人のいない場所にチャレンジ!その結果は・・・

高感度と軽量化を求めて、高弾性化とNP工法への切り替えを推し進めてきたフナヤオリジナル。今年リリースされた「龍星☆竿」と「龍芯竿」により、残されているレンジは一つのみとなりました。

それはまさに「征龍竿EM」より、ワンランク柔らかいクラスです(コードネーム:アルファ90)。これは一連のシリーズとして早い段階から企画されておりました。しかし今年はフナヤオリジナルの納期が大幅に遅れたことにより、プロトも遅れ遅れでそれどころではありません。修正パーツを除けば、プロトとして初めて工場から上がってきたのが、先週テストしたマルチレングスの「双龍竿 急瀬85/75」です。

「アルファ90」はイメージ的に当然ながら超高弾性路線を継承し、嵌合部も必要最小限の長さに。自重を200㌘前後に納めるためには4番~元竿の太さも制約されるので、良くも悪くも「征龍竿EM」より胴調子になります。
f0103126_19571857.jpg

そして一番問題になるのが折損リスク。当然ながら、フナヤオリジナルで一番折れやすい竿になります。もちろん折れない竿を作りたい。しかしこのスペックを求めると、丈夫さという点ではどのメーカーも似たり寄ったりだと思います。

メジャーであればお客様対応も組織化されておりますが、フナヤさんの場合は店頭以外は実質一人で対応しています。通信販売では、ほとんどの対応がメールや電話に限定されるので、クレーム件数が多いとその対応だけで忙殺されてしまいます。

「アルファ90」については、リリースするとしても早くて2012年ですが、マイナーがこのような竿を扱うのはかなりリスキーだと私は考えています。すでにかなりのご要望はありますが、軽量化と折損リスクは表裏一体。この事実について、はたしてどこまで理解を得られるのか?まずは来シーズン時間を掛けて、その方向性を見定めたいと思います。
f0103126_19572998.jpg

独り言はこの辺で!この週末の状況です。

先週テストしたプロトの修正パーツが間に合わなかったので、今回はテストはありません。値段的な制約や折損リスクを考えて、前回のテストでは当たり障りのない報告書を上げました。しかし開発責任者はその行間に、私が物足りなさを感じているのをしっかりと見抜いておりました。ここら辺は阿吽の呼吸なので、今からプロト2が届くのが楽しみです!emoticon-0105-wink.gif

ということで今回使用した竿は、おなじみの「征龍竿EM」です。いつもの時間にオトリ店に行くと、すでにマルパパさんが釣っています。先日の雨で、水位は平水より5㌢高くらい。鮎もしっかり動いたので、どこもサラ場状態に近く期待大。おまけに天気は秋晴れです。この好条件を裏付けるように、マルパパさんは短時間で5尾。サイズもオトリと同じか、それより大きいくらいです。
f0103126_19575142.jpg

↑初日は好条件で51尾

同じ場所に入ることも考えましたが他にも常連さんがいたので、この水位で有望であろう場所を選択します。最近は釣り始めるのが9時近いので、私の後から川に入ってくる人はおりませんが、上流から下がってくる人は多いです。これは10月の狩野川でよく見られる傾向で、おそらくこの時期になると狩野川を知らない人が増えるからだと思います。

遠めに瀬がぽっかり空いているので歩いてきたら、そこはオトリが入る余地もないような一本瀬。この時間に移動してくるということはオトリが回っていないので、そんな瀬に入るオトリはありません。しばし後、竿を仕舞って最初の場所に戻っていくという方が、土曜はかなりいらっしゃいました。

この日は落ち着いて待てる人は、平均して釣れていました。やはり秋の釣りは、浅い場所と水深のある場所では掛かるまでの時間差が大きいので、待つ時間と見切るタイミングが重要です。こんな感じで午前中は掛かりの早い浅瀬を中心に、午後は掛かるのに時間を要する深い流芯を釣りました。この日の釣果は51尾で、雄と雌の比率は7:3くらいです。
f0103126_1958182.jpg

