今週は梅雨らしい鮎釣りでした!

順調に水位が下がっていた狩野川も、水曜に山間部で降った雨で再び90㌢の増水。土曜は15㌢高くらいまで回復しますが、少し濁りが残っている状態です。週末の天気予報はいずれも雨マークがあるため、釣り人はもとより観光客も少ない週末でした。

水曜の増水により新垢はまだ期待できませんが、わずかに残った垢の状態は悪くありません。こんな場所はまだ限られていますが、釣り人が少ないのでどこでも入れそうです。マルパパさんがご友人二人と来られたので、先週釣った場所を譲って川見をしながら有望ポイントを探します。
f0103126_1933623.jpg

まず最初に入った場所は残り垢はばっちりですが、上下の瀬がまだガンガン状態。この狭い開きに放流物が残っていればよいのですが、やっぱり掛かってくるのは天然のチビちゃんばかり。二度にわたる増水で、放流物は少なからずダメージを受けているはずです。

早々にこの場所を見切って、次はもう少し下流域へ。ここも増水すると流芯が左岸に抜けるので、右岸側の開きはまずまずの垢状態です。手前から天然を掛けていきますが、やっぱりサイズが小さいです。この時期の残り垢狙いはどうしても小型なので、ある程度オトリを確保してから流芯にも竿を挿します。

垢がほとんどない状況ですが、やっぱり流芯で掛かる鮎は大きい。数は少ないですが、掛かった鮎は全部天然。こうなると、どうしても放流物の状況が気になります。おそらく発病ぎりぎりのところで踏みとどまっている可能性が高いので、そういった状況の鮎が貯まりやすい場所に移動します。
f0103126_1933403.jpg

この日3ラウンド目に選んだ場所は、瀬が流れ込む広いトロ。平水ではほとんど竿を出すことがない場所で、川底に大石が点在するポイントです。大石の垢はやや薄い感じですが、よいサイズの鮎が食んでいるのが見えます。ここで足元から大石に向かって泳がせると、石裏に入った瞬間に目印が飛びます。やっと「静岡2系」を見つけました。

掛かる鮎はどれも当たりは良いですが、オトリにすると泳ぎは今ひとつ。釣れた鮎には病気の初期症状が見られるものも混じりました。現時点では昨年と同じようなレベルなので、1㍍以上の出水が続かなければ、放流物も踏みとどまってくれるのではないかと思います。ちなみに天然はまったく問題ありません。

この日は時折雨が降りましたが、カッパを着る必要はなし。風がほとんどなかったので、天然ビリでも十分に楽しめましたが、最後のポイントではまずまずのサイズが揃いました。
f0103126_19334968.jpg

↑土曜は10分残業して16時10分にやっと30尾を達成008.gif。防水カメラの調子がめちゃくちゃ悪くて、どう撮影しても色が変です?

翌日の日曜は、夜半からかなりの雨です。天気予報では昼から曇りとのことなので、濁りが入らない程度の降りで上がればよいのですが…。道中、川を見ながら車を走らせますが、どこも釣り人はおりません。8時少し前にオトリ店に到着すると、雨の中友人が一人だけ釣っています。

ここで釣りを見学しながら1時間くらい時間をつぶしますが、一向に雨が止まないので、意を決して濡れながらお着替え。昨日よりも濁りが強くなり、水位も心待ち上がってきました。加えて最悪なのが強い風です。こんな状況ですが、午前中は昨日マルパパさんが最初に入った場所に入川します。

この日は昨日の反省を踏まえて、いくつか違うパターンのハリを用意してきました。これが功を奏し、天然6割、放流4割で午前の部は17尾。12時ぴったりに食事に上がりますが、この時点でもまだ雨が降っています。
f0103126_20441032.jpg

↑日曜は午前中の雨と増水のため、第二の狩野川銀座が貸切でした006.gif

食事をしている間に雨が上がったので、午後は違う場所に移動です。朝の時点から5㌢くらい増水したでしょうか?風が止むことはなさそうですが、今年初めて第二の狩野川銀座に入りました。昨日マルパパさんが2ラウンド目に入ったときより水位が上がっているので、どうでしょうかね~。025.gif

まずはガンガンの流芯はパスして、残り垢のある開きから攻めていきます。狙った場所では必ず掛かりますが、「静岡2系」が見つかりません。徐々に下がりながら探って行きますが、見つからないまま一流し目は終了です。
f0103126_19342640.jpg

↑日曜は41尾。この日はGX200で撮影

こんどはじっくりと粘りながら釣り上がると、やっと見つかりました! 昨日のようにトロ場ではなく、流速があまり早くない平瀬。掛かる場所はやはり石裏ですが、きれいな鮎が小気味よく掛かってきます。ウエーダーなので石色のよい場所になかなか竿が届きませんが、最後は浸水覚悟で立ち込みました。006.gif

この日は16時に竿を畳んで、午後の部は24尾。シーズン初めて入るポイントは、新鮮味があって楽しい!ましてや増水、垢飛びともなれば、川見の真価が問われます。008.gif

by scott1091 | 2010-06-27 19:34 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(13)

