な~んか、天気に恵まれていないような…。九頭竜遠征2回目

f0103126_2022594.jpg

↑獲り込み中のWaraさん

先週は日帰りみたいな釣行だったので、今週は金曜から九頭竜入りです。週中はずっ~と天気が良くて、今回は最高の遠征になると思っていたのですが、なぜか木曜に無情の雨。ダムの放水量が多いので、これで雨で増水すると入れる場所も限られてしまいます。

そんな状況ではありますが、2回目の九頭竜遠征を決行です。金曜の午前1時過ぎに家を出るときは、まさに土砂降りの雨~。道路が川のようになり、一部冠水して車のハンドルがとられるような状況です。Egaoさんに、福井はすでに雨が上がっていることは確認してはおりますが、岐阜方面はかなり降っているようなので心配です。emoticon-0107-sweating.gif
f0103126_20273446.jpg

↑今年リリースされた龍芯竿

雨による速度規制もあって、いつもより少し遅く「もりいし釣具店」に到着すると、目を引く車が1台。一見ノーマルのように見えますが、しっかりと足回りを固めたこの車は…。emoticon-0105-wink.gif

そーです。昨年、神通でお世話になったWaraさんの愛車です!

前日、メールの返事をしたときに、北陸(九頭竜&神通)遠征スケジュールを連絡しておいたのですが、最後に「これから少し寝ます」と書いたので、連絡するのを遠慮された由。お気遣い申し訳ありません。emoticon-0139-bow.gif
f0103126_20431935.jpg

↑ナイスバディのきかん鮎美ちゃんです

この日の九頭竜は、前日の雨で10㌢くらい増水しています。Waraさんと話をしている間に、Egaoさんにお願いして勝山漁協管区の状況を確認してもらいます。この水位だと、勝山でも楽しい釣りできそう。そしてしばし後に、EgaoさんからOKの電話です。

Waraさんとオトリを購入して、釣場に移動します。水位が高いのでウエットの上着を着て川に入りますが、天気予報に反して日が差してきてともかく暑い。10時半くらいにWaraさんの飲料が切れたので、熱中症になったら大変なので一度車に戻ります。この時点で私はジャスト20尾ですが、勝山らしい鮎の追いがありません。少し濁りが入ったせいでしょうか?
f0103126_20253561.jpg

↑午前中の釣果

せっかくご一緒しているので、Waraさんも中部漁協の年券を持っているので、そのまま移動して早めの昼食とします。今回も楽しい会話で、あっという間に1時間が過ぎてしまいました。依然水位は高いですが、Waraさんも流れに強いので中州に渡渉します。

Waraさんが「龍星☆竿」で私が「龍芯竿」なので、おのずと攻める場所が違ってきます。Waraさんは狭い範囲を丁寧に探って、私は流芯を流して16時過ぎに竿を畳みました。私の午後の釣果は41尾。最大は「もりいし釣具店」で計って22.7㌢で、他に22㌢クラスが3尾混じりました。
f0103126_20295122.jpg

↑午後の釣果

翌日はいつものパターンで6時から温泉に浸かって、7時から朝食です。食事が終わって部屋に戻ると、着信履歴があります。早々に準備をしていると、まずは乾坤一擲さんから電話。そして続いてEgaoさん。電話で話している間は準備ができないので、出発がどんどん遅れて行きます。

昨日の雨で岐阜方面は全滅のようで、ともかく人が多い由。どこもすでに車が一杯とのことなので、Egaoさんと私は釣場の広い坂東島に入ることにします。またまた大遅刻で車を走らせると、坂東島のキツ~イ流れの中に見慣れた釣り人の姿が…。そう「岐阜の漁師」さんです!
f0103126_20343695.jpg

坂東島の瀬の中で声を掛けて頂いたのは2008年8月。私のことを覚えているかわかりませんが、車から手を振るとすぐにわかって頂けたようです。身振り手振りで、本日の状況を教えてくれました。以前はオリジナルの8㍍30㌢の竿を使っていましたが、またオリジナルの竿を作られたみたいですね。見た感じでは9㍍より長そうです。

