか?
いずれにしても、寒い間は冷やさないのが一番でしょう。

ワカサギはシシャモと同じキュウリウオ科なので、卵の食感もほとんど同じ。今回の魚は産卵に接岸するワカサギを定置網で漁獲したものなので、秋や冬に釣ったものでは味わえない子持ワカサギ(半分くらいは♂)となります。

ビールを飲みながらつまむと、写真一皿くらいはペロッと食べちゃいます。次にベランダで食べる唐揚げは、いよいよ稚鮎ですぞー。
Commented by scott1091 at 2011-04-21 22:57
ariariさん、お久しぶりです。

>サラシさえあれば釣れる様に思われがちですが、

誰もそうは思いませんって!当地でもヒラを専門に狙っている人がおりますが、マルよりはるかに確率が低い。フライで狙っていた友人は、数年間釣果なしのまま断念しました。「サラシ=向かい風」の場合が多いので、断然ルアーの方が有利ですが、それでも確率は非常に低いのが現状でしょう。すでに何本か獲られているなら、それは凄いことですぞ!

ヤエンでアジを喰ってくるポイントがありますが、これがまたなかなか獲れません。ariariさんも条件の良い日は、出社前や職場からサラシに直行ですね(笑)。くれぐれも気をつけて、頑張ってください!
Commented by マルパパ at 2011-04-22 20:59 x
TOMOさん ありがとうございます。
お陰さまで、膝はだいぶ良くなってきました。あと一ヶ月で完治は無理かもしれません。先輩達も膝や腰が痛い人が多くて、やっとお前も仲間になったかなんて言われています。でも鮎釣りはやめられません、というか今年は気合入っています。もう針を巻いていますが、こんなに早いのは初めてかもしれません。ご迷惑をおかけしますが、今年もよろしくお願いいたします。明後日は、石花海にイサキ釣りに行く予定です。
Commented by scott1091 at 2011-04-23 16:02
マルパパさん、こんにちは!

焦らず、じっくり治しましょう。マルパパさんの場合は、無理なトレーニングで痛めたものですから、先輩たちの加齢による症状とは少し違うでしょう。年齢に見合わないハードなトレーニングをしなければ、まだまだ九頭竜でもガンガンいけますぞ~。

横の川で、昨日初めて鮎を確認しました。興津同様、かなり大きいです。昨年ほど数はいませんが、今年の方が楽しめそうな感じがします。

明日は天気も良いようなので、イサキ釣り楽しんできてください!