う~ん、今年はアオリが小さいぞー!

寒波と強い西風、そして地震と重なったので先週の釣りはお休み。でも釣りに行かないと、何となく体調が悪いし生活にメリハリがありません。ということで、強い南西の風が吹く中、釣りに行ってきました。

連日の強い西風により、海水温は急激に低下して湾奥は16℃台。12月の第三週はまだ20℃台だったので、かなり厳しい状況です。西高東低の気圧配置により晴れるのは良いけれど、アオリストとしては曇りや弱い雨でも風がない方がベターですよね~。034.gif

こんな状況なので、餌アジの購入も少なめ。予想どおりかなり波が立っていて釣り人がいないので、今年初めて人気ポイントで竿を出します。強い風で竿が飛ばされないよう固定し、一本は手持ちで当たりを待ちますが、アオリの反応はありません。
f0103126_23141650.jpg

暗くなってからやっと当たりがありますが、うねりにあわせて竿がお辞儀するレベルです。距離にして35㍍くらいなので、テストを兼ねて早々にヤエンを投入。まずは難なくゲットするも小さいので、ハリの掛かりどころを確認してからリリース。

すぐにまた同じ竿に当たりがありますが、リールの逆転にトルクがありません。このアオリは底付近にいるので、完全に底を切ってからヤエンを投入し、これまた難なくゲット。今回のヤエンは前回のヤエンを微調整したものですが、かなり良い感じに仕上がりました。001.gif

その後はさらに風が強くなり、アジが沈まなくなったので錘を打ちます。経験的に水温が急激に低下したときは、アオリは底付近で食ってくることが多いので、アジが中層にいると釣れる気がしません。
f0103126_2327429.jpg

沈めればウツボが多くなりますが、こればっかりは仕方がありません。アジが藻の中に潜らないように竿で聞きながら、ひたすらアオリからの当たりを待ちます。そしてやっと当たりがありますが、かなりウツボ的な当たりなので、しっかり確認してからヤエンを投入します。

この日は時化ていることもあって、ウツボも頭をほとんど振らずに寄ってくるのが何尾かいました。強風で竿を煽られることがより判断を難しくしますが、大事なヤエンをロストするわけにはいきませんよね~。

アジを少なめに購入しましたが、この日は当たりも少なくウツボの当たりがなければほとんどリリースして帰るような状況でした。この日の釣果は、4当たりで3杯+リリース1杯。今年はキロ物はおろか、800~900㌘台もほとんど釣れません。今後の成長に期待しましょう。006.gif
f0103126_23272772.jpg

by scott1091 | 2009-12-23 23:05 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by きゃぷてん♪ at 2009-12-26 12:59 x
お疲れ様です。
マイナスイオンにあやかりたいのは釣り人の性ですかね?^^
そちらでもサイズは微妙な感じでしょうか?しかし、立派な仕留め具合でさすがですね。ヤエンの仕上がりも順調のようでいい感じじゃないですか!これからどれくらい上昇してくるか楽しみですね!
Commented by scott1091 at 2009-12-27 10:57
よっちきさん、お久しぶりです。

やっぱり釣り人はフィールドに出ないとだめですね!体調もさながら、釣りをしていないと物欲に走りそうで怖いです。(笑)

今年のアオリは、数的には多いという人もいれば、少ないという人もいますが、はっきっりしているのは平均的に小さいということ。ベイトフィッシュも多いので、エルニーニョの影響で産卵時期が遅れたのかもしれませんね~。

しっかりした先生について、磯釣りを勉強しているようですね!どんな釣りでも、人より釣る人は必ず違うものを持っております。同じようにできるかは別にしても、それに気付くことができればしめたものですよ~。頑張ってください。