川見で通りかかった顔見知りの名人の話では、ここは数は出るがサイズはバラバラとのことなので、私は少しでも大きい鮎が掛かりそうなヒューム管周りに、Egaoさんはもちろん坂東島の王道コースです。
f0103126_2035717.jpg

↑誰もいなくなった瀬を果敢に攻める乾坤一擲さん。良型が竿を絞る

自分の釣りが暇なので他の釣り人を見ていましたが、ま~釣れないこと。右岸のオトリ店よりカミでは、ポツポツでも釣れているのは5人程度です。こんな感じなので、私は超硬ロッドながら深瀬でしっかりと泳がせて、午前の釣果は21尾。

昼食には乾坤一擲さんも合流します。夕方の地合い待ちで、しばし休憩タイム。午後は15時からスタートします。17時には誰もいなくなりましたが、乾坤一擲さんと私だけ17時半まで残業して、この日は終了です。ちょうど40尾になったと思って竿を畳んだのですが、オトリを選別するときに数えてみると、な~んと39尾でした…。

オトリ店情報では、この日はどこも追いが渋かったようです。
f0103126_20314950.jpg

そしていよいよ最終日。午前中上がりなので、朝食はコンビニのサンドイッチで済ませます。この日も釣り人は多く、早い時間から車が一杯です。乾坤一擲さんに電話をすると、あまりに人が多いので、帰ろうかと思うということなので、この日は朝から強制連行です。emoticon-0136-giggle.gif

この日も全般的に釣れていません。前日の感じから、錘の引き釣りでは釣果が期待できないので、この日は「Super LightⅡ(以降SLⅡ)」をチョイス。この竿の方が「龍芯竿」より竿先が利くので、「引き釣り泳がせ」が楽。また竿が少し柔らかい分、身切れにも有効ですし、今の鮎のサイズではタモ受けの場合はコントロールもしやすい。
f0103126_20372457.jpg

↑Egaoさんと連携してクロス作戦

後日また「フナヤ・オリジナル」の記事としてアップしますが、私は九頭竜の上川では超硬しか使わないので、「SLⅡ」と「龍芯竿」の2本がなくてはならないロッドなのです。どちらか一方だけでは、やはり微調整が難しい。九頭竜名物の強風や、流芯の立ち込みでは、小手先ではとても修正できませんからね。

ということで、この日は竿の選択に助けられて釣果を伸ばします。得意の奥義「超硬泳がせ」のパワー炸裂で、11時半上がりで前日一日の釣果より1尾少ない38尾。昼食は同じ釣場で会った「ひじき」さんも合流して、楽しいひと時を過ごしました。
f0103126_2039481.jpg

↑愛竿の「Super Light Ⅱ」。特注でノンペイント(NP)工法で仕上げました。クリアー全塗装とは感度が違います

釣りは「1.場所、2.腕、3.道具」と言いますが、Egaoさんの結論は「これは竿の違いだ!」とのことです。確かに過去の釣果を見ると、「SLⅡ」が完成してぐっと釣果が伸び、昨年の「龍芯竿」プロトで、さらに釣果が伸びましたものね。emoticon-0136-giggle.gif

個人的には、「これは2の違いだ!」と言って頂けると嬉しいのですが…。
正直、私も竿の違いだと思っています。emoticon-0102-bigsmile.gif

ご一緒した皆様、お疲れ様でした!
f0103126_2041113.jpg

by scott1091 | 2010-08-01 19:55 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(18)

Commented by 乾坤一擲 at 2010-08-02 21:57 x
こんばんは、TOMOさん
 先日はお世話になりましたm(_ _)m

 残業の板東島が癖になりそうです
 またご一緒くださいませ。

 追伸:間違いなく2-3-1の順だと思いますです(^^)/
Commented by flymoto at 2010-08-02 22:49
今晩はTOMOさん
私にはサクラマスでおなじみの九頭竜川の鮎は体高さもあるかっこいい鮎ですねこれからどんどんサイズもアップしていくんでしょうね。
川のスケールも大きくいつかは挑戦してみたいです^^

