愛用の偏光グラス「TALEX & 999.9」

今回は愛用している偏光グラスの話。

フライのサイトフィッシングはもとより、最近では「鮎釣り」や「エギング」でも注目されるアイテムとなった偏光グラス。私は早くからフライのサイトフィッシングにはまっていたので、コンタクトレンズの併用で、米国ガイドの多くが愛用していた「Action Optics」などを使ってきました。
f0103126_21144428.jpg

↑度なし偏光グラスでは最後に使った「Action Optics」の「Lochsa」。レンズカラーは「Clear Water Copper Photochromic」

しかし悲しいかな年々花粉症が悪化し、コンタクトレンズをするとスギ花粉以外にもヒノキ、イネ、セイタカアワダチソウとほぼ周年にわたってアレルギー反応が出るように。そこでよく利用したのがメガネに付けるクリップオン。しかしメガネのフレームと、クリップオンの輪郭が一致しないのでまったくお洒落じゃない!

いつもそう思っていたので、ティムコの「FoxFire」から一体フレームが発売されたときは先行予約したくらいです。これを長らく使っておりましたが、それでも真近で見るとメガネそのものがごつい。また高屈折率の薄型レンズを使ってもフレーム本体が重たくて、長時間掛けていると鼻が痛い。

f0103126_212037.jpg

↑ティムコの「FoxFire by Nikon」初期モデル。偏光部分は跳ね上げ式で着脱できません

そこで、その後トライしたのが「Action Optics」の「度付き偏光レンズ」。まだ国内ではオーダーシステムが確立されていなかったので、日本の眼鏡処方箋を英訳して直接オーダーしました。

この偏光グラスは米国ヘンリーズホークでも使用しましたが、どうも今ひとつ。その理由は、日頃かけているメガネが非球面レンズであるのに対し、この「度付き偏光レンズ」は球面レンズ。視点がメガネの中心を外れると、球面レンズの歪みが発生します。私は左右の度が違うので、その歪みが左右で微妙に違うのが違和感を助長するようです。それがどうしても気になって、その後は少し軽量化したティムコの「FoxFire by Nikon」や「Sight Master」を使用してきました。

f0103126_2122411.jpg

↑度付き球面レンズの「Action Optics」。フレームは「Alturas」でレンズカラーは「CW Copper Photochromic」。レンズはmade in Japanなのに、フレームはmade in China。USAのメーカーらしい…

クリップオンのメリットは、照度に応じてレンズカラーが変更できること。そして偏光グラスが取り外せるので、メガネ一つで遠征が可能です。逆にデメリットはメガネが重くなることと、「度付き偏光レンズ」ほどクリアーな視界が得られない。そんなこんなでこれで数年乗り切りますが、鮎釣りではメガネと偏光レンズの間に入った水滴がとても煩わしいのです。

そこで過去愛用してきた「Action Optics」や「Sight Master」のOEM元である「TALEX」に期待をかけます。目当ては「度付き偏光レンズ」にラインアップされている「非球面レンズ」。偏光グラスはフレームに加工する技術が重要なので、「TALEX」は認定プロショップ制をとっており、どこでも買えるというものではありません。

f0103126_2124364.jpg

↑「FoxFire by Nikon」の二代目モデル。偏光部分は着脱式で跳ね上げはできません。レンズカラーは「Brown」。「Yellow」も別途購入しました
f0103126_21302614.jpg

↑ティムコの「Sight Master」。メガネ本体とクリップオンがセット(V.C.S:バリアブルコンポジットシステム)。偏光部分は着脱式で跳ね上げも可能。レンズカラーは「Light Brown」。「Light Gray」と「Selen」も別途購入しました

まずは「TALEX」のホームページで検索してからお店を尋ねました。そこでレンズカラーは、今までの経験と好みから、見え方がナチュラルでコントラストもあり、かつ明るい「トゥルービュースポーツ」に決まり。あとはTALEXの「非球面レンズ」で私の希望する視界が得られるかが一番のポイントでした。

最初は欲張って6カーブのフレームで作成してもらいましたが、繊細な私(?)にはやはり違和感が・・・。そこで今回紹介した「999.9」のフレームに変更。これが大正解。九頭竜川での使用を想定し、川で流されたときようにグラスコードなども考えておりましたが、フレームのフィッティングが良く、過去数回顔まで水没しても外れませんでした。

しかもメガネをしていないような軽い掛け心地と、コンタクトレンズをして偏光グラスをしているようなクリアーな視界。ついに釣り人として最良の一本を手にした感じです。

f0103126_21312187.jpg

↑レンズカラーはトゥルービュースポーツ。フレームカラーもお気に入り!

すでに購入してから5年。良好な視界を保つため、釣っている最中も水滴を拭うこともあって、レンズに水滴跡はいまだにありません。「TALEX」のハードマルチコートは非常に丈夫なので、釣りを目的にするのであれば必ず選択することをお勧めいたします。

私は度付きということもあって、釣っている間は照度に関係なく偏光グラスをしております。したがって加齢とともに暗い渓流では近くが見えにくくなってきたので、最近同じフレームで「イーズグリーン」も作りました。個人的には日差しの強い鮎釣りでは「トゥルービュースポーツ」がベストですが、暗い沢筋では「イーズグリーン」の明るさは快適です。

f0103126_21364434.jpg

↑レンズカラーはイーズグリーン。フレームカラーはレンズに合わせてシックな感じに!

