いよいよ今季の鮎は終わりです!

この週末は天気に恵まれ、先週竿を納めたはずなのに、我慢できず釣りに行った人も多いはず。狩野川は両日とも釣り人で賑わいました。emoticon-0100-smile.gif
f0103126_2145677.jpg

↑日曜日の15時過ぎ。「狩野川銀座」は見える範囲に40人くらいでしょうか

私は無事竿のテストが終了したので、この週末が竿納めとなります。

土曜は家の用事で、川に着いたのが10時半過ぎ。11時過ぎから中流域に入川します。川の石は黒く磨かれ、鮎はまだまだおりますが、時間帯が悪いのかなかなか掛かりません。久々に苦労して、12時にやっとチラシでオスが掛かります。
f0103126_21912.jpg

この日はメスの養殖でも泳ぎが悪いと掛からないので、掛かったオスをオトリに瀬の中段にある浅い弛みを泳がせます。ここでやっとメスの野鮎を追加してからはポツリポツリ。掛かるメス鮎のお腹がかなり大きくなり、オトリにすると少し黒ずむようになりました。

この日はオトリ店の馴染み客による納会なので、2時過ぎに竿を畳んで15尾。集合場所に集まってから、会場である温泉宿に向かいます。温泉ですっかり温まった後は、恒例の宴会に突入。食べきれないほど用意された食事と、絶対に飲みきれないお酒の差し入れでした~。emoticon-0105-wink.gif
f0103126_216580.jpg

翌日は7時に朝食を食べて、三々五々釣場に向かいます。私はこの日は釣りをしない予定でしたが、前日の釣りがあまり納得できる内容ではなかったので、竿を出すことにします。納会参加者で入った場所は中流域。この場所は、私は十年ぶりくらいになります。

瀬の感じがまったく変りましたが、対岸にあるテトラは同じ。以前よりもテトラが浮いており、根掛かりが多そうです。手前の浅瀬でオトリを獲るつもりでしたが、なかなか掛からないので、禁断のテトラ際へオトリを誘導します。
f0103126_2164045.jpg

ここでポツポツ追加しますが、最高のメス鮎がテトラに根掛かり。泣く泣く取りに行きますが、深い上にテトラが浮いていてメチャクチャ危険です。何とか回収したオトリには、鼻環周りの仕掛けが4個・・・。これを見ちゃうと、テトラにオトリは入れられません。

午前中までの釣果は11尾。ここで納会は解散として、私は残り何とか9尾を釣るべく、昼食後も同じ瀬に入ります。午前中、他の人が釣っていた場所の限りなくテトラに近い筋で、良い感じで掛かってきます。オスとメスが交互に掛かり、当たりも最高~。盛期に近い瀬の当たりを満喫して、14時過ぎに20尾を達成して竿を納めます。emoticon-0102-bigsmile.gif
f0103126_2165616.jpg

↑最終日の鮎。色が分かるよう光学性能の高いカメラで撮影

前回で竿のテストも終了したので、この日使用したのは「征龍竿+HPTソリッド」。使用感はあらためて、「う~ん、やっぱり良い竿だな~」って感じです。去年、最後の最後までこだわってよかったと、しみじみ思いました。

瀬で掛かる鮎はオスが多かったですが、今週も追星くっきりの黄色い鮎も混じります。黒いオスが掛かるようになると、徐々に気持ちが鮎釣りから離れていくのですが、例年私が鮎釣りをする11月第二週くらいまでは、あまり掛かることがありません。
f0103126_2171392.jpg

↑鮎釣り終了の目安にしている稲が全て刈り取られました

そんな状態なので、天気さえ良ければまだ鮎釣りを楽しめる狩野川ですが、すでに店を閉めたおとり店もあるので、釣行の際はかならずご確認を!下流域のおとり店は、ほとんどは勤労感謝の三連休までは営業していると思います。

ということで、私はこんどの週末からヤエンに移行します。
アオリスト(Aorist)のシーズン到来です。emoticon-0128-hi.gif
f0103126_2192965.jpg

by scott1091 | 2009-11-08 19:49 | 鮎釣り/狩野川他 | Comments(6)

Commented by flymoto at 2009-11-10 09:06
おつかれさまでした。
鮎初心者としてはなかなか理解が難しいディープな話も多かったですが更新楽しみに、興味深く拝見していました。
私は今年はマイナスで終了してしまいましたが来シーズンも友釣りにハマっていこうと思います。春にはアマゴ釣りに狩野川にお邪魔したいとおもいます^^
Commented by マルパパ at 2009-11-10 18:39 x
tomoさん お疲れ様でした 今年はずいぶんとお世話になりました 狩野川楽しかったです 来シーズンまでヤエン・渓流ですね ブログ楽しみにしています 
Commented by ひじき at 2009-11-10 20:20 x
TOMOさん お疲れ様でした。                          いよいよヤエンが始まりましすね。                       ブログ 楽しみにしてますよ                                                 
Commented by scott1091 at 2009-11-10 20:41
flymotoさん、お久しぶりです!
終盤に富士川で頑張っていた様子、ブログで拝見しております。

私の古い仲間は、みんなフライと鮎を両方やります。よく飲んだとき、「一つしか釣りを選べなかったらどれにする?」という他愛無い話になりますが、ほとんどが「鮎釣り!」となります。そんな釣りなので、どっぷりハマッてくださいませ!

来年は6月くらいに、一度ご一緒しましょうかね?
釣りも「百聞は一見に如かず」ですから。
Commented by scott1091 at 2009-11-10 20:58
マルパパさん、こんばんは!
こちらこそ、同行の際は大変お世話になりました。

さっそくカワハギ、大漁だったようですね。
ブログの「タイノエ」は雌雄共存で、間違いなく大きいほうがメスです。寄生虫は宿り主を殺してしまうことはありませんが、「タイノエ」の場合は大きく成長すると、魚の顎が変形してしまうことがあります。天然のタイにはかなりの確率でいますが、どちらかというと共存というよりも、ありがたくない寄生虫に該当します。

実は私、「タイノエ」はかなり苦手で、天然のタイを買うときは必ず口の中を確認するようにしています。(笑)
Commented by scott1091 at 2009-11-10 20:59
ひじきさん、お久しぶりです!
ヤエンの状況はいかがですか?

友人たちの情報では、当地は例年よりもアオリが小さいようです。
いずれにしましても、この週末に様子見に行ってきますのでお楽しみに!

これからヤエンの新作も作らなければなりません。(笑)