期待したほど当たりなし!

この土曜は月齢11.3の中潮。アオリストとしては非常に期待が高まる潮ですが、時間帯が干潮の潮止まりにかかるのが気になるところ。新作ヤエンの調子を見たいので、明るいうちに当たりがあるとよいのですが、予想に反してアオリの反応がありません。

暗くなってから最初の当たりがありますが、引きから判断して小さそう。いつまでたってもアジの頭を落せそうもないので、さっさとヤエンを投入します。そしてヤエンが到達するくらいに「ふっ」と軽くなって、お決まりのGone。emoticon-0107-sweating.gif

次ぎの当たりも同じような感じで連続バラシ。小型のアオリ用に11㌘で仕上げた「跳ね上げ式A-RB Yヤエン(Type1)」ですが、軽すぎて水中での走りが今ひとつ。春まで使っていた「A-RB Yヤエン」13㌘に交換して、まずは1杯ゲットしてボー〇を回避します。
f0103126_1958288.jpg

これでヤエンの到達時間を感覚的に確認し、次ぎの当たりから新しいヤエンのテストを続行します。試行錯誤しながらヤエンを送り込みますが、やっぱりバラシが多い。足場の高さやサイズの問題もありますが、ローラーの水中抵抗を考えるとヤエンを12~13㌘くらいで仕上げた方が仕事が早そうです。

この日はウツボによる被害も多く、結局8当たりで4杯という結果でした。従来のヤエンを使っていればもう少し獲れたと思いますが、本格的なシーズン突入までに「Type1」に目処をつけたいので、当面はテスト優先です。目指すは夢の100%ヤエンですから~。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_19582111.jpg

日曜も続けて釣りに行く予定でしたが、「Type2」を作るのに思ったよりも時間が掛かり、今週は一日だけの釣行となりました。完成したヤエンを重くするのは、支点に着脱式のショットを打てば簡単ですが、これでは美しくない!

機能的に優れたものは美しいフォルムをなす

「機能美」の追求もアオリストの宿命ですなぁ。emoticon-0100-smile.gif
f0103126_22573178.jpg

↑掛りどころがイマイチでんがなぁ

by scott1091 | 2009-11-28 19:54 | アオリスト(Aorist) | Comments(4)

Commented by sinn356 at 2009-12-01 16:49
バラシが怖くて自作ヤエンを投入できないでいます・・・実験しないことにはどうしようもないのに。
アタリがもっとあれば遠慮無く実戦投入できるんですが(汗
Commented by scott1091 at 2009-12-02 21:43
sinnさん、こんばんは。
今日は少しシビアな話をしましょう。

sinnさんは、ヤエンでアオリを何杯釣りましたか?おそらく50杯に届いていないのではないかと。少なくとも私は、この数ではヤエンの良し悪しが判断できるレベルではありませんでした。私も所詮は三シーズン目の初心者。今でもsinnさんと大差ないレベルなので誤解なきように。

上達への近道は、釣場で上手な人の釣りを盗むこと。ヤエンを見せてもらい、バランスやアワセの要・不要などについての考え方が聞けたら最高です。良いパートナーに恵まれると、私のように一回の釣行で自分の1.5~2倍の実釣を見ることができます。sinnさんも時間が許す限りフィールドに出てください。答えは実釣でしか得られないのです。
Commented by sinn356 at 2009-12-03 11:17
そうですね、ちょっと焦りすぎているようです。
毎週~隔週で釣行していますが、時間的に夜中しか釣行が出来ず磯などには渡れないせいかアタリ数が少ないのが現実です。
「習いながら慣れろ」が現段階なんでしょうね・・・精進します。
Commented by scott1091 at 2009-12-03 23:55
sinnさん、こんばんは。

アタリの数については、手持ちで泳がせた方が多いですよ!
アジの遊泳層が一番のポイントとなりますので、しっかりコントロールしてください。

「今日は誰もアタリがない」ではなく、「オレだけはアタリを出す」。
防波堤や地磯に関係なく、いつもそんな気持ちでアオリを誘っています。
もともと鮎師ですからね、私は!(笑)