Commented by きゃぷてん♪ at 2010-06-27 20:56 x
私はカッパを忘れてズブ濡れでした^^;
ソリッド、初めてセットしましたよ。正解ですね!ナイロンでも30%アップの感度の理由が明確に分かりました。TOMOさんの竿もなんでソリッドにこだわるのかとも思っていたのですが、感度を重視したロッドには基本的にロッドテンションという概念が前提としているようですね。いままでのソリッド(急瀬)とのソリッドとの違いが分かりました。2・3番を強化?している理由も胴調子との違いもなんとなく理解できた気がします。こうなると、ノーマル穂先の出番がなくなってしまうと思ったりもするのですが、いかがでしょう?TOMOさんの竿には穂先が何本あるんでしたっけ?マイスターのソリッドとPTソリッドとの違いに興味が沸いてきました^^
Commented by scott1091 at 2010-06-28 20:14
よっちきさん、安曇川で爆釣だったようですね。
来年の鮎釣りの本は、琵琶湖流入河川で特集記事1本は決まりでしょう。

さて穂先の件ですが、「チューブラ」と「ソリッド」ではそれぞれの特徴があります。ソリッド穂先は、オトリが弱らない、また自然に泳ぐといった効用から、チューブラに近い感覚で感度を狙ったものに進化しつつあります。ダイワのSMTなどは、まさにその最たるものですね。

しかしソリッドで注意しなければならないのは、一定以上ソリッドが曲った状態になると、感度が落ちてしまうことです。これはソリッド部分が入りっぱなしになると、それが逆に緩衝材となって穂先のチューブラ部分に細かい動きが伝わらなくなるからです。

したがって感度を狙ったソリッド穂先の場合は、大きな鮎や3号以上の錘を使う釣りには向きませんし、私は必要性も感じておりません。あくまでソリッド部分が軽く曲る範囲で使用するのがベストです。

「征龍竿EM」はソリッドの替穂が3本付いていますが、感度系のソリッドは「PTソリッド」と「HPTソリッド」の2本。マイスターの専用ソリッドは見たことがありませんが、おそらく「PTソリッド」と仕様は同じだと思います。
Commented by マルパパ at 2010-06-28 22:26 x
TOMOさん こんばんは 土曜日より増水での釣果 しかも良いのばかりでビックリします 私も前日狙ったのですが遡上物ばかりでした 私はどちらかと言うと このような釣りが本来好きですので楽しめました
同行の二人もすごく楽しかった様でした また一緒に行こうと言っていますので お邪魔でしょうがよろしくお願いします(見た目悪いですがそれほどでもないので)
Commented by きゃぷてん♪ at 2010-06-28 23:16 x
少なからず、ソリッドのテンションの掛け方は体得できているつもりだったので非常に入り込みやすかったです。でも、私はチューブラーの釣りを求めているのような気がしていたのですが、自分の釣り方が変化(進化???)したのでしょうか?穂先確認しながらやってもほぼイメージ通りの穂先の曲がりでした。まだまだ、模索中ですが。全てのシチュエーションで突出した答えが出せるように五感+1を磨いていきたいです。
今週末は束釣り続出確実のヒロセが解禁になりますが、性に合わないので行き先を考え中です。岐阜は厳しそうですし、回復の早い岐阜の河川は遠いし、もう一度朽木かなぁ。高水そうなので、やったもん勝ちですね。大味にならないようにやってみます♪
Commented by scott1091 at 2010-06-29 22:24
マルパパさん、こんばんは!
先日は自家製のジャガイモ、ありがとうございました。
さっそく家族で頂きましたが、美味しかったですよ~。m(_ _)m

日曜は朝からかなりの雨だったので、本当に一部の人しか竿を出しませんでした。全川通じて、20人程度だったと思います。雨と強風で土曜よりはタフな条件でしたが、気温が低くなかったので鮎もそこそこ追い気がありました。

これで梅雨が明けると天然の大型が掛かり始めるので、そうなったら迷わず流芯です。それまでは、天然ビリと放流物を釣り分けるような釣り方をすると、釣果も伸びると思います。あまり釣っていないので、参考になりませんが…。(汗)

ご同行されたお二人も、楽しんで頂けたようでよかったですね!
Commented by scott1091 at 2010-06-29 22:29
よっちきさん、こんばんは。

穂先の件をもう少しフォローすると、私は「ソリッド」と「チューブラー」の垣根がまったくありません。ちょっと乱暴な表現をすると、そのシチュエーションで最高の感度が得られる穂先がベストです。したがってこの時期は「PTソリッド」の出番が多いですが、梅雨が明けると「HPTソリッド」や「チューブラー」の出番が多くなります。

