風は強いし、寒いし、釣れないし・・・

この週末は「成人の日」で三連休。天気予報では三日ともまずまずの天気ですが、問題なのは風と海水温。天気予報では、風については土曜は夕方から西寄りの風がぴゅーぴゅー。日曜は爆風で、最終日はいつものパターンで風は収まる予報です。

海水温は直近の水温図では16℃台なので、この時期としては悪くない条件。しかし冬型の気圧配置が強まって、この冬一番の冷え込みとなる予報なので、浅場での海水温の低下は免れない状況です。このような状況なので、土曜と月曜に釣行することにします。

ではまずは土曜日の釣行から。最近は短期決戦型の釣りなので、正味の釣り時間は3時間程度。したがって風が強くなる前に撤収できると踏んで、ポイントを選択します。予報ではかなり強い風が吹くので、私が選んだ場所は誰もおりません。

釣り場についた時点ではほぼ無風。多少うねりはあるものの、潮を被るようなことはありません。まずは海水温を測定すると、な~んと16.6℃。先週が15℃台だったので、期待が高まります。きれいな「Blue Moment」を見ながら、アオリの当たりを待ちます。
f0103126_22201733.jpg

しかしながら期待に反して当たりがありません。アジが潜らなくなったので、錘を打ちます。アジの元気がなくなると、すぐにウツボの餌食になりますが、この水温では底付近を泳がせないとアオリが反応しないので仕方がありません。錘を打つとアジがすぐに弱りますが、竿先が動かなくなった状態では、アオリが抱いてくる期待は非常に薄いので餌をその都度交換します。

そしてやっと最初の当たりです。先週くらいからアジを抱いたアオリはほとんど走りません。竿で聞くとあまり大きくはないので、即ヤエンを投入します。これを難なくゲットする予定でしたが、ヤエン到達の寸前にまさかのGone。008.gif

この間にもう一方の竿に当たりがないということは、かなり厳しい状況が予想されます。そしてその読みを裏付けるがごとく、しばし長い沈黙。そしてやっときた当たりは、最初と同じくらいの大きさですが、次は慎重にヤエンを送ります。そして無事に獲り込んだアオリは500㌘。小型ながら、このような状況では嬉しい1杯です。

そして次の当たりは、まずまずの重量感。ほとんど抵抗しないので、確実な距離まで寄せてからヤエンを投入してゲットしたのは1キロサイズ。この頃からうねりが大きくなり、風がしだいに強まります。泳がせているアジ以外に残りは2尾。餌を使いきるまでに海況がもつと予想していましたが、当たりが少ないので厳しい感じです。
f0103126_22203571.jpg

すでに沖ではかなりの風が吹いている様子で、釣座が潮を被り始めます。潮を被る竿からまずは高台に非難し、それから順次手際よく移動を開始しますが、うねりが大きくなるペースも早い。場所移動が終了したときには、今までいた釣座の一部は、波に洗われています。

移動した場所はさすがに波に洗われることはありませんが、あまりの強風で釣りに集中できる状態ではありません。ここで残りのアジ2尾を放流して撤収です。この日の結果はヤエン投入3回で釣果は2杯。かなり厳しい結果です。

そして月曜はまずまずの海況。これで水温が16℃台なら最高なのですが、そんなに甘いわけがありません。釣り場で早々に水温を測定すると、な~んと14.4℃。15℃近辺での急激な2℃の水温低下はかなり絶望的…。

この日は明るい内からアジがまったく潜らないので、錘を打ちます。いつもだと沈めるとウツボの当たりがありますが、この日はまったく生命反応がありません。アジの弱りも心なしか早いので、どんどん餌を交換して、根の周りを泳がせます。
f0103126_22215562.jpg

そしてほぼ土曜と同じ時間に最初の当たりです。重量感はありますが、まったく抵抗なく寄ってくるので早々にヤエンを投入します。サイズもまずまずなので、あっさりゲットと油断したところでまさかのGone。これは非常にまずい状況です。この時点でボー〇を覚悟しました。042.gif

そして予感のとおり、その後は当たりがまったくありません。それでも執拗に根の周りを泳がせて、何とかアオリにアジを抱かせます。ラインが微かに根にすれているので、走らないアオリを操作しながら確実に獲れる距離まで寄せてからヤエンを投入します。

しかしながら私の心配をよそに、このアオリは抱いたアジを話す様子はまったくありません。獲り込んでみると、1本の触腕がありませが1,100㌘。ギャフ掛けしてもアジを離さないので、しばし後にアジを確認すると、口先しか齧っていませんでした。

この後も錘の大きさを調整しながら根の周りを泳がせますが、反応がないまま決めていた撤収時間にアジが終了。この日はヤエン投入2回で釣果は1杯。昨シーズン初めてのボー〇が1月12日。今シーズンも、当たりがほとんどない厳しい季節の到来です!
f0103126_2221051.jpg

by scott1091 | 2011-01-10 20:34 | アオリスト(Aorist) | Comments(6)

Commented by n at 2011-01-12 08:57 x
厳しいですね、でも少し安心しました私の釣り分が残りました。2月からは参戦できそうですが海水温しだいですね。
安全第一に楽しみましょう。
Commented by ariari at 2011-01-12 11:08 x
お疲れ様です、当方も先日表面水温で13度台が出てしまいました、厳しいシーズン突入ですね、しかししっかり釣果を出されているのはさすがです。私も8日にメダイ行きましたがこちらは170メートルあるので水温安定しているのか、2人で25本とまずまずでした、やっと初釣りを楽しんだ感じです。渓流シーズンまであと一月半、寒さに負けずに頑張ってください。
Commented by scott1091 at 2011-01-13 00:11
nさん、こんばんは!
大丈夫ですよ~。私一人ではとても釣りきれませんから…。(笑)
最新の水温図はかなり絶望的です。
今年は水温の変化が早くて場所を読みきれません。
今週は月に期待ですが、結果はいかがでしょうかね~?

Commented by scott1091 at 2011-01-13 00:12
ariariさん、こんばんは。

水温が14℃台になると、当たりもない日があります。フライをしなければ、このような厳しい時期にアオリを釣る必要もないのですが、私の場合はヤエンは冬季限定なので行くしかありません。これからは当たりが1回あればよし。その当たりを確実にものにするべく、腕を磨くしかありません。

メダイの釣果、おめでとうございます!
今年も航海安全・大漁祈願で行きましょう。
Commented by ヘルニア at 2011-01-16 23:13 x
こんばんは~ ようやくパソコンの修理が完了しました~

こちら 三河は大雪でして、えらい事になっています・・・
明日は、歩いて出勤でしょうね~ ハハハ 痩せそうで~す!

益々寒くなりますが、頑張って下さいね~ 
Commented by scott1091 at 2011-01-17 23:12
ヘルニアさん、こんばんは。
それにしても今年は寒いですね~。

当地も降雪はないものの、年末から深々と冷え込む日が続いています。ラニーニャによる厳冬予報だったので、早々に12月にスタッドレスに交換したのですが、この際にもすでに適合サイズが品不足状態でした。少し特殊なサイズなので、今頃行ったらなかったかもしれませんね!(笑)

今のところいくら強風でも、また寒くても毎週釣りに行ってますよ~。
お互いに風邪をひかないで快釣で行きましょう!