新しい沢を開拓!

例年この時期になると、釣りに行く場所に悩みます。その理由は、通い慣れた沢の調査がひと段落するから。4月中旬を過ぎると、ヤマメはもとよりイワナも水面に反応するようになるので、行動範囲がぐっと広がるのですが…。

ということで、今年からマイナーなアマゴの沢を開拓することにしました。上流にどんな険悪な谷が待っているか予想できないため、今まで数々の沢を一緒に開拓した友人と同行します。

まずは古いガイドブックや地図を頼りに、天然魚が生息しそうな沢を絞り込みます。選んだ小河川は2本ですが、その上流の沢となるとそれなりの数になります。地図の等高線の密度から、すぐに突き上げてしまうであろう沢や、滝が連爆といった沢を除外して、第一候補の沢を決定します。
f0103126_22272931.jpg


そして車止めから歩いて、渓相が良くなったところから入渓。前日の雨で水量が多いので、水深のある場所はしつこくフライを流します。そして3回流したところで、いきなりフライに出ました。これはフッキングしませんでしたが、すぐに記念すべき1尾目をゲット。最終的にこの場所で5尾もフライに出て、その上の段でもすぐに反応があります。

出だしからこんな状態なので、二人の期待度はすでに針が振り切れるくらいMAX状態。友人と新しい沢を調査する楽しみを語らいながら、遡行していきます。そしてその後も大場所が連続しますが、しばらく魚の反応がありません。水深があるので反応しないのか、はたまた餌釣り向きのポイントなので抜かれてしまったのか?

そんなことを話しながら釣り上がりますが、結局最初の場所以外はまったく魚の反応はなし。どうやら魚止めを超えてしまっているようです。そこからさらに滝や巨岩を巻きながら1時間くらい遡行し、魚が完全にいないことを確認して、まずはこの沢の調査を終了します。

陽だまりで昼食を食べてから、次ぎの候補の沢に移動。堰堤の上に大きなプールを見つけてそこで魚を探しますが、この沢はまったく生命感がありません。水質もあまりよくないようなので、一応その上流域の渓相や森を確認してから、この沢はパスすることにします。
f0103126_22274738.jpg

そして3番目の沢に入ると、小さいサイズながらコンスタントに反応が続きます。この日はすでに時間がないので、2時間ほど遡行して調査は打ち切り。サイズが小さいものの数は多いので、さらなる調査が必要との結論に至りました。

翌日の日曜は天気が崩れる予報なので、初めての場所は避けてヤマメの渓流へ。気温3℃、水温5℃という今季もっとも厳しい条件に加えて、午後からは雪。あまりの寒さに魚の反応も悪く、久々に友人と早上がりしました。

今年はいつまでたっても寒い日が続きますね~。
今週は「三寒四温」どころか、「七寒零温」という状況でした。
4月に入ったら、一気に気温が上昇しそうな予感がします。
f0103126_2228479.jpg

by scott1091 | 2010-03-29 22:26 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

Commented by きゃぷてんジャックスパロ~ at 2010-04-05 22:17 x
開拓調査、お疲れ様でした。単なる魚好きでもなかなかできないのではないですか?自分たちだけのパラダイスを極秘に登って行く話はよく聞きますが…再調査の沢が楽園であればと願い、心待ちにしています!
Commented by scott1091 at 2010-04-06 21:28
今週も新しい沢に入渓しました。

初めての沢を遡行するのは、釣れなくてもアドベンチャー精神を掻き立てられます。ましてや狙い通りの釣果が得られたら、これ以上の楽しみはありません。

鮎が解禁になると中断するので、全ての沢を調査するのに3年くらい掛るのではないかと思います。