今季最後の釣り日和!

天気予報でも秋晴れの確率100%。この時期は晴れると風が冷たいですが、季節的に鮎釣りに日差しは欠かせません。

いつの間にか太陽の角度も低くなり、川全体に日差しが差し込む時間はさほど長くありません。今回入った場所は川の周囲が高いこともあり、日当たりで釣りができるのは9時から15時までの6時間。昼食の1時間を除くと、だいたい5時間の釣りとなります。
f0103126_1741948.jpg

6日に、台風14号による雨で1㍍増水。その後7日夜半から8日の明け方まで降った雨で、再度50㌢まで増水するも、この日の水位は10㌢高くらいまで回復しております。心配された石垢の状態も、悪くはありません。

石色も良い状況ですが、一部泥が被った石も散見されるようになりました。入った場所が比較的上流域であるため、それなりに鮎が落ちているようです。川に入る前に観察すると、小さい鮎が石裏にできる乱流の中を、群れで楽しそうに泳いでいます。
f0103126_1743864.jpg

大石には食んでる鮎も見えますが、動きにスピード感がありません。気温の上昇とともに水温が上がるまでは、完全に待ちの釣りとなります。早い時間は掛かる鮎は小型ばかりですが、全てメス。オスが釣れなくなると終わりも近いと言われていますが、まだ流芯で掛けていないので、オスが落ちたとは断定できません。

朝方の冷たい風も止み、着ていたカッパを脱ぎたくなるくらいまで気温が上昇すると、瀬の中で鮎がキラキラ見え始めます。これを合図に、一気に狙いを瀬に変更します。まずは鮎が見えている石の前後を横引き。これで掛かる鮎も少なくありません。これで掛からない鮎は、止めて誘いを掛けます。
f0103126_1744882.jpg

ここで誘いと書きましたが、この時期の鮎は動きに反応して追ってくるということではありません。むしろ同じ流れの中にいる野鮎と、ハリの接触機会を増やすために行う動作という方が、正しいかもしれません。

瀬で掛かってくる鮎は、こんどはオスばかりです。十分オトリにできる体色ではありますが、やはりメスのオトリの方が掛かりは早いようです。流れが当たる大石の前で掛かる鮎は時間が掛かりますが、型がよくて気持ちよく目印を飛ばしてくれます。この時期になると、こういう当たりはとても貴重です。
f0103126_1745737.jpg

昼食用にお湯を沸かしてくれているので、12時ちょうどに川から上がります。秋晴れとはいえ焚き火が用意されていますし、冷えた体には汁物が欠かせません。午前中の釣果は16尾。午後の釣り時間を考えると、30尾達成は難しそうです。

前回の納会で竿が出せなかったこともあり、この日のメンバーは4人。陽だまりにベンチを出して、おにぎり、ラーメン、蕎麦、豚汁、スパゲッティ、カレーと何でもありの昼食です。次ぎの週末まで竿を出すのは私だけなので、他のメンバーはこの日が竿納めとなります。
f0103126_175718.jpg

15時上がりで28尾。良いやら悪いやら、微妙な数…emoticon-0141-whew.gif

いつもであれば午後は場所を移動しますが、15時まで2時間しかないので同じ場所で釣ります。日が傾き日差しが当たらない場所が増えてきましたが、あえてそのような場所を釣ってみます。流れはガンガンに近い急瀬。この時期に竿を出す人はおりません。

この狙いが的中し、オトリが馴染むポイントで、メス→メス→オスの3尾セットパターンで釣れました。14時半くらいからメンバーが上がり始めたので、私も15時少し前に竿を畳みます。午後の釣果は12尾で、この日は28尾。

上~中流域では3日で締めるオトリ店もありますので、この週末に釣行される方は確認してからお越しくださいませ。もちろん下流域のオトリ店は、23日まで営業しているところが多いので、オトリが入手できないということはありませんのでご安心を!

by scott1091 | 2010-11-03 17:05 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(10)

Commented by フェンウィック at 2010-11-03 19:09 x
TOMOさん こんばんは

 今時、こんなに釣れるんですか!!!

 標高の高い山々はうっすらと雪が積もっている福井では、もう寒くてとても川には入れません。

 TOMOさんの納竿に御挨拶したくて、度々訪問していました。TOMOさんの納竿を読むのは、季節を読むより難しいですね~。

 納得のいく 『 2010年の納竿 』 を迎えられると良いですね。
Commented by scott1091 at 2010-11-03 20:37
フェンウィックさん、こんばんは~!

