予想外に降った雨と、尾を引いた濁り・・・

この週で竿を納める人が多い10月の三連休。例年、「体育の日」は天気に恵まれることが多いのですが、今年は土・日は雨の予報です。

今週も「双龍竿85/75」の修正パーツが間に合わないので、竿は「征龍竿EM」を使用します。近場の友人は、朝からの雨で釣行を見合わせる由。私はヘルニアさんと待ち合わせしているので、いつもより30分早く家を出ます。

三連休なので伊豆方面に行く車は多いですが、釣り人はほとんどな~し。思ったよりも早くから雨が降り始めますが、濁りが入らない程度のショボ雨。気温は朝の時点で20℃あるので、寒くはありません。
f0103126_20204272.jpg

前日KIKUちゃんから、友人と伊豆の小河川に行くとの電話がありましたが、この程度の雨なら問題ないでしょう。遠くから来るので、納得の竿納めができることを祈るばかりです。

さて私はヘルニアさんの到着を待って竿出しです。前回マルパパさんが良い釣りをした場所をお勧めしますが、あえて自分の気になる場所にチャレンジされます。私はマルパパさんが良かったという場所でオトリを獲って、そのまま釣り下がります。

カッパのフードを被るか外すか悩むくらいの雨ですが、鮎の追いはまずまず。メスの良型は口掛かりが多いですが、そのメスをオトリにすると気持ちよい当たりでオスが掛かってきます。掛かるオスはまだピカピカですが、やはり秋の釣りはメスのオトリが有利です。私の午前中の釣果は21尾でサイズもまずまず。
f0103126_20205646.jpg

↑土曜日は39尾

午後から移動しますが、どこもガラガラなので逆に入るところに悩みます。この水量なら期待できるであろう場所にご案内しますが、「ここだー!」という場所で掛かる鮎が小さいので、30分で高速ワープを決断。もう一日あるので、ヘルニアさんのお得意の場所に移動です。ここで掛かるサイズを確認してから、私はオトリが入りそうもない一本瀬にチャレンジ!

この場所で私はあえなく撃沈。17時まで頑張りましょうとは言ったものの、ローガンズ予備軍は16時半でどちらともなく竿を畳みます。この時点でも水位は5㌢も上がっていないので、おとり缶を埋けたまま「すき焼きパーティ」へGO~!emoticon-0123-party.gif
f0103126_20221662.jpg

↑持越川の濁りはこの程度なのに…

これがまさに失敗。過去におとり缶をなくしたことはないので、私の「SS1800」はもう十分疲れていますが、ヘルニアさんのはまだ新しい。やっぱり私のオトリ缶に鮎を移してもらえばよかった。翌日回収に行きますが、腰まで入っても埋けたであろう場所に届きません。1㍍近い増水では、どんなに石をのせたり囲ったりしてもひとたまりもありません。

ヘルニアさん、ごめんなさい!emoticon-0139-bow.gif
f0103126_20261549.jpg

午前中にピンポイント天気で予想降水量を確認していたので、油断しておりました。天城山での降水量が半端ではなかったようで、翌日は増水&ドロドロ状態。おまけに「この雨なら明日も大丈夫でしょう」などと言ったものだから、朝一番でマルパパさんも登場です。

マルパパさん、ごめんなさい!emoticon-0139-bow.gif
f0103126_20211488.jpg

↑今回の濁りの原因は本谷川。白壁荘の前はドロドロでんがなぁ!

