ルート・ファインディングの能力が問われる谷!

今日も新たな沢を探索!
デジカメに電池を入れるのを忘れて、ケータイ写真になってしまいました…。emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_2220433.jpg

f0103126_1927569.jpg

f0103126_2156026.jpg

f0103126_19272263.jpg

by scott1091 | 2011-03-27 19:28 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(4)

Commented by きゃぷてん♪ at 2011-03-28 18:43 x
魚止めって本当に存在するのですか?
『その沢を魚が上っていく』というよりも
『その沢の上から魚が下ってくる。上にまだ生命の泉が存在する!』ってのが正解?
Commented by scott1091 at 2011-03-28 21:53
よっちきさん、こんばんは!

遡上性のサケ科の魚は、産卵のために遡上し、孵化すると流下するのが特徴です。これは逆の見方をすると、稚魚は遊泳能力が低く流下するしかないので、生息域を広げるためには、親はできるだけ上流域で産卵するという種の保存本能に他なりません。

したがって源流域に堰堤が築かれると、堰堤より上流で繁殖できる個体数がいなくなると、人為的に持って上がらない限り、生息域は確実に後退します。時間軸はもっともっと長いですが、これは天然の滝もまったく同じです。

ヤマメやアマゴに比べると、イワナは厳しい環境でも源流域に止まる傾向が強いですが、それでも10年単位で見ると、私の経験でも生息域は確実に後退しております。時間軸を短くするとよっちきさんの見方も正解ですが、サケ科は産卵のために遡上することで生息域を保ってきたので、魚止めという表現は的を得ていると思います。
Commented by ooayu at 2011-03-30 19:11 x
おひさしぶりです!

綺麗なアマゴちゃんですね。
見ていて癒されます。

渓流解禁したのですが現在釣りに行けてない方が
多く居ります。

本来何事もなかったらもっと沢山の今年の
渓流画像が見れていたんですが、、、。
まだ仕方ないですね。。。

もっともっと見せて下さいね!

Commented by scott1091 at 2011-03-31 05:40
ooayuさん、貴HPは毎日拝見しております。

今のところに住んでから、大地震は明日は我が身といつも思っています。だから、震災にあっていない自分はいつもより少し頑張らなければならないし、震災にあった人はあまり無理をしないでほしいと思っています。先は思っている以上に長いですから…。

これからも、釣りも仕事も全力で頑張ります!m(_ _)m