そうなんですよー。狩野川、興津川は例年天気に恵まれれば、11月一杯までは20尾前後は釣れるんです。今回の記事で、川周辺の草木が写真で確認できると思いますが、まだ緑色なんです。

福井や富山ではこの時期の友釣りは考えられないと思いますが、狩野川は今日もそれなりの釣り人の数でした。大体のオトリ店はこの週末で終わりとなりますが、一昔前はクリスマスに正月用の鮎を釣ったということです。

11月一杯は営業するオトリ店も少なくありませんが、私は次の週末で竿納めとなります。鮎釣りが終わると、ヤエンに移行します。

まさに年がら年中、釣り(フライ)、釣り(鮎)、釣り(アオリ)です!(笑)
Commented by futoharisu at 2010-11-04 11:05
>TOMOさん
新ちゃんです。
あれぇ~
納竿されたのかと思ってました。
私も昨日は蓮華に入ってました。
もしかしたら、近くで釣られてました?
オトリ屋さんの上流の方でしょうかね?
私はオトリ屋さんの前の左岸側で小さいの釣ってました。
Commented by scott1091 at 2010-11-04 22:55
新ちゃん、こんばんは!

帰りがけに有料道路を走ったとき、遠めにレンゲの左岸に釣り人が見えました。「おー、頑張ってるじゃん!」と思ったのは、新ちゃんだったのかもしれませんね!もちろん時間が早かったので、狩野川公園前にも見える範囲で5~6人は釣っておりました。

この時期になると下流域の方が有利ですが、私は混雑が苦手なので、なるべく人が少ない上流域に入ります。レンゲは私の区分では、中流域のシモくらいに位置します。ご参考まで~。(笑)
Commented by futoharisu at 2010-11-05 13:59
>TOMOさん
またまた、新ちゃんです。
そうでしたか。見られてましたね。(笑)
竿をたたむ前、左岸には3人くらい釣ってたかな。
ボクは左岸に向かって際を釣ってました。
日が陰りだした途端、追いが止まりましたね。
今週末は行けないかも知れません。
もう一度、藁科へ行きたいのですが・・・ワイフが怖い┐((´_`))┌
Commented by flymoto at 2010-11-05 20:53
今晩はTOMOさん
今年はお忙しい中、貴重な一日をご一緒いただきほんとありがとうございました。おかげさまでほんと楽しい鮎釣りができたともいます。自分の中では沢山のモヤモヤが渦巻いていますが(笑)これも楽しみのうちと少しづつやっつけていければと思っています。
ヤエン記事も楽しみにしてます頑張ってください~^^
Commented by nagano at 2010-11-06 23:46 x
アオリは全部釣りました?(私が)
いつもの釣り場は人ひと人で今シーズン一度も入れません。
西伊豆は良い釣果が続いています。
東はダメ、小型ばかりです。
Commented by scott1091 at 2010-11-07 19:37
新ちゃん、こんばんは。

確かに左岸に数人いらっしゃいましたね!特に赤いウエアの方が、非常に目だっていました。この時期の鮎はレンゲのような瀬を好むので、この週末も楽しい釣りができたと思います。

>ワイフが怖い┐((´_`))┌
大変ですね~。きっと愛があるのでしょう!

私は基本的に毎週釣りに行きますが、妻に小言を言われたことはありません。さらに釣りの支度や後片付けも、私は竿とベストのみ。よく竿を奥さんに内緒で買うというワクワクするような話を聞きますが、我が家は留守がちな私に代わって支払いや受け取りも妻がするので、隠す必要もありません。

いずれ熟年離婚でしょうか?(汗)
Commented by scott1091 at 2010-11-07 19:45
flymotoさん、こんばんは。

釣果も飛躍的に伸びて、今が一番楽しいときかもしれません。どんな釣りでもそうですが、目指すべき頂点は一生かかっても到達できない道のりです。だからこそ楽しいし、いつも新鮮な気持ちで川に立てるんですよね~。(笑)

あまりお役には立てませんでしたが、また来年ご一緒しましょうね!
Commented by scott1091 at 2010-11-07 19:51
naganoさん、こんばんは!
私に釣れるアオリは、もはや残っていないのかしら?(汗)

今週で鮎も竿納めとなり、来週からいよいよアオリスト・バージョンです。タイミングが合うようであれば、ぜひご一緒しましょう!

今シーズンもよろしくお願い致します。