水位は急速に落ちていきますが、今回の濁りはなかなか治まりません。一番最初に竿出しができる吊橋では、昼過ぎに2人の方が入川。大見の特別解禁区では5人の方が竿出し。二百枚では鮎が見えるくらいの濁りですが釣り人はゼロ。本谷川がドロドロなので、本流は明日も濁りが残りそうです。
f0103126_2021271.jpg

↑川の色がカフェオレに見えるのは気のせいでしょうか?あんさんも、お好きですな~emoticon-0141-whew.gif

マルパパさんが帰るか泊まるか悩まれているので、私がカフェオレ状態の川に夕方1時間だけ入川します。目標は5尾でしたが、残念ながら4尾で時間切れ。これでマルパパさんも踏ん切りがついて、お泊りということで「焼肉パーティ」へGO~!emoticon-0123-party.gif

翌日はマルパパさんと一緒におとり缶を捜索しますが、おとり缶を囲った石やのせた石はあるものの、当然ながらおとり缶はありません。昨日の水位を見ているので、浅瀬に引っかかっている可能性もありません。
f0103126_20223733.jpg

この時点でもまだ少し濁っているので、この日は大見に入ります。高いところから見ると、すでに鮎は垢を食んでいますが、びっくりするほど水は冷たい。風もなく抜けるような青空。日陰に入りたくなるような日差しで、最高の鮎釣り日和となりました。

大見は本流よりもサイズが良いのですが、先週の雨で型が落ちたと地元の常連さん。いつも三人で来られて、毎回同じ場所に入るそうなので情報は正確です。200㍍区間にはこの方々の他は、私たちを含めて3人。いわゆるガラガラ状態です。
f0103126_2027641.jpg

本流はそれなりに混雑していたとのことなので、この時期の大見は狙いかもしれませんね!朝は圧倒的に口掛かりが多かったですが、気温の上昇とともに背掛かりが増えます。時計を車に忘れて時間がわからず、12時20分にマルパパさんのところに戻ると、よい感じで釣れている様子です。私の午前の釣果は20尾。オスのオトリでは、波で掛けないとなかなか掛かりません。

車に戻って日陰で食事をします。びっくりするくらい暑いですが、湿気がないので汗をかきません。例年こんな天気が11月にもう一回あるのですが、それが週末に当たる確立は微妙なところです。
f0103126_20225425.jpg

私は午後も同じ場所に入りますが、川のセンターに立ってヘチを丁寧に釣ります。まだ水位が高く、ウエーダーが浸水しそうになりますが、立ち位置が変わると見えるポイントがガラッと変わります。そして午前中に見落としていた場所からポツポツ拾って、この日も16時半に竿を畳みました。

午後の釣果は22尾で、この日は合計42尾。今年初めて大見に入りましたが、のんびり釣りを楽しむことができました。
f0103126_20242412.jpg

↑月曜日は42尾emoticon-0105-wink.gif

by scott1091 | 2010-10-11 20:23 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(18)

Commented at 2010-10-12 12:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by scott1091 at 2010-10-12 20:23
Nさん、非公開コメント了解です。
11月第二週からご一緒させてください!
今シーズンもよろしくお願い致します。
Commented by flymoto at 2010-10-12 21:11
土曜日雨の前に釣っちゃえ~~と行った富士川・・・・
なーーんにもなく3時間で根掛かり-1匹にて強くなった雨で心も折れて終了!甘くはなかったです。。^^;

狩野川普通に友釣りができるのはいつごろまででしょうか?
Commented by ヘルニア at 2010-10-12 23:27 x
こんばんは~ 色々お世話になりました~
オトリ缶は、気にしないで下さいね~ 業界の活性化を目指しますが
COP10には、怒られそうです・・・笑  

マルパパさんにも、お世話をお掛けしてしまいました。
ありがとう御座いました。あとでお邪魔します。
Commented by マルパパ at 2010-10-13 12:41 x
こんにちは 
先日は、大変お世話になりました。濁りのお陰で、初めての場所を何ヶ所も見れて、ますます狩野川好きになりました。大見川もあの水量ですと面白いですね。まだお邪魔させて頂きますので、宜しくお願いします。
ヘルニアさん オトリ缶もですが、日曜日は残念でした。
今度は、一緒に釣りができると良いですね。
Commented by KIKU at 2010-10-13 12:57 x
おかげさまで土曜日だけですが、なんとかアユの顔を拝んで納竿することができました。
実は伊豆半島の先端地域まで行ったのは生まれて初めてのことでしたが、なんだかスゴイところですね(笑)
あの成り行きからすると、日曜日は狩野川で竿を出したはずですが、あれだけの大雨ですと、悪足掻きする気にもならず、素通りしただけでした。
まあ、いつの日か狩野川で竿を出すこともあるかと思いますので、そのときにはあらためてよろしくお願い致します。

