神通はメチャ混みでんがなぁ!「龍星竿(proto2 )第一回テスト」

f0103126_13412283.jpg

このシルバーウィークは最後の九頭竜遠征。その一日を「龍星竿」のテストに当てて、神通川に行ってきました。私は神通は初めての川なので、この遠征でもっとも楽しみな一日。夜は釣り雑誌でも紹介された「越中屋」に行く予定なので、駅前のホテルを予約します。

今回一連の情報をご提供頂いたのは、神通川の水先案内人であるホームページ「Jinzoo 越中富山 神通川水系の鮎釣り」。日々更新されるBBS情報はもとより、初めていく川は詳細なMAPがありがたい。そして今回は、「Team Jinzoo」のWaraさんがご一緒してくれることに!001.gif
f0103126_13421374.jpg

北陸道は「金沢西IC」より先は未知の世界なので、Waraさんにお気遣い頂いて「呉羽SA」で待ち合わせとなりました。待ち合わせは6時半~7時の間ということなので、6時前に到着するよう福井を暗いうちに出発します。

北陸道から見える風景は、冬の季節風を思わせる傾いて立つ海岸線の防風林、金沢近郊の黒一色の屋根瓦、朝焼けに映える北アルプスの山々など、全てが新鮮で美しい。今日は釣れなくても、良い日になりそうです。006.gif
f0103126_13423158.jpg

待ち合わせのSAで歯磨きと洗面を済ませて車に戻ると、隣に地元ナンバーのご同輩。当然ながら、今日はどちらにという話になります。神通は初めての釣行で、ここで友人と待ち合わせしていることを伝えると、「ひょっとして待っている人はWaraさん?」という展開です。「Team Jinzoo」の方々だったのですね!

無事Waraさんと合流して、まず向かうはオトリ店。日釣り券発行→精算→オトリ引換券→オトリ配布が完全な流れ作業で、各ポイントの釣果情報は黒板に掲載。一定時間に集中する釣り人を捌く、最良の方法なんでしょう。
f0103126_13424953.jpg

そして途中川見しながら向かったのが「尺鮎P」。右岸からの入川です。ほれぼれする瀬は右岸側は人がいないので、瀬肩から流したら気持ちよさそう。目の前の平瀬でオトリを確保してから瀬肩に移動するつもりでしたが、あれよあれよという間に上下まったく移動できないほどの混雑になります。そして神通は驚くほどのダイワ王国。シャツやベスト、タイツはほとんどがダイワ。竿も赤はMTとPJW系で、黒はほとんどがSpecial系でした。

そんなメチャ混みの状況ですが、私は限られた場所で天然ならではの爽快な当たりを満喫。全般的に小型でしたが、流芯では20㌢アップが2尾掛かりました。そして10時過ぎまでに何とか18尾。ここでWaraさんから場所替えの提案があります。この混雑ではどこに行っても状況は同じだろうとのことでしたが、私はご迷惑でなければということで同行させて頂きます。
f0103126_1343838.jpg

そして次に向かったのが「カモP」。ここは川底に岩盤があるので、Waraさんから掛かる場所や安全上の注意についてレクチャーして頂きます。車の前で昼食までの短い時間竿を出しますが、止水のような流れで目印を見失う素晴らしい当たりと 、最初の場所よりも一回り大きな鮎の引きを堪能。そしてWaraさんと楽しい昼食&おしゃべりタイム。この日が初対面でしたが、鮎やフライの話題ですっかり盛り上がりました。

そして午後はシモの瀬に入りました。Waraさんが前回釣ったときより20㌢以上減水(145㌢)しているので、どこでも竿が入るので当然ながら流芯の反応は薄いです。ここも釣り人で一杯なので、狭い場所で粘るしかありません。一通り流芯を攻めた後は、流芯のキワとヘチを狙います。
f0103126_13432267.jpg

特にヘチは垢腐れの中に、鮎に磨かれた石が点在しているパターン。鮎はほとんどが天然遡上となれば、カミ飛ばしと、縦の誘いが有効であることは明らかです。そして狙いは的中し、全盛期の米代を思わせる追いと当たり。テスト中の「龍星竿」の曲がりや操作性を確認しながら、一尾一尾の当たりと引きを楽しみながら釣りました。
f0103126_19585536.jpg

そして時間ギリギリまで釣って17時に車に戻るべく、カールルイス(←古~い)のごとく護岸をスーパーダッシュ。曳船が鮎で一杯なので完全にドッタンばったん状態。神通は数は釣れるけどサイズは小さいと聞いておりましたが、午後はオトリよりも小さい鮎は混じりませんでした。

この日の釣果は53尾で、最大は飛び抜けた25㌢♀。メチャ混みの神通で、これだけの数とサイズが揃ったのは、Waraさんのおかげに他なりません。本当にありがとうございました。全国の鮎師が神通に集う魅力を、垣間見るには十分な一日でした!
f0103126_19451257.jpg

さ~て、釣りが終わってからは第二部のお楽しみ。「夜の街に繰り出しますぞ~」ということで車を走らせますが、な~んか駅周辺のホテルに向かう県外ナンバーは、ご同輩ばかりのような気が・・・。

そしてチェックイン後、向かった「越中屋」はなぜかお休み・・・。007.gifそれではと、富山の幸が堪能できそうな店を探すと、どこも「ただ今満席です」のつれない返事・・・。008.gif
f0103126_13434812.jpg

鮎釣りより強い執念でカウンター席のある店を見つけて、まずは「げんげの干物」と「白えびの空揚げ」を肴に生ビールを軽~く。その後「地魚の刺身」と「焼き鳥」で、地酒メニューを上から順番に・・・。そうそう健康のため、「しゃきしゃき大根サラダ」も食べました。

仕上げは「CiC」の4階にあるラーメン店で「富山ブラック」を食べるつもりでしたが、閉店時間を過ぎておりました。次回行くときは、川だけでなく街の情報もちゃ~んと収集しておかないとあきまへんがなぁ。
f0103126_1344355.jpg

「龍星竿」の修正箇所の洗い出しも出来て、とても有意義な神通釣行でした。
Waraさんには、重ねて御礼申し上げます!040.gif
f0103126_2124178.jpg

↑味もさながら、「大吟醸 本流 手取川」の本流のネーミングが気に入りましたがなぁ!

by scott1091 | 2009-09-21 23:11 | 鮎釣り/九頭竜川、神通川他 | Comments(3)

Commented by かっちゃん at 2009-09-25 15:12 x
TOMOさん、こんにちは。

でんがな、まんがな…(笑)
あれって移っちゃいますよね?

ワタクシは、一月竿を持っておりません。マズい傾向ですが、今週末は強制出向がありますので、なんとか尺を一本取りたいと思っております。


ところで、富士川が絶好調ですよー。掛かる鮎がほぼ尺に絡むとのこと。
Commented by scott1091 at 2009-09-25 20:54
かっちゃん、こんばんは!

竿のテストを兼ねて神通に行ってきました。
あまりの混雑ぶりにかなり怯みましたけど・・・。(笑)

富士川も渇水で尺が揚がっているようですが、相模川は尺はもとより尺1寸クラスが揚がっているではないですか!鮎は1㌢違うと体高が全然違うので、尺と尺1寸では大人と子供くらい違うでしょう。相模川はホームグランドでしたよね?

残り少なくなった鮎シーズン、尺一寸を目指して頑張ってください。
Commented at 2009-09-25 21:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。