すっごく厳しい!

週末になると冬型の気圧配置が強まり、天気は良いけど風が強く海は時化。今年は先週末を除けばほとんどがこのパターン。そしてこの週末も…。

土曜日は朝から強い西風。夕凪も期待できないので釣行を断念し、狙うは日曜日の朝凪。予報は夕方風がおさまるとのことですが、この気圧配置では期待できません。ということで久々の早朝ヤエンです。

ライトが不要なくらい明るくなってから、ピトンを打って釣りをスタート。朝凪とはいえ、西南西の風がかなり吹いています。水温はな~んと13.6℃。普通の人はアオリ釣りをしないでしょう。

釣りを開始してまもなく、最初に投入した竿の動きが止まります。慎重に竿で訊くとアオリの居食い。距離にして25㍍。寄せても「いやいや」しないので、すぐにヤエンを投入します。そしてしっかりあわせてフッキング。幸先良いスタートになるはずでした。しかしギャフを打つ寸前で痛恨のバレ。ヤエンの角度が大きかったので、浅掛かりだったのでしょうか?大きさは目測で700~800㌘。
f0103126_2247818.jpg

当たりはこれだけで、その後はまったく生命反応なし。18尾買ったアジは、低水温で弱って消耗するのみ。昼に切り上げる予定でしたが、魚の当たりもまったくないのでアジがなくなりません。淡々と何も起こらない時間が過ぎていきます。

この絶望的な状況で私を釣り場に留まらせるのは、新しく作ったヤエンを試したいという思い。そして故障して1時間を倍近くで刻む時計。039.gif絶えず吹いている風に耐えながら、ひたすら当たりを待ちます。日の角度から時計の故障に気がついたのは15時近く。ここまできたら夕まずめに突入です。

そして約12時間後の18時半、やっと本日2回目の当たりです。強風で竿を煽られて、テンションを一定に保つことができません。グリップを上腕に添えてしっかり竿をホールドし、アジの頭を落とすのをひたすら待ちます。引きの感じでは500~600㌘の小型です。

そして試作ヤエンを投入。このヤエンはローラーはなく、10㌘で仕上げた軽量ヤエン。アオリにヤエンが近づいたとき、ヤエンの自重による違和感を極力減らしたいと思って作りました。
f0103126_22514168.jpg

ヤエンにつけた灯りが水面を進んでいきますが、やっぱり軽量かつローラーがないのでかなり遅い。時間をかけて30㍍くらい進んだところで「Ziーーー」、「Ziーーーーー」。レバーブレーキでうまくかわしますが、ヤエンの灯りも一緒に走ったので、すでにフッキングしているのかもしれません。

アオリが落ち着くのを待って寄せを再開。灯りが近づくのを確認したら間髪アワセを入れようと思っていたのですが、軽い「Ziー」を残してヤエンの灯りが沈みます。これでこの勝負は終わり。

19時にアジを1尾残してストップ・フィッシング。13時間の釣りで当たりは2回。ヤエン投入2回で釣果はありませんでした。

なぜ掛からなかったのだろう?
この疑問への答えを得るには、釣りに行くしかないのです。


渓流解禁まで残すところ4週。
試したいことが一杯あって焦ります!039.gif

by scott1091 | 2009-01-26 22:50 | アオリスト(Aorist) | Comments(4)

Commented by nagano-t at 2009-01-27 12:40 x
勇気に乾杯
寒空の中よくぞ釣行されました、釣果よりも勇気と元気に万歳です。
マイヤエンのアオリ釣りにはまるとストップが利かなくなるようです、その気持ちよく分かります。
でも収穫有りですね、海水温13度台でもアオリが居る事が分かった次回の楽しみです。
バラシにつて、私の連続バラシの反省での改善は前メガネ寸法をほんの少し短くしたことです、自宅でテストしてみて下さい。
週末の天気回復を願う。
Commented by scott1091 at 2009-01-27 23:32
そーなんですよ~。
結局あのくそ寒い中、早起きして行っちゃったんです!
病気ですね、完全に…。

1回目は大きなハリが付いたヤエンを、2回目は前回のローラーヤエンを使ったら状況が変っていたと思うのですが…。全て「タラレバ」ですが、これだけ当たりが少ないと検証より仮説を先行させるしかありません。前脚の長さと、前脚からハリまでの長さは、私も一番悩んでいます。次回お会いしたとき、改良ヤエンを見せてください。参考にします。

この週末も天気が悪いようですが、体調がよければお付合いくださいませ!
すっごく厳しい状況ですが、二人で行けば勇気百倍です。(笑)
Commented by sinn356 at 2009-01-29 15:14
はじめまして!
ヤエンを始めてみようかと、資料集めていて辿り着きました。
scott1091さんのスタイリッシュなリールカスタムが目に止まりコメントいたしました。
実は手持ちのリールの中にBB-X 3000EVがあったので、これを弄ってみようと思ってるのですが・・・よろしければリールカスタムの詳細をお教え願いたいのですが(もちろん改造は自己責任です(笑))
いきなりではありますが、よろしくお願い申し上げます。
Commented by scott1091 at 2009-01-30 19:58
sinn356さん、はじめまして。
「BB-X」をヤエンに使用している方は、人それぞれ工夫されているようです。

今使っているリールは「02 BB-X XT&EV」ですが2005年に終売。ハンドルはsinn356さんも「セフィアBB」で使っているブリーデンですが、この型番(80㍉)はメーカーで生産予定がないので、店頭在庫を探すしかありません。お手持ちの「94 BB-X EV」は残念ながら見たことがなく、パーツ価格表も公開されていないので構造もわかりません。お役に立てず申し訳ありません。