アドバイスしていただけるとありがたいのですが。。
ここ数回、一つの川の、同じポイントに入り少しづつなんとか釣果がアップしてきました。
そこでお伺いしたいのですが、私レベルの釣り人は同じポイントに通いなるべく多くの鮎を掛け方がいいのでしょうか?
それとも同じ川でも色々な場所に入りそこでいかに掛けるか!を考えながら釣るようにした方がよいのでしょうか?
気持ち的には釣れるポイントに行きたいと思ってしまうのですが。。。^^;
Commented by ひじき at 2010-08-02 22:50 x
先日はお世話になりました。

次回は、リベンジするべく
九頭竜川に出撃します
お会いできたたら
いろいろとご指南いただきたいとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

追伸:僕も乾坤一擲さんと同じく2-3-1の順だと思います^^



Commented by マルパパ at 2010-08-03 00:56 x
TOMOさん こんばんは、あの日の午前1時出発はスゴイの一言です。私ではトテモ走れる状態ではなかったと思います。
またまた釣れましたね、この前より大きいのでは?今週末は私も仲間に入れてくださいね。今度は一人で行きたいと思っていますが、運転が心配です。私も2-3-1に一票
Commented by きゃぷてん♪ at 2010-08-03 08:16 x
なんか盛り上がってますね~。そして、釣り過ぎ(笑)
私は、九頭竜川の上川に限っては『213』と思います。皆さんのように『231』というほど竿の知識もないのと、今の自分が良い竿を持っても釣果が上がるとは思えないので…ただ、今年の自分が九頭竜川で超硬を使ったら、昨年までと明確に違いと足りないもの(技術・性能)が分かるようになっていればいいな~と楽しみにしてるんですが、全く日程が決まりませ~ん。。。
Commented by scott1091 at 2010-08-03 19:53
乾坤一擲さん、こんばんは!
先日は写真、ありがとうございました。

私の少ない経験では、九頭竜で残業して良いことがあるのは、坂東島と北島(白峰~吉波)の二箇所です。特に北島の深瀬で経験した追いは、鮎釣り人生で最高でした。人がいなければ17時から入川してもよいと思うくらいですが、坂東島ほど釣り人の上がりが早くないので実現しておりません。

私が車中泊をするときにでも、一度ご一緒してみます?
癖になること請け合いです。
Commented by scott1091 at 2010-08-03 20:06
flymotoさん、こんばんは!
狩野川で頑張っている様子、ブログで拝見しております。

さてご質問の件ですが、結論から言えば、まずは2シーズン同じポイントに通ってください。ただし、注意してほしいのは、いつもここで釣れるというのではなく、なぜここはいつも釣れるのだろうという視点が必要です。

毎回、同じ場所で釣っていると、条件(天気、水温、水位etc.) や鮎の成熟レベルにより、鮎の付き場が違ってくることに気づくはずです。そして掛かった場所と共通性(波立ち具合、水深、底石の大きさ、ポイントのカミシモの状態、etc.)のある場所を周辺で探してみましょう。牧野郷くらい広い場所であれば、規模の大きい小さいはあっても、それなりに似通った場所があるはずです。また同じ場所でも自分の立ち位置を変えるだけで、違う展開があります。

こんな感じで常に「仮説と検証」を繰り返すと、3シーズン目は必ず他の場所に行きたくなるはずです。なぜなら、自分の川見能力を他の場所でも試してみたいと思うようになるからです。これはフライでも一緒ですね。数を釣らないと上達しないスキルも多いので、まずは釣れるポイント優先で頑張ってください!
Commented by scott1091 at 2010-08-03 22:13
ひじきさん、こんばんは!

釣場でよく対岸から私に気がつきましたね~。私はいつも地味な身なりなので、あれだけ混雑していると、見分けがつかないと思うのですが…。(笑)

九頭竜は、おそらく先週末くらいから土曜隠れに入ったと思います。初日の勝山で感じていたのですが、土日の周りの釣れなさっぷりで確信しました。おそらくこの週末も不調が続きそうですが、これも鮎の生態なので致し方ないでしょう。

厳しい条件でも釣れる鮎師を目指して、お互い頑張りましょう!
Commented by scott1091 at 2010-08-03 22:14
マルパパさん、こんばんは!