これは川の規模が小さくても、オトリが強い底流れに定位すると、誘いを掛けるときに先に述べたソリッドの「ノー感度ゾーン」で、オトリの状態を訊(キク)くことになるからです。もし使っている穂先で、根掛かりにすぐに気がつかないようなバランスであれば、迷わず穂先を交換。そして「チューブラー」でもそのような状態になれば、ワンランク硬い竿を選びます。

こんな感じで、私は従来の効用とは別次元でソリッド穂先を捉えているので、「低負荷系」の「NTソリッド」の出番はシーズン通してありません。ご参考まで!
Commented by きゃぷてん♪ at 2010-06-29 22:46 x
ふ~む。よくよく考えると私はチューブラーでの微妙な穂先コントロールができていなかった。というよりも、明らかにソリッドの方がコントロールできている…というのが、今になって感じ始めています。そうか~、垣根がないんだ?TOMOさんの釣りは私には不思議に見えてならないんですが、TOMOさんも私の竿のT橋Y次も私の想像以上にテンションが利いている感じです。O澤弟はちょっと釣り方が違うにしてもあの釣り方で釣れるんや???(何故?)といった感じで、ある意味、似てるような気がしなくもない…
TOMOさんの開発過程を見て、ソリッドにも色々あることを知ってちょっと興味津々です。知り合いに2~3名、EXユーザーがいますが、話を聞いて面白かったです。竿の開発ってメチャクチャ難しいですが、面白そうですね~。また、Qちゃんで話、聞かせてくださいね♪
Commented by futoharisu at 2010-06-30 18:08
なるほどぉ~(`◇´)
ボクも「ソリッド穂先」は食わず嫌いだったようです。
流行りだした頃、使ってみて「う~ん、判らない、もう使わない」となってました。
征龍竿を使うに当たり「感度」に重点を置き、ナイロン、フロロは封印しました。「感度に慣れるためテンションを架けた釣り」を心がけたんですが、ず~っとやってると疲れちゃうし、囮が小さいと出来ない。
んで、いつもの釣り方が出ちゃうんですが「お!掛かり具合まで良く判る。」と・・・「征龍竿が優れてるんだぁ~」と。
しかし、ここで解説された点を拝見しますと、ソリッドに対する先入観が払拭されただけでなく、釣り方自体のヒントもいただけました。
イメージが一気に広がりますね。ウズウズしてきますね。
日曜日は腰が痛くても川に入ろうっと。
Commented by scott1091 at 2010-06-30 21:27
よっちきさん、今回は引っぱりますね~。(^ω^)ρ

前回のコメントと齟齬するようですが、感度系ソリッドである「PTソリッド」も、従来の効用は少なからずあります。したがって「チューブラー」よりもファジーな操作でオトリを平均的にコントロールできるため、釣り人の集中力が高まるという二次的な効果があります。これがまさに、よっちきさんが「明らかにソリッドの方がコントロールできている…」と感じる所以です。

残念ながら小澤さんの釣りを間近で拝見していないので、何とも言えません。しかし映像や対談記事、トークショーなどの内容から判断すると、オトリの状態はかなり近いのではないかと感じています。引いているときの竿の角度が多少違うのは、おそらくシステムの違いによるものでしょう。もちろんアームの違いは歴然ですけどね、きっと!(;^_^

竿の開発は面白いというより、先が見えるまでは悩みが多くて憂鬱です。
ユーザーの皆様に、よろしくお伝えくださいませ!(^o⌒*)/
Commented by scott1091 at 2010-07-01 05:47
太ハリスさん、こんばんは!

私のスタイルは引き釣りがメーンではありますが、完全な糸フケによるカミ飛ばしも、レベルは低いながらかなり得意です。(笑)

先日お会いしたときにご説明したとおり、ラインの水切り音を感じながらする泳がせ釣りは、また別次元の世界です。私は今の竿になってから、どんなスタイルでも穂先を見ることがなくなりましたから…。

鮎竿は全てのスタイルにおいて、感度がもっとも優先すると私は考えております。せっかくですからナイロンやフロロを封印せず、あらゆるスタイルで、感度が良いことによるアドバンテージを体験して頂けたら幸甚です。
Commented by futoharisu at 2010-07-01 15:01
TOMOさん
ラジャァーです。∠(@O@) ビシッ!
確認のため、何度か使います。
小生、どちらかと言うとナイロン、フロロの釣りがメインでしたが、今回を期に苦手な複合一本槍に決めたんです。
お聞きした「水切り音」、感度を活かした釣りでは複合を使えるようにならんと思いまして。
1年掛けて、いろいろ楽しんでみます。
Commented by scott1091 at 2010-07-03 06:01
太ハリスさん、('◇')ゞラジャ、(*`゚∀゚)ゞラジャッ!!、(*^о^*)ゞらじゃ~。

私は一番使うのがメタルで、次が複合です。フロロの出番はほとんどありませんが、0.15号と0.2号は常時携行しています。ナイロンは劣化が早いので、ここ数年持ち歩いておりません。

腰の調子はいかがですか~。この週末もまた雨マークがありますので、無理しないでくださいね!
Commented at 2010-07-03 09:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。