久々の里川!

f0103126_19565313.jpg

ゴールデンウイークの渋滞を避けて、近場の里川で遊んできました。
ウェーダーがボロ(水漏れする)なので、最近はこの時期しか里川に行かなくなりましたが、やっぱりハッチマッチの釣りは面白いですね。アマゴのコンディションも最高で、7~8寸クラスが3番ロッドを絞り込みます。
f0103126_19572161.jpg

イブニングはモンカゲ、オオクラカケカワゲラ、ヒゲナガ、ミドリカワゲラなどなど超乱舞状態となりますが、実際に喰っているのは違うんですよね~。久々に熱くなって真っ暗になるまで釣ってしまいました。もちろんあの暗闇で、ティペットやフライ交換もしましたよ~。
f0103126_1957403.jpg

そしてライズの嵐だったプールから上がると、な~んと両足に水がたっぷり。入った水がなかなか抜けないので、重たいまま護岸を上がって車まで歩きました。10年以上前に買った透湿性ウエーダー2足を修理しながら履いてきましたが、ついにピンホールという次元ではなくなりました。
f0103126_19575678.jpg

久々にフライが巻きたくなるライズでした!
ゴールデンウイークは近場で楽しめそうです。
f0103126_19581542.jpg

f0103126_19583793.jpg

by scott1091 | 2009-04-30 19:57 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(3)

Commented by マルパパ at 2009-04-30 22:17 x
いいアマゴですね~ テンカラ初心者ですが嵌っている私には 刺激的な画像です タイイングセットも買って超不器用ですがゴミのようなもの
作って遊んでいます   フライって暗くなっても釣れるんですか?
Commented by scott1091 at 2009-05-01 21:27
ついにタイイングも始めてしまいましたか・・・。
マルパパさんは船釣りもするので、身体が一つでは足りなくなりますよ~。(笑)

この時期になると、暗くなる直前に水生昆虫が集中的に羽化をすることが多く、その時間帯にヤマメやアマゴの熱狂的な捕食(ライズ=跳ね)を促します。この現象をフライではイブニング・ライズと言います。今の時期ですと、18~19時の間の30分程度。19時近くになればフライもほとんど見えませんので、フライが流れているであろう場所でライズがある場合は間髪アワセを入れます。

通常ですとこの時間帯はどんなフライでも喰ってしまうことが多いのですが、先日の魚達はストマックポンプで捕食物を確認すると、一種類の水生昆虫を偏食しておりました。これがフライの面白さなんですよ~。→続く
Commented by scott1091 at 2009-05-01 21:28
←続き
羽化(ハッチ)している水生昆虫に合わせたフライを使うことをハッチマッチといいます。同じ水生昆虫でも、水面に絡んだ釣りだけでもフローティングニンフ(脱皮中)、クリップルダン(羽化失敗)、ダン(亜成虫)、シャック(抜け殻)の4パターンが想定されますし、産卵後に流下してくるスピナー(成虫)も重要です。

この時間帯は老眼との闘い。歳とともにイブニング・ライズを釣らなくなる人が多いですが、一度トライしてみてはいかがでしょうか。昼間とはまた違う世界です。