本当にあの日の雨は凄かったですね~。こんなこともあると思って、九頭竜遠征にあわせてタイヤを新調(POTENZA S001)していたので、安心して走れました。過去の経験から、タイヤ交換は早めにするようにしているが正解でした。

釣れたのは、たまたまです。
もちろんアームでも何でもありません!(汗)
運転、気をつけて来てくださいよ~。
Commented by scott1091 at 2010-08-03 22:15
よっちきさん、こんばんは。

ここでコメントしている方々は、私も含めて腕や立ち込み技量はほとんど同じ。ポイントも順番に同じスジを流していくので、これらの条件を前提にして「1」より「3」が前なのでしょう。

竿については正直、私はEgaoさんの竿では今の半分も釣れません。昨年トラブルがあって竿をお借りしたのですが、1時間やって釣果なしでした。あの竿で同じくらい釣るEgaoさんは、やっぱり元職漁師。立ち込み技量も含めて、格が違います。
Commented by flymoto at 2010-08-03 22:35
TOMOさん今晩は
いつもいつも親切丁寧にお答えいただき感謝感謝です、ありがとございます。色々考えながらやってみます^^
Commented by ヘルニア at 2010-08-04 00:08 x
TOMOさんこんばんは~
やはり少し増水の坂東島・・・スケールが違いますね~
サイズも数も、ケタ違いでビックリしました~ 

土曜日この条件で、『TOMOさんの釣果は、どうなのか???』
気になっていましたが、やっぱり流石ですね~

私は 2-1-3に一票・・・オトリも大切ですが
Commented by ariari at 2010-08-04 13:01 x
お疲れ様です、さすがの釣果ビックリです。今週末も九頭竜ですか?私も金曜のみ行く予定です。TOMOさんの半分目指して頑張りますです。ちなみに私は2だと思います、場所選び、川見も腕のうちのような気がします。
Commented by scott1091 at 2010-08-04 22:30
flymotoさん、この週末も頑張ってくださいね~。
Commented by scott1091 at 2010-08-04 22:30
ヘルニアさん、こんばんは!

貴HGは、先週日曜はメチャ混みでんがなぁ。左岸、センターともに渋滞で、にっちもさっちも行きませ~ん。釣況は、ポツポツでも釣れているのはセンター中段より少し上の一人と、左岸定位置の二人くらいですが、皆さん忍耐強いです。私は気も弱いし体も弱いので、人が見切ったB級ポイントでひっそりと釣らせて頂きました。

友釣りではオトリが一番重要ですが、良いオトリを循環させるのもやっぱり腕ですよね!(笑)
Commented by scott1091 at 2010-08-04 22:31
ariariさん、こんばんは!

私は混雑が苦手なので、なるべく人が少ないところ、また人が多くても少しづつ下がらざるを得ないところを選んでいます。そういった場所で、型も数も最高を目指しているのですが、なかなか竿頭にはなれませ~ん。(>_<。。)

ariariさんのご指摘のとおり、場所を見抜くのも、オトリを循環させるのも、トラブルのない仕掛けを作るのも、これは全て腕です。私の場合は、本当にたまたまなんですけど…。(^-^;アセアセ

今週末も九頭竜を予定していますが、8日に「九頭竜川中日アユ釣り名人大会」が開催されるので、下見や本戦でこの週は混雑するんですよね、毎年。ちょっと憂鬱です!
Commented by ariari at 2010-08-05 20:49 x
今週釣り大会ですか?かなり憂鬱になりました。。。なんせ混雑が嫌いで交代勤務を選んだほどですから(笑)。情報有難うございます。明日は飯島と北島以外の場所の開拓に潰してみます。
Commented by scott1091 at 2010-08-09 22:46
ariariさん、こんばんは!

北陸道で初めてお会いできましたね。私は追い越す車は全て見ているので、車載の竿ケースで釣り人であることにすぐに気がつきました。もしかしたらと思い、減速したところ会釈されたので、その時点でariariさんだと確信しましたよ~。(笑)

飯島に行かれるとのことでしたが、楽しい釣りができましたか?またお会いする機会がありましたら、気軽に声を掛けてくださいませ!