こうやってあらためて見ると、偏光グラスにいったいいくら費やしたのでしょうか?でも良い偏光グラスをすることは、それぐらい釣りには重要なこと。そしてもう一つ留意しておかなければならないことはアイケアです。

釣り人は通常の人より紫外線を浴びる量が圧倒的に多い。しかし皮膚には日焼け止めを塗るのに、目については無防備な人が実に多いこと。日本人は欧米人より目が紫外線に強いと言われておりますが、最近は高齢化にともなって国内でも白内障患者が急増しております。

常時しない偏光グラスにお金は掛けられないという方も多いですが、将来の眼病予防の意味でも高性能な偏光グラスを身に付けることをお勧め致します。


この偏光グラスを作ってくれたのは、TALEX認定プロショップ「三島めがね 幸原店」。このときに対応してくれた川口さんは、2016年9月22日に独立して「REGINAA opt(レジーナ オプチカル)」をオープンしました。各種フレームとTALEXに精通した川口さんが、顔型に応じたフレームの選択と完璧なフィッティングをしてくれます。お近くの方はどうぞ!


by scott1091 | 2009-06-22 21:25 | TALEX | Comments(13)

Commented by KIKU at 2009-06-23 21:44 x
どうもです。
私も度入りTALEX(カラーはトゥルービュー)を愛用しています。
初めてこの偏向グラスを使用したとき、普段使用しているメガネよりもよく見えるので驚きました。
夜明け前の薄暗い時間、裸眼よりもよく見えるってどういうことなんでしょうか?(笑)
それは笑い話としても、このメガネを初めて装着し、釣りを終えた後、以前と比べあまりにも目が疲れていないことには驚愕でした。
普通の偏光グラスなら、逆光下で一日釣りすると、夕方には目が真っ赤に充血していますが、それがないんです。
で、それ以来、私もTALEXを他人に勧めています。
体のことを思うと、多少お金がかかっても、偏光グラスに気を使うべき、という点では私も同意見ですね。
Commented by scott1091 at 2009-06-23 22:27
KIKUちゃん、こんばんは!
え~、いつから近視になっちゃったの~。

普段はメガネしてないし、かつてはダイワのティアドロップ型の度なし偏光グラスをしていましたよね!あらためて思い出すと、な~んとなく車にメガネがあったような記憶もありますが・・・。

KIKUちゃんの言うとおり、鮎釣りはルアーやフライほど動かないので、逆光のときが結構多いです。このシチュエーションだと、目の疲れ方が全然違いますよね!家で鏡を見れば歴然です。

私は鮎釣りも含めて水中をすっごく見るので、偏光グラスは竿と同じくらい重要なアイテム。ましてや体のことを考えれば、竿より優先しますよね!

ブログいつも拝見しております。相変わらず釣られてますね~。(笑)
Commented by ヒデ at 2009-06-24 22:43 x
お久しぶりです。
相変わらずよく釣りますね。

それにサングラスの造詣も深い(^^;
私もkikuさん同様、TALEXにしてから目の疲れがかなり軽減されましたよ。
やはり初めはトゥルービュースポーツ。
これは雨降った夜間のドライブでも最適です。
乱反射しないので、ちょっと暗い気はしますが、対向車のライトも眩しくなく安心度がUPします。
悲しいかな度付きになると凄く高い、さらに圧縮が限定されてます(^^;
それでも昨年、アクションコパーも購入して、その日の気分で替えてます。
でもやっぱスポーツが一番合ってるかな。
仕事用に無色のTALEXも欲しいくらいですよ(笑)
Commented by 名前がぁ・・ at 2009-06-24 22:45 x
ヒデVでした・・お粗末(汗
Commented by KIKU at 2009-06-24 22:53 x
>え~、いつから近視になっちゃったの~。
ずうっと前からですよ。
視力は0.2と0.4なので、普段はメガネがなくてもなんとかなるのですが、釣りと車の運転だけはどうにもなりません(苦笑)
ちなみに、以前使っていたのはメガネチェーン店で作った度入りのものです。
こちらは価格が3.5万円ほどでしたが、TALEXを使用した後だと、性能的には比較にならなかったですね。

>無色のTALEXも欲しいくらいですよ(笑)
ヒデVさん、私も同感です(笑)
無色の偏光グラスは理論的に有り得ないようですが…。
Commented by 太ハリスの新ちゃん at 2009-06-25 13:10 x
初めまして。。
kikuちゃんとヒデVちゃんのお友達の新ちゃんです。

失礼ながら、普段より「チラ観」させて頂いてました。
フナヤさんの竿のことなど興味があり、拝見してました。
先調子が好きで、征龍竿に興味がありましたが、既に「完売」で、翌年分の受注を開始したようですね。

狩野川には解禁時(嵯峨沢)、大会時に伺っています。
これを機にブログへもちょくちょく訪問させてください。
よろしくお願い致します。<(_ _)>

byTAREXは出来合モノを使っている新ちゃん
Commented by scott1091 at 2009-06-25 19:57
ヒデVさん、お久しぶりです!

