週末は決まって強風&寒気~!

この週末も、お決まりの強風~。おまけに寒気の流入でとても寒い。天気予報はすでに聞き飽きた感のある、「月曜日から寒気が緩み、平年並みの気温に戻る」と・・・。外気温がすぐに海水温に影響するわけではありませんが、素手でも手が悴まない程度の気温が、釣り人にはありがたいですね!006.gif

さて今週は所用があるので、一日だけ釣りに行くことに。相対的に気象条件が良さそうな土曜日にします。潮は月齢24.7の若潮。釣っている時間帯は潮が下がる一方なので、場所選びが難しい。海藻もかなり伸びてきているので、なるべく水深のある場所に入ります。

海水温は実測で14.3℃。先週からあまり変化はないようですが、今回の月齢では「Moon power」はまったく期待できません。夜にかけて徐々に西風が強まる予報ですが、海と陸の寒暖差により夕方は風が回ります。そして日が陰ると一際風が冷たく感じ、今季初めてグローブをしました。
f0103126_2102892.jpg

↑フォーセップで墨が滲み出さないように処置。撮影用に表向きにしましたが、普通は裏返しのままで放置します

この日は潮が下げている影響もあって、海からあまり生命感を感じません。アジが良い感じで泳いでいるので、底付近の水温は15℃くらいはありそうです。明るいうちにウツボの当たりがありそうなものですが、何もないまま時間が過ぎていきます。008.gif

そして最初の当たりは、完全な居食い。竿で聞くとラインが海藻にすれています。沖に走ってくれるとよいのですが、こういうときに限って抵抗なく寄ってきます。そしてラインが海藻にすれている場所で、アオリがアジを離して追い抱きなし。貴重な当たりだったので残念です。

この当たりの後は、長~い沈黙。そして久々の当たりの後は地合いに突入です。いつものごとくマシンガンのようにアジを投入していきますが、この日は2本の竿が同時に当たるので、2杯セットにしないと墨袋を除去している時間がありません。
f0103126_2104599.jpg

↑小型とゲソは干して「スルメ」に。大きいものは刺身用に処理してから冷凍します

そこで最初に獲り込んだ方は、墨が滲み出ないように「墨汁嚢」の下をフォーセップ(クランプ)で挟んでおきます。短い地合いが終了すると、計ったように強い西風が吹き始めます。竿が飛ばされないようにマジックテープで竿受けに固定してから、アオリを捌いていきます。

この時点で、残りのアジは泳いでいる2尾のみ。そして、これまたお決まりのようにウツボに食われて終了です。結果は当たり8回で、ヤエン投入7回で7杯。サイズは先週よりも小さくて、最大でも1㌔程度でした。042.gif

by scott1091 | 2011-01-29 20:59 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by ariari at 2011-02-01 09:51 x
お疲れ様です、私も金曜日の晩、冬の海に寒稽古に行きましたよ、さすがに寒いですねぇ~、ヤリイカ、大アジ釣りでしたが、大アジは5本のみ、型が40オーバーだったのでよかったですがもう少し欲しいですね、ヤリイカはメスのヤリイカが半分混ざり出したのでソロソロ終盤でしょうか?それにしても寒かったです、船を上がってからの缶コーヒーは最高でした。
Commented by scott1091 at 2011-02-01 21:55
ariariさん、こんばんは。
寒稽古ですか・・・。(笑)

確かに冬水辺に行くのは、行者修行みたいなものですけどね!40㌢オーバーの大アジ5本は、すばらしい釣果ではありませんか。それにヤリイカともなれば、それだけでも我が家なら寿司パーティで大騒ぎすよ~。

こちらもヤリは先々週は船も陸も爆釣だったようですが、先週から一転して釣れていないようです。私も今回はヤリの当たりがありませんでした。