アオリスト リターンズ!

今年もついにヤエンの時期になりました。
ということで、これからしばらくはアオリスト(Aorist)編です!

今年のホームグランドの状況は、例年よりもアオリが小さい。そして台風18号による影響で、テトラが崩れたり海底の状況が変わってしまったところがあるとの情報です。本来であれば先週末からスタートする予定でしたが天候に恵まれず、この週末が開幕戦となりました。

ヤエンは釣り本来の楽しみはもちろんヤエンを作る面白さも大きいので、何とか新作を1本持って釣りに行きたいところ。しかし平日はほとんど作業できず、土曜日には間に合いません。この三連休は日曜日に天気が崩れることから、どこも釣り人で一杯です。目的の場所はエギンガーが多くてとても入れる状況ではないので、地合いを逃さないようプチ移動して暗くなる前にスタートします。
f0103126_11302021.jpg

すぐに小型のアオリ独特の当たりがありますが、同行の方のラインに絡んでGone。アジをつけなおして投入すると、同じ竿にすぐに当たりがありますが、小型のためかなかなかヤエンが掛りません。かなり時間をかけてもアジの頭を落とすことができない小型アオリに翻弄されながら、アジと時間を消費していきます。

時間の経過とともに北風が強くなって厳しい状況となり、この日はリールから威勢よくラインを引き出すアオリにはめぐり合えずに終了。写真を撮るようなアオリは釣れず、この日は11当たりで4杯(リリース2杯)で終了です。emoticon-0106-crying.gif
f0103126_11504560.jpg

↑今年も「ヤエン工房」オープン!

翌日は朝早く起きて、昨日の反省を踏まえてかなり仕上がっていた新作ヤエンを完成させます。ヤエンが完成したら、やっぱり試してみたいのが釣り人の心情。夕方から雨との予報ですが、その分釣り場が空いているので個人的には好条件です。潮もけして悪くはありませんし!

この日はどこでも入れる状況でしたが、少しでも大型を求めて足元から水深のあるポイントに決定。メジナ師の邪魔にならないよう、まずは1本だけアジを投入します。しばしメジナ釣りを見学していると、いきなりリールの逆転音。そう待望の「Ziーーー」、「Jiーーーーー」、「ジーーーーーーー」。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_11295674.jpg

メジナ師が上がってからは、2本の竿で忙しい状況となります。この日は竿で上げられるサイズはほとんど混じらず、ギャフでの取り込みとなります。久々の夜釣りですが、思った以上に「老眼」が進んでいました。ヨリモドシにラインを通すくらいは問題ないのですが、絡んだラインをほぐすのは大変ですね~。先輩方のご苦労が、よ~くわかりました。emoticon-0107-sweating.gif

この日は雨がひどくなる前にアジが終了して、15当たりで11杯(リリース3杯)という結果。次回は新作ヤエンをもう少し調整して、パーフェクト目指して頑張ります!
f0103126_1143414.jpg

by scott1091 | 2009-11-23 00:11 | アオリスト(Aorist) | Comments(5)

Commented at 2009-11-23 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sinn356 at 2009-11-24 12:13
アオリストにご帰還、おかえりなさいまし(笑
この1年でヤエンの腕もだいぶ上達しました~、またご指導などよろしくお願いします。
・・・それにしても、アタリ二桁って凄いッス。
Commented by scott1091 at 2009-11-24 21:54
sinnさん、お久しぶりです!
ヤエンは4月以来ですが、貴方の状況はブログで拝見しております。
かなり設備投資もされたようですね~。(^m^*)
指導できるような腕前ではありませんが、今季もよろしくです。
Commented by ヘルニア at 2009-11-26 23:35 x
コンバンハ~ 凄い釣果! ビックリです!
型も良く、色も綺麗ですね~ アジ君は悲惨ですが・・・

ハリ外れとかバラシとか、楽しみが増えまして
相変わらずバタバタとしておりますが、TOMOさんのコメントで
あれこれ悩まず、一種類の針で通す事にしました~
なんと言っても、意外性の有るワイですからね~ ハハハ

寒くなりますが、インフル注意でお願いしま~す。
Commented by scott1091 at 2009-11-28 07:48
ヘルニアさん、こんばんは!
ブログと宮城野渡船のHPで写真を拝見しました。
表情がだいぶ違うような気がしますが~。(笑)

ハリの件は先が甘くなっているのは論外ですが、まずは一種類で通すというのも一つの選択肢かもしれません。いずれ探求途上で、違う選択が出てくると思いますので!p(^^)q

鮎でハリ傷が大きくなるのは先が甘いからですが、自分で研いだハリを顕微鏡で見てみると良いですよ!鮎バリの場合は研げば研ぐほど…、なんてことが多いです。グレやチヌバリくらいテーパーがあると、上手く研げるんですけどね。(笑)

インフルに負けないよう、釣りをして免疫力を強化しましょう!