柳の下に二匹目のドジョウはいたのか?

この週末の潮は「中潮~小潮」で、月齢は「6~7」。潮そのものは小潮ですが、月は小さいながら上がるのが早いので、個人的には好きな潮周りです。

金曜日に釣行した友人の情報では、かなりうねりがある様子。地合いが満潮時間に近いので、波の這い上がりに注意しなければなりません。最新の気象衛星のデーターでは、僅かながら海水温に変化があるようなので、慎重に場所を選定します。

目星をつけた場所は、海水温は15℃台後半とまずまずながら結構なうねり。少し高い場所に釣座を構えますが、ギャフ掛けのときは飛沫を浴びそう。そして明るい内に、まずは一発。
f0103126_22564079.jpg

はい、アオリではなく海水シャワーです。008.gif

タオルで濡れたウエアーを拭いていると、BB-Xの逆転音。久々にトルクのある「Ziーーーーー」、「Jiーーーーー」、「ジィーーーーー」。竿で訊くとアオリはヤル気満々の感じなので、さっさとヤエンを入れちゃいます。そしてヤエンを送り込んでいる最中に、もう一方の竿から逆転音。こちらもいい感じ!

テトラ際はザッブンざぶん状態なので、タイミングを計るためギャフ掛けに時間が掛かります。そして時間の経過とともにうねりがさらに大きくなって、本日2回目の海水シャワー。海水が冷たく感じないのがありがたい。本日2本目のタオル使用です。003.gif
f0103126_231488.jpg

この間も順調に当たりが出て、写真なんか撮っている場合じゃない。な~んて思いながらポケットからカメラを出すと、「あれ、電池入ってません?」。画質が悪いけど、ケータイ写真で我慢しましょう。

すっかり暗くなってからは、アジを抱いたアオリは浮きっきり。捕食中のアオリがうねりにあわせて上下するので、ヤエンが海中から出たり入ったり。ヤエンに灯りを付けているので、すっごくエキサイティングです。

一番浮いていたアオリは、灯りがほとんど海中に入ることなく掛かってしまいました。こんな状況ですが、この日一番苦労したのがギャフ掛けです。寄せ過ぎるとテトラに吸い込まれてしまうので、ともかく時間が掛かります。
f0103126_2257087.jpg

いったい何時なんだろうと時計を見ると、まだ1時間しか経っていません。「こりゃ~忙し過ぎるぜー」と思っていると、本日三回目の海水シャワー。これで3本目のタオル使用です。そしてとても楽しい時間を過ごして、まもなくアジが終了というタイミングで、この日最大を予感させる当たりです。

う~んと沖で掛けたので、寄せてくるのに一苦労。うねりに合わせて、「巻く、竿で抑える」を繰り返して足元まで寄せますが、ここからがまたまた一苦労です。何とかギャフ掛けしますが、掛かりどころが悪い。

一度足元に置いて、ギャフを掛けなおそうと思ったら…。
f0103126_22572260.jpg

「あー、アー、あぁーーー」という感じで、スローモーションのように滑り落ちて、ヤエンともどもテトラに吸い込まれていきました。007.gifアオリよりも調整を重ねた「100%ヤエン」を無くしたのが超~痛いです。さっさとヤエンを持てばよかったのに…、反省。002.gif

その後気を取り直して、上がりとなるアオリを2杯追加してこの日は終了です。結果は11当たりで10杯。サイズは1㌔~500㌘で、平均サイズでは今季2番目の成績でした。

そして翌日も懲りずにGoーーー
f0103126_2257418.jpg

友人と前日に近い場所に入りますが、世の中そんなに甘か~ない!一晩にして海水温は14℃台に低下。カメラの準備もばっちりなのに、肝心の当たりがありませ~ん。

結局この日は2当たり2杯で、サイズは400~500㌘。「柳の下に二匹目のドジョウはいない」という、格言どおりの週末でした!

by scott1091 | 2010-02-21 22:52 | アオリスト(Aorist) | Comments(0)