翌日は川にオトリを残してきた関係で、午前中はその場所で釣ります。今年初めて入る場所でしたが、川に日が差すまでは厳しい状況です。マルパパさんも合流して、気持ちのよい秋晴れの鮎釣り。前日よりも平均的にサイズが小さいですが、マルパパさんはさらにサイズ的にギャップがあるとのこと。私の午前の釣果は21尾。

12時に川から上がるとすでにマルパパさんが食事をしており、移動したいご様子です。マルパパさんの車が大きいので、ポイントを選ぶにも駐車スペースを考慮しなければなりません。ご希望は帰りのことを考えて、なるべく下流域で大きい鮎が釣れる場所に行きたい。そんな場所、今年の狩野川にあるんかいなぁ?emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_19581343.jpg

この時間での移動は、有望なポイントでは入るのにも苦慮するのが10月の狩野川です。どうせ移動するならということで、鮎が大きいかはわかりませんが、下流域では大きな石があるポイントを選択します。

ちなみにその場所には、釣り人はいませんでした。マルパパさんは不安そうですが、鮎は海から遡上するので、天然遡上河川なら石があれば鮎の中抜けはありません。石の色も上流ほど良くはありませんが、これは多少濁りが入っている影響も勘案しなければなりません。
f0103126_2245265.jpg

私は狙い通りよいサイズの群れ鮎を発見しますが、なぜか掛る鮎は小さい。高い場所に上がって群れ鮎を観察しますが、どう見ても20㌢以上あるしバンバン食んでいます。この鮎の見釣りに時間を掛けすぎて、午後の釣果は13-2=11尾。下流域はゴミが多いので、根掛かりが辛いところ。今週からウエーダーなので、深いところは取りに行けません。emoticon-0106-crying.gif

午後はこんな内容ですが、マルパパさん共々尾数は少ないながら、強い瀬で目印を吹っ飛ばす22~23㌢クラスも掛かりました。この日の釣果は32尾で、雄と雌の比率はやはり7:3くらい。オトリの雌雄で掛る速度に違いが出てきたと感じますが、皆様の感想はいかがでしょうか?
f0103126_20245783.jpg

↑二日目は午後撃沈で32尾

by scott1091 | 2010-10-03 19:58 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(12)

Commented by きゃぷてん♪ at 2010-10-04 19:17 x
また、悪い釣りしてますね~。TOMOさんなら鮎がいなくても掛けそうです~(笑)
Commented by scott1091 at 2010-10-04 21:53
よっちきさん、こんばんは!

こちらでまとめてレスさせて頂きます。よっちきさんが9㍍の竿を使っていても、8㍍くらいにしか見えません。それぐらいリーチがあるので、短竿を使えば操作精度が飛躍的に良くなると思いますよ~。ぜひお試しあれ!

狩野川の場合は天然遡上河川なので、中抜けがありません。石があれば必ず鮎はいるので、たまにはこの週末のようなチャレンジも楽しいです!

そろそろ秋磯シーズン。今年も活躍を期待しております。
Commented by マルパパ at 2010-10-04 22:59 x
TOMOさん こんばんは
何時も車の心配までしていただき、ありがとうございます。午後の場所も駐車スペースを考えると、なかなか入れない場所だと思います。
川の状態も良く不安はりませんでしたが、誰もいないと目移りばかりしてウロウロするだけで、この時期にあった釣り方で無かったと反省しています。まだまだですね。この次は、目印吹っ飛ぶアタリ出します。
Commented by ヘルニア at 2010-10-04 23:31 x
こんばんは~ 恐るべし釣果!!!  燃えてきましたよ~ 
チョッと一休み中でしたので、メラメラと鮎モードの炎が・・・

パパさんの燃えるコメントも、ムムムッ って感じで、気になりますね~
Commented by scott1091 at 2010-10-05 21:45
マルパパさん、週末はお疲れ様でした!