ちなみに私もオトリ缶を失くしたことはありません。
雨の予報であれば、多少に関係なく、決して川に漬けないことにしています。
オトリ缶失くすよりも、またオトリ買った方がよいと思うのは私だけでしょうか。
Commented by scott1091 at 2010-10-13 21:24
flymotoさん、こんばんは!

秋の鮎釣りは天気しだいですが、普通に釣れるということでは、狩野川、興津川は10月一杯が目安です。もちろん天気と川の条件に恵まれれば、付き場でなくても11月にも驚くような爆釣があります。

狩野川のオトリ店は10月一杯はどこも営業しておりますが、11月になる修善寺橋よりシモのオトリ店がメーンとなります。一番遅くまで営業する「津田おとり店」は、年内はオトリを確保していることが多ので、12月にチャレンジする場合は事前に確認を!年内一杯で禁漁となります。

寒くなると根掛かりは辛いですが、ウエーダーがあればガイドが凍る3月の芦ノ湖に立ち込むより、ぜんぜん楽ですよ!(笑)
Commented by scott1091 at 2010-10-13 21:26
ヘルニアさん、こんばんは!

そうなんですよ~。
鮎釣りをしない人から見たら、おとり缶はやっかいなゴミに過ぎません。
ヤエンに行ったら、海岸に打ち上げられているゴミを確認してみます。

今週からいよいよ「磯釣り探求」ですね!
海はラニーニャによる影響をもろに受けるので、よくも悪くも例年とは違う年になるはず。釣りは自然が相手なので、お互いそんな特別な年を楽しみましょう!
Commented by scott1091 at 2010-10-13 21:41
マルパパさん、こんばんは!

そーですね。あんなことがない限り、シーズン中に色々なポイントにご案内する機会はないでしょう。ご覧頂いたように、流程は短いものの流れに変化が多い狩野川。大見も含めれば、毎週通っても全ての場所で竿を出すには、3シーズン以上かかるでしょう。

私は竿を出したことがないポイントはありませんが、今年は特別解禁区を除けば、大きさの違いはあっても数的な釣果はどこも変わらないと思います。ぜひ色々な場所にチャレンジしてみてください!
Commented by scott1091 at 2010-10-13 21:52
KIKUちゃん、今シーズンお疲れさまでした!

当日はあいにくの天気でしたが、楽しい竿納めができたようで何よりでした。翌日は狩野川をご案内する予定でおりましたが、予想以上の増水でしたね。KIKUちゃんが悪足掻きする気にならなかったのは、まさにあの日一番降水量が多かった場所にいたからです。(笑)

オトリ缶の件は、翌日鮮度のよい状態で鮎をお持ち帰り頂きたかったから…。いつもは必ずオトリ店に預けに行くのですが、釣り場と距離があったので友人にガソリンを無駄遣いさせてはという思いもありました。良かれと思ってしたことが、全て裏目に出たパターンです。

私のオトリ缶は「SS-1800」が出てすぐに買ったものなので、もう20年近く使ったことになります。歳をとるわけです!(笑)
Commented by flymoto at 2010-10-13 22:00
今晩はTOMOさん
いつまで鮎釣りするかは未定ですが極寒の本栖湖や芦ノ湖を考えれば余裕ですね^^いつも色々と教えていただきありがとございます。

