冬に逆戻りしたような週末!

f0103126_20272546.jpg

あまりにも寒過ぎ~。

土曜日は久々に家から出るのを躊躇してしまいました。先週イワナを釣ったのが嘘のような陽気で、桜もお彼岸からほとんど開花が進んでおりません。

幹線道路にある温度計は5℃。山は氷点下に近い気温が予想されます。気温が低いと体が動かないので、ちょっとしたことでもバランスを崩して滑落したりするので、より慎重に歩かなければなりませんね、こんな日は。
f0103126_20221156.jpg

天気予報では降水確率は高くありませんが、入渓した場所はまさかの雪。濡れてしまう雨よりはよっぽどよいですが、日が差さないので半端じゃないくらい寒い!ヤマメの活性が心配でしたが、水温はさほど影響もなく、それなりの数が開きに出ておりました。
f0103126_2028013.jpg

f0103126_20283857.jpg

さすがにこの陽気なので、釣れる魚はレギュラーサイズ。やっと見つけた、エゴからチラチラ頭を出すこの日最大魚。完璧な流し込みでフライをしっかり喰わせるも、まさかのチョン掛け。目測で9寸近くあったので、その瞬間全身の力が抜けました。水面でガバガバさせちゃったので、当分は釣れないだろうな~。
f0103126_20234490.jpg

そして日曜日。前日あまりにも寒かったので、標高の低い沢に友人とともに入渓。水温は6℃。思ったよりも水量が多く、巻き返しなども流速が早過ぎてかなり苦戦します。気温の上昇とともに少しづつ反応がありますが、流速やドラッグが原因で魚の出方がメチャクチャ早い。体が反応できず、も~空振り連発です!

久々に会心のアワセが決まると、力み過ぎてアワセ切れ~。お互い2尾釣るまでは、それはそれは辛~い内容でした。その分すごく笑えましたけどね!
f0103126_2024638.jpg

↑この週末の最大魚。少し痩せているけど尾鰭が立派です!

ということで本日の教訓。

〇自分に見えないフライは使わない
→ もしも~し、フライ全然見えないんだけど・・・、「バシュ」。 → 当然カラ振り002.gif

〇フライを流しているときはよそ見はしない
→ 出たよ~! → ごめんフライ見てなかった042.gif

〇魚が出たらアワセる
→ こんな早い魚釣れないよ~? → 男は黙ってアワセなさい025.gif

すぐに魚が出ないと、ついつい次に流すポイントが気になっちゃう。そいうときに限ってフライをゆっくり喰ってくれるのに、見ているのは後ろにいる友人だけ!まったくもってお粗末な週末でした。チャンチャン!
f0103126_20223768.jpg

↑ミツマタが満開です!

by scott1091 | 2009-03-29 20:15 | フライフィッシング / 渓流・湖 | Comments(0)