シーズン初めて入る場所は、釣れても釣れなくても高揚があります。あのサイズがバンバン掛かればまさに桃源郷でしたが、人がいない理由はやっぱりありましたね~。タイミングしだいでは大釣りもありそうですが、いずれにしてもガイド失格です!

連休あまりにも混雑するようなら、もう一つの人のいない場所にチャレンジしてみましょう!
Commented by scott1091 at 2010-10-05 21:46
ヘルニアさん、こんばんは。
この三連休は第二のホームですね!(笑)

日曜に携帯を水没させてしまい現在乾燥中です。おそらく週末までに復活すると思いますが、念のため予定をメールしてください。経験的に三連休は中日が一番混雑し、移動日となる初日が一番人が少ない傾向ですが、天気予報では雨マークがありますね。

マルパパさんは初日は船、中日からホームとのことです。
(↑ドラゴンズのことではありません!(笑))
Commented by futoharisu at 2010-10-06 10:53
新ちゃんです。
あちこちから「納竿」のメッセージが届いている今日この頃です。
静岡はもう少し楽しめますが、藁科、興津の垢付きが良くないようで、狩野川は混雑するでしょうね。
西伊豆も今度の連休で下流部は禁漁となり、実質、終わりと・・・
土曜日は昼間で仕事があり(休みを取ってますが)、夕方までに狩野川へ乗り込む算段です。
翌日曜日は、友人宅にお邪魔し、西伊豆最後の釣行、月曜日は剣崎で沖の人となります。
Commented by 鮎迷神 富山支部 TA そーさん仲間です at 2010-10-06 22:32 x
ホームグランド神通です 秋川CHARAさんの友人でも有ります! 龍星竿90神通に持ってこいの竿だと思いますが いかがなものでしょうか?
Commented by そーさん  at 2010-10-07 02:49 x
お久しぶりです。 シーズンも大詰めを向かえ寂しい今日この頃!
 釣果も相変わらず寂しいのですが!
こちらの方で龍星竿90が気になる方々が増えてます。神通に来られ素際は是非事前連絡宜しくです。友達がTOMOさんに会いたがっているので。
Commented by scott1091 at 2010-10-08 23:05
新ちゃん、ど~も!

狩野川をホームにしていると、この時期に納竿する人は少ないですが、納会などでこの三連休に狩野川を訪れる方も多いです。そのため例年この時期が、狩野川では一番混雑します。加えて興津、藁科がそんな状態であれば、ま~竿1本分で並ぶのは覚悟しなければなりません。(笑)

新ちゃんのホームは、11日から下流域の一部区間が禁漁でしたね。楽しんできてくださいませ!
Commented by scott1091 at 2010-10-08 23:06
鮎迷神 富山支部TAさん、こんばんは。

「龍星☆竿」は「急瀬HIGH POWER」というレンジから、神通をターゲットに開発しました。したがって個人的には「Jinzoo Special」と思っておりますが、他の方々の意見はいかがでしょう?開発当事者が何を言っても手前味噌に過ぎません(笑)。そーさんのご友人にもお持ちの方がいらっしゃいますので、使用感などを聞いてみてくださいませ!

標準チューブラーに、オプションの「PTソリッド」と「HPTソリッド」の2本を加えれば、神通ではシーズンを通して使えます。今年の8月28日の釣行では「龍星☆竿+HPTソリッド」を使いましたが、写真にある瀬を最初から想定していれば「標準チューブラー」を選びました。穂先の使い分けの参考にしてください。
Commented by scott1091 at 2010-10-08 23:07
そーさん、こんばんは!

予定されていた手取川の産卵床整備、前回は増水で中止となりましたが、この週末に実現の運びですね!北陸でこの時期まで釣りができる手取川は貴重なフィールド。地道な努力が必ず実を結ぶと信じております。安全面には十分に留意して作業してくださいませ。

さて、私が神通に行くときはWaraさんに連絡するので、そーさんにも筒抜けでしょう(笑)。現在開発中のマルチレングス「双龍竿(85/75)」は、先日話に出た宮川共有も視野に入れております。お楽しみに!