あの灯りは、いったい何だったのか…?

土曜は前日から吹いた強い西風で、南西からのうねりが残ります。
当日の風は大したことないものの、このうねりを避けられる場所を選択。

選んだ場所は風裏でほぼ無風。西からのうねりも入らないので快適です。この日は潮回りが良いので釣り人も多い。しかしこの時期になると、エギングよりメバリングの人が多くなるので、ラインの交錯によるトラブルが少なくて助かります。

明るい内から当たりがありますが、走るアオリを浮かしきれずに2回連続でバラシます。そして回収したヤエンをラインから外そうとしたとき、そのトラブルは発生しました。私はダブルヤエンを使っているのですが、一方の軸が右手の袖口の中へ。008.gif
f0103126_2251378.jpg

研ぎ澄まされたハリは、当然ながら防寒着とアンダーウェアーの両方にフッキングします。おまけにハリにマイクロバーブが付いているので、洋服を着たままでは絶対に外せません。しかし防寒着を脱ごうにも、アンダーウェアーにも刺さっているのでどうにもなりません。

そこで私が取った行動は…。

「お前らの悪事は、この背中の『桜吹雪』が全てお見通しよ~!」017.gif

そうです、寒空の下で「遠山の金さん」になりました。

この間にもう一方のBB-Xが逆転しておりますが、こんな状態で予備ヤエンを投入できるはずもありません。おまけに刺さっていないもう一方の軸が、防寒着の外側に刺さるので泣きたくなります。服を切ってしまうことも考えましたが、ぐっと堪えて丁寧にマイクロバーブを抜いていきます。

この喜劇ショーみたいな状況から抜け出すのに、15分くらい掛かったでしょうか。もちろん当たっていた竿はラインが根を巻いて、しかも先糸を交換しなければならないレベルの根ズレ。まずはもう一方の竿を投入して、この竿の先糸を交換します。
f0103126_21185956.jpg

やっと準備万端という時間くらいから、嫌~な感じの東風が吹き始めます。そしてあれよあれよという間に、竿が飛ばされるくらいの強風に…。この間に何とか3杯ゲットしますが、徐々に波が立ってきます。

風の吹き方からして数時間で納まると思われますが、波が立つのが速いのが気になります。ひょっとしたら「沖ではもっと早くから吹いていたのかな?」と思いながら水平線を見ると、見慣れない場所に灯りが見えます。

「あれ~、この時間に見える惑星はないし…」
「この方角に灯台はないし…」
「漁火にしては黄色いし…」

この時点ではあまり気にせず、竿を1本にして手持ちで釣りを続行します。もはやこの時点になると、すごい強風で当たりもへったくれもありません。そして釣りながらふと回りをみると、今までいた釣り人が一人もいない。
f0103126_21192058.jpg

それぐらいの爆風なのです。自分ひとりとわかって、急に先ほどの灯りが気になったので、同じ方角を見ると、いつの間にか100㍍くらいの場所に見えます。しかしどう見ても水面よりかなり高い位置。「全周灯」で許可される船の大きさではありません。当然「マスト灯」も「舷灯」も見えないし、そんな船がこんなに岸に近寄るはずもない。025.gif

これを機に、急いで撤収作業を開始。この間にも、どんどん波が高くなります。とりあえずピトン類を残して荷物を高台に避難した瞬間、その波がきました。高台でもはじけた波を頭から浴びましたが、荷物は無事。その波の引き波でもう一発。地形的なものと思われますが、釣っている場所が悪かったようです。

しばらく波の様子を見てから、ピトン類を回収してアジを放流。車に戻って濡れた衣類や道具を拭いていると、ぴたっと風が止みました。月も出て最高の潮周りですが、きっと今日は帰ったほうがよいということなのでしょう。この日は潔く撤収します。結果はヤエン投入5回で3杯(MAX800㌘)でした。

家に帰って家族にこの話をすると、息子は「夜の海なんて怖くて行けない!」と、そして娘は「波が来るのを知らせてくれたのね!」とのこと。私もポジティブに、娘の考えに賛同することにしました。
f0103126_21194916.jpg

ということで、翌日も懲りずに釣り場へGO~!006.gif

今年は土曜に風が吹いて、日曜に凪ぐことが多い。天気予報では曇りの予報でしたが、晴れて月も期待できます。明るいうちはアオリがウツボに乗り変わるパターンが続きます。アオリがアジを離した瞬間にを食ってくるのか、アオリそのものを狙っているのか不明ですが、かなりきわどいタイミングです。

離されたらヤエンを即回収しないと、ヤエンがウツボの餌食に…。007.gif最近はヤエンを無くすことがなかったので、2本しか持ってきていません。そのためもう1本無くしてしまうと強制終了となるため、深いアオリは25㍍まで寄せてからヤエンを投入します。しか~し、こちらの気持ちが伝わるのか、Goneの連発。
f0103126_21202183.jpg

浮かすことができたのは、当たりの半分くらい。この日は平均サイズが大きかったので、ヤエンはほとんど空中移動。掛かった瞬間はヤエンの灯りが複雑に動くので、アオリが四方八方に逃げるのがよくわかります。手元ではラインが引き出されるだけなので、一方向にバックしているだけに感じますけどね!

この日の結果は、ヤエン投入10回で5杯(MAX1,710㌘ )。掛け率は悪かったですが、ヤエンの予備がないということで、いつもと違ったことを大胆に試せて、とても有意義な時間となりました。

まだまだレベルが低いです!042.gif

by scott1091 | 2010-12-19 21:12 | アオリスト(Aorist) | Comments(5)

Commented at 2010-12-21 17:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2010-12-23 09:00 x
寒空にストリップショー、大変でしたね。
今日は23日 天気もよく月もよく ベストコンディションで楽しめますね。
なのに私は仕事です、きっぱりとあきらめて仕事に集中。
ヤエンは2セット新作しました。
管付き針goodのようですね。
Commented by scott1091 at 2010-12-23 10:23
nさん、おはようございます!

「ところがどっこい、ぎっちょんチョン!」なのです。冬型の気圧配置が徐々に強まるので、予報ではかなり強い西風です。今日くらいはもってほしいところですが、さあどうでしょうか?

年々ウツボが多くなるので、ハリとヨリモドシ代もばかになりません。今まではヨリモドシが少しでも回収できるよう、ハリとヨリモドシの間にフロロを入れていましたが、さすがに作るのがめんどくさくなっちゃいました。

教えて頂いた方法だと、20本作るのに10分掛りません。それとデンケミの再利用で、ちょっとした改良をしました。お楽しみに!
Commented at 2011-10-25 20:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-10-25 20:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。