釣り後の焼肉?宴会?も興味津々です(笑)機会あったら混ぜてください、置き針仕掛けてから駆けつけます^^
Commented by ariari at 2010-10-14 09:50 x
お疲れ様です、10月とはいえ今年は暑い位ですし、そんなに釣れたら楽しくてなかなかやめれませんねぇ。私もセッセと尾鷲通いしております、海の上も例外なく暑い位で、当然海の中も暑いようで、今まで鯛釣りしていて釣れた事の無い本カツオが釣れてしまいました、(複数)。今年は鯛も異常に調子良いですし、これもひとえに異常気象のおかげ?でしょうか。喜んでばかりいられないような気がしますが。。。今年のアユ釣りも残すところあと少し?頑張ってください。
Commented by scott1091 at 2010-10-14 22:30
flymotoさん了解です。
機会がありましたらご一緒しましょう!
Commented by scott1091 at 2010-10-14 22:31
ariariさん、こんばんは。

今年は市場に入荷する魚も遅れ遅れでしたから、海水温がまだ高いのでしょう。思ったよりも、秋磯シーズンが遅れるかもしれませんね!仲間の話では、当地もアオリの数はまずまずながら、型は昨年と同じように小さいとの情報です。

ラニーニャの年は、日本は寒冬多雪で強い貿易風をともなうので、湧昇流の発生によって深層水から栄養分が供給されることにより、豊漁になると言われています。しかし特定の曜日しか釣りに行けない我々は、毎週時化続きで釣りができないという可能性も十分にあります。天気だけはどうにもなりません!
Commented by futoharisu at 2010-10-18 16:49
新ちゃんです。
この2週間、鮎竿を握ってません。。。(*`Д´)
※船には乗りました。
何時、納竿できるやら。。

10/9 KIKUちゃんもそこそこ釣れたとの報告を聞き、夕方には中伊豆の友人宅へ到着。西伊豆の釣果をご馳走になり床へ着きました。。。
しかぁ~し、早朝の大見川は濁流でした、、なので、狩野川放水路でハゼ釣りしてました。(笑)
藁科川はまだまだ行けそうですね。来週行けたら納竿になるかな。
Commented by きゃぷてん♪ at 2010-10-18 18:08 x
なんだかエライことになっているにも関わらず良く釣ってますね~、さすがでございます!しかも、ピカピカの鮎ばっかりでまだまだ鮎ロ~ドは続きそうですね(笑)
おかげさまで、私はこの時期に1ヶ月以上振りに竿を持って無事納竿の運びとなりました(爆)慣れない事をやり通した1年で、収穫があったのかどうかは分かりませんが、見えたものもあります。来年はもうちょっとそちらまで伺いに行こうと画策しておりますが、期待せずお待ちくださいませ♪
Commented by scott1091 at 2010-10-18 21:00
新ちゃん、こんばんは!

放水路のハゼは、5年に1回くらいの周期で超当たり年があるとヤエン関連でお世話になっている、「原田釣具店」で聞いております。今年は当たり年ではないと思いますが、毎年それなりに楽しめるようですね!

藁科川、興津川、狩野川は例年どおり10月一杯は普通に釣れると思います。私はアオリの成長を待って、11月の第一週までは竿を出す予定です!
Commented by scott1091 at 2010-10-18 21:13
よっちきさん、こんばんは。

長良川で無事竿納めができたご様子、ブログで拝見しました。慣れないことをするかどうかは別にして、何らかの目的を持って釣りをすれば、得られるものは必ずあると思います。

トーナメントのように、人より1尾でも多く釣るもよし。混雑して入る場所がないような状況で、誰も竿を挿さないような場所で爆釣するもよし。要は制約の中で、自分が思い描く釣りをいかに展開できるかではないかと!

釣れない言い訳を考えるほど、つまらない釣りはありません。来シーズンも釣りができる環境であれば、頑張ってくださいね!(笑)