確か初めてお会いしたときにも掛けていましたよね。同じ「トゥルービュースポーツ」だと分かりました。TALEXも「度付き」になると高いです。ましてや薄型非球面となれば、さらに1.4倍。しかも「トゥルービュー」限定ですものね~。

無色の偏光グラス、あれば私も欲しいです(笑)。でも色が薄くなるほど偏光度が落ちてしまいますから、「GRAY O.A.」あたりで妥協するしかないのでしょう。

ヒデVさんも厳しい状況の中、しっかり釣られているではありませんか!ブログ楽しく拝見しております。
Commented by scott1091 at 2009-06-25 20:00
KIKUちゃん、こんばんは!

う~ん、いつもオフ会ではメガネをしてないので、すっかり騙されちゃいました。KIKUちゃんもお仲間だったのね~。(笑)

そうそう、今年も仕事の鮎釣りお疲れ様でした。「天然遡上は順調で型も良い」となれば、これ以上望むものはありません。遠出できないときの楽しみが増えましたね!あと数日でいよいよ東北解禁。先日の電話では、日本海側も遡上は順調のようなので楽しみです。吉報をお待ちしております。
Commented by scott1091 at 2009-06-25 20:03
太ハリスの新ちゃん、はじめまして!
CACメンバーのHPやBBSで、よくお見かけしております。

「征龍竿」は予約で完売となりましたが、特別在庫から工面して残り2本となっております。先調子はもちろん、2~3番の張りと抜けてくるような感度にはとことんこだわったので、「PTソリッド」との相性も抜群です。(←自画自賛ですね!(笑))

失礼などとおっしゃらず、気軽にご訪問、書き込みくださいませ!
今後ともよろしくお願いします。
Commented by 玉二郎 at 2009-06-27 15:08 x
 こんにちわ 東北の玉二郎と申します
タレックスは絶対に手放せませんハイ

私の場合、鮎釣りではトゥルーヴュースポーツとビスタイエローの2本です。
歳のためか天気のよくない日はトゥルーヴューでは鮎の鼻の穴が見えずドライブ用に・・
イーズグリーンは偏向率と明るさのせいか反射感があってビスタイエローに・・
アクションコパーはコントラストが強すぎて川では余してます

どれもハードマルチ仕様で帽子が被れない時でも顔の映り込みがなく重宝してますが海釣りでなければトゥリュービューSPとビスタイエローの日本さえあればと信じきってます。
タレックスもフナヤオリジナル竿と同様にいいですねぇ!
Commented by scott1091 at 2009-06-28 05:58
玉二郎さん、はじめまして!

ビスタイエローもベースが黄色でありながらコントラストもあり、貴重なレンズですよね!偏光度が高いのに明るいのも魅力。イーズグリーンは明るさと、比較的ナチュラルに見える視界が気にいって選びました。

私は海もトゥルービュースポーツでこと足りています。もう少し若ければイーズグリーンではなくラスターブラウンを選んだのですが、雨の日の渓流で、フライのアイにティペットを通す作業が…。難易度は鼻環を通す作業の10倍くらいでしょうか?(笑)

私はいずれも度付きなので、終日掛けている関係でアクションコパーのような濃いレンズは避けています。

玉二郎さんもフナヤ・オリジナルを使われているのですね!タレックス同様気にいって頂けているようで何よりです。これからも、よろしくお願いします!
Commented by ガイヤマンティス at 2009-06-29 10:27 x
こんにちは。
メガネの話で、盛り上がっていますね!
私も、極度の近眼です。仕事の関係上?40前から、老眼も発症しています。メガネは今となっては必需品となっています。眼鏡屋さんに行く度に、遠近両用を進められます。ちなみに、歳は40代前半?です。
最近は、視力が悪すぎてサングラスにすると費用がバカにならないので、クリップタイプをメガネにつけています。
もっぱら私は、レイバン愛好者です。
私の解禁は、7月下旬になりそうなので、TOMOさんのブログで、ストレス解消させていただきます。宜しくお願いします。
Commented by scott1091 at 2009-06-29 20:16
ガイヤマンティスさん、こんばんは!

個人差はありますが、老眼は年齢とともに進みますね。同じ人なら年を重ねるごとに、維持または進むものだそうです。

かつて眼の関係で大学病院に行ったとき、美人の女医さんが懇切丁寧に説明してくれました。日常生活では支障ないものの、早い段階から徐々に進んでいるようです。女医さんからこれ見えなくなるところまで顔に近づけてみて、といきなりテストされましたが、自分では結構近くまで見えたと思ったのに、「ほ~ら、こんなに進んでる」と言われてショックでしたね~。その後、「私も一緒よ!」ってにくいフォローがありましたけど。(笑)

稚拙なブログですが、お楽しみ頂ければ幸甚です。