いよいよ桜が満開となり春爛漫です!

f0103126_2394536.jpg

自分が子供の頃は、桜といえば4月。入学式には桜が咲いていた記憶がありますが、いつの頃からか卒業式に咲くようになりました。その意味では今年入園や入学を迎える子供を持つ親は、感慨深いかもしれません。新入社員の初仕事が花見の場所取り、な~んていう時代が懐かしいですね!

さて余談はこれくらいにして、この週末の釣りです。3月の第四週が寒すぎたこともあって、この週末で一気に桜の開花が進みましたが、実際の気温はさほど高くありません。土曜日の幹線道路の気温表示は、朝9時で11℃。午後から曇って夕方は雨との予報なので、大きな気温上昇は期待できません。
f0103126_23131120.jpg

↑超スプーキーなヤマメはこの距離から見つけて攻略を考えます

桜が咲き始めると渓流はどこも釣り人が多くなるので、この日は裏を狙ってマイナーな沢を選択。読みどおり当日の先行者はいませんでしたが・・・。な~んと前日にフライマンが入っており、浮いているものに超スレスレ状態。開けたプールでは、フライを視認した瞬間、稲妻Goneの連続です。

踏み跡のサイズや立ち位置、トラバース・ルートともに私と一緒なので、昨日入ったのは以前「〇〇調査隊」と称して一緒に釣り歩いた仲間の一人に間違いないでしょう。最近は里川に行っているはずなのですが・・・。emoticon-0100-smile.gif

こんな状態なので、早めにその沢を切り上げて、体力の限界に挑むべくさらに高飛び。水量が少なく超スプーキーな魚ばかりでしたが、竿と一緒に撮影できるヤマメを2尾釣って、降り始めた雨に打たれながら超へろへろ状態で帰還です。
f0103126_2311265.jpg

↑側線に朱点が見られるが完全なヤマメ。放流が及ばない世界で脈々と血をつないでいる
f0103126_23115381.jpg

翌日は、昨年から気になっている沢に資源調査に出かけます。気温は朝9時で9℃で、昨日よりも寒い。10年くらい前は数えるほどしか魚がいませんでしたが、一昨年くらいから飽きない程度に魚が出るので、ヤマメがいるところまで遡行してみることにします。

沢のジャンクションより少し下から入渓し、目的の沢を遡行します。餌釣りではこのジャンクションまでが対象エリアとなるのでしょうが、フライでは何とか釣りになります。もちろん障害物や複雑な流れで、フライを自由に投げることはできませんし、アワセて魚が掛からなければ、枝にフライが絡んでしまいます。しかし枝に絡むのはティペットとフライだけなので、葉がないこの時期は100%回収できました。
f0103126_2314054.jpg

水量が少ないのでフライへの出方は早いですが、思った以上の魚影の濃さ。大きさ的には6寸以下がほとんどでしたが、数は少ないもののきれいな7寸クラスも釣れました。親魚の数と稚魚の生息数から判断すると、この沢にこれだけ生息するのは卵放流が行われたものと思われます。
f0103126_23143538.jpg

リストコンピューターの高度計が1000㍍近くなった頃、生息上限と判断できる場所に到達。最後にヤマメを釣った場所を、流れの大きさがわかるよう道具と一緒に撮影。竿は7ft6inch(4pcs)なので、いかに小さな流れであるかご理解頂けると思います。
f0103126_2365991.jpg

この沢は「種沢」には該当しませんし、ヤマメにはかなり厳しい環境です。来年また調査してみますが、去年大きな台風がなかったことを考えると、上限がかなり後退してしまうことが予想されますし、逆に夏場の渇水も厳しいと思います。
f0103126_23175311.jpg

f0103126_23181137.jpg

f0103126_23183198.jpg

by scott1091 | 2009-04-05 23:08 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(2)

Commented by マルパパ at 2009-04-07 09:30 x
こんなに細い流れで良いのが釣れるんですね しかし良く繁殖するもんですね 魚見えているのでしょうが近づいて気づかれないのでしょうか
こういうところですと遠くからは振り込めないでしょうし
でもスゴイ体力ですね
Commented by scott1091 at 2009-04-08 21:18
マルパパさん、私も近くの川で天然遡上鮎を確認しました。
やっぱり例年よりも大きいです!今週に入ってから気温がぐっと上がり、川の様子も初夏
を思わせる感じ。解禁が楽しみですね~。

写真にあるような流れでは、さすがに掲載したようなサイズは釣れません。もう少し水量があるとヤマメも流れに出て餌を捕りますが、これくらい源流だと物陰に居るのでフライを投げてみないと生息が確認できません。体力は年々下降の一途。ここら辺で踏みとどまらないと、マルパパさんのようにはなれませんよ~。