毎年、解禁二日目の日曜は雨です!

日曜日は絶望的な天気予報。ウェザーニューズの「ピンポイント天気」は非常に精度が高いので、わずかな期待も持てません。残る望みは雨の降り方のみ。本降りなのか土砂降りなのかといったところでしょうか?emoticon-0106-crying.gif

しかしこの日は遠方から釣友が来るので、午前中だけ竿を出します。昨日、放流物を十分釣っているので、この日は天然物の状況が確認できそうな場所に入川します。
f0103126_17471371.jpg

ときおり土砂降りの雨になりますが、今年は雨が多いのでなかなか濁りが入りません。放流物も個体によって移動するので、100%天然とは行きませんが、狙う場合はいくつかの目安があります。

①近くにオトリ店がないこと
②上下に淵がないこと
③放流物が付きにくいポイントを選ぶこと

こんなところでしょうか?
f0103126_17472566.jpg

経験的に初期は、型のよい天然は天気が良くないと追ってきませんが、ビリは梅雨時期でもいい感じで掛かります。型のわりに当たりがよいので、風のない雨の日などはこのサイズでも飽きることはありません。

6月狩野川で行われる予選会では、体長制限がない場合は、このビリが獲れないと予選通過はできないと感じられている方も多いはず。くじ運が悪く、また1回戦目でしっかり抜かれてしまったポイントなどでは、中途半端なことをするよりビリ狙いに徹するのも一つの方法だと思います。
f0103126_17475812.jpg

この日の釣果は3時間半で15尾。昨日の解禁とは時速で4尾近く違いますが、個人的にはこちらの方が難易度が高かったです。(←とはいえ、もう少し掛けないと…)

ちなみに大きい鮎は放流物。
一番下の鮎以外は、全て鼻環を通しました。

by scott1091 | 2010-05-23 17:48 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(0)