「AIRFLO Ridge Japan Special」インプレッション!<実釣編>

鮎竿のテストが押せ押せになって、なかなかラインの実釣テストにいけません。そうこうしている内に、渓流の禁漁が目前に・・・。管理釣場でのテストは気が向かないので、何としてもシーズン中にテストを終わらせるべく時間を捻出します。テストに選んだ場所は山岳渓流で、対象魚はヤマメ。

前述の加工編と同様、内容は私個人の主観によるところが大きいので、まったく違う感想を持たれる方も多いと思います。これらのことを前提に、お読み頂ければ幸甚です。
f0103126_2325795.jpg

では最初に現場でのラインの感触から。気温がすでに12℃くらいですが、ポリウレタンっぽい感触はなく、むしろさらさらした感じ。使用回数が増えるとどうなるかは分かりませんが、新品ではスリップしそうな感触。ラインに巻き癖がつかないのも良いですね!

ラインの使用感は、ともかく「しなやか」の一言。ドラッグ回避にはすごく効果がありそうですが、反面でコアの存在がラインに感じられません。実釣してみて最初に気になったのがティップへのラインの絡み。通常ですと竿をフリフリすると外れますが、このラインはいつものように外せません。ま~これは慣れで解決できる問題でしょう。
f0103126_21212624.jpg

次にキャスティング性能ですが、テーパーデザインそのものが繊細さを狙っているので、ラインが竿2本分くらいまでは、スカスカ感とコントロールに不安定感を感じます。しかしある程度ラインを出すと、竿にしっかり乗ってくる感触が得られます。この感触が得られる距離までラインが出ると、ラインの直進性には不満は感じませんし、しなやかな分トルクを感じます。

浮力については新品なので当然今回は問題なし。しかしリッジ構造によるものか、細かい砂の上に濡れたラインを置くと、3Mのラインよりもライン表面に砂が付きます。リッジ構造とあいまってザラザラ感を強く感じるので、今回は釣っている最中に2回ほどラインを洗いました。これは今まであまり経験がないことです。
f0103126_21215221.jpg

それと加工編でも感じたとおり、ライン表面のポリウレタンが柔らかいので、地面に置いたラインの処理は注意が必要です。3Mはコアがブレイデッドラインなので、表面のPVCコーティングが部分的に剥がれてもキャスティングは可能です。しかしこのラインは、表面のポリウレタン・コーティングでラインに張りを出しているので、コアだけではおそらくパワー伝達が途切れてしまうと思います。

余談ですが、3MもASTが採用されてから石に引っ掛けて表皮を傷つけてしまうケースが増えたような気がします。年齢とともに、自分が横着になっただけかもしれませんが・・・。
f0103126_21221126.jpg

今回のテストは、ラインの伸びの違いを感じるほどラインを出すフィールドではありませが、飛距離が出ているときのアワセにはパワーコアは効果が期待できそうです。止水の浮き釣りやドライには威力を発揮しそうですね!

ということで今回の実釣テストをまとめますと、このラインは中距離を投げる釣りに向いているように思います。私のフィールドで言えば、狩野川水系みたいな里川。山岳渓流では、重めの3M「JストリームDTT」の方が使いやすい印象でした。

経年変化が少ないことで定評のあるポリウレタン・コーティングなので、引き続き来シーズンも使ってみる予定です。

by scott1091 | 2009-10-14 23:05 | fly関連・インプレッション | Comments(2)

Commented by かっちゃん at 2009-10-16 21:03 x
TOMOさん、こんばんは~

今頃、渓流のテストですか!?
頼む方も頼む方だけど、請ける方も請ける方(笑)いやぁ……カタログ用に、格好いいパーマークの見える尺上を釣ってきてって、サラッと頼まれた時以来の驚きです。
今週末は、テストもなさそうで何より。晩秋の鮎釣りを満喫してください。
私は、鮭釣りしてきます。
Commented by scott1091 at 2009-10-16 21:48
かっちゃん、こんばんは!

ラインのテスト依頼があったのは6月なのです。(笑)
すでに鮎シーズンに突入していたので、先方からお気づかい頂いたのですが、例年1~2週は増水で川に入れないことがあるので、私が安請負してしまいました。サンプルを提供して頂いているので、ず~と気になっていました。

明日の夕方には「龍星竿」の修正プロトが2組届く予定なので、日曜日は竿のテストの予定です。鮭釣り、楽しんできてくださいね!