リベンジに出漁!自作ヤエンでアオリゲットはなるか?

NOAAが提供している人工衛星からの海面水温はかなり絶望的。

沖にある暖水塊の接岸を期待しますが、今週はまったく変化なし。週初から厳しい冷え込みが続いたので、西岸、東岸ともに15℃台の海水温となっております。こんな状況なので、風向を優先してポイントを選択。

いつも同行させて頂いているNさんと出発。途中、釣具店に立ち寄ってからアジ店へ。状況的に12尾で十分と思いましたが、ここは気合一発で18尾を購入。風は強くありませんが南西からのうねりが残っているので、それを避けられる場所に入ります。早々に測定した海水温は14.6℃。採水している場所が岸よりなので、これを考慮すればだいたい15℃台の海水温と思われます。
f0103126_11454697.jpg

明るいうちの当りを期待しますが、この時期のアオリはそんなに甘くありません。そして待ちに待った地合いが突然訪れます。隣のNさんと私の2本の竿にトリプルヒット。しかしラッキーと思ったのもつかの間、私の2本はラインがクロスするようにアオリが走っていきます。まずはラインが上にあるであろう竿から捌きに入ります。

そして待望の自作ヤエンを投入します。ゆっくりとアオリを寄せていきますが、ここで想定外の事態が発生。ラインに大きな流れ藻が絡んで、ヤエンが滑るだけのライン角度がキープできなくなります。何とか流れ藻を手元まで寄せようとしたら、アジにテンションが掛かり過ぎてGone。ヤエンと流れ藻も回収して、気を取り直してもう一方の竿へトライ!006.gif
f0103126_11493355.jpg

そして小型ながら、自作ヤエンでの第一号をゲッ~ト。003.gifその後の当りはラインが50㍍以上出ているのものばかりなので、正月に制作した自作ローラーヤエンを使用。このヤエンが当って、な~んと8戦8勝(最大は1.1㌔)。他にヤエンを入れる前に離されてしまうパターンが2回ありましたが、思わぬ釣果に恵まれました。

前回2回の釣行でアオリはボー〇だったので、三日分をまとめて釣った勘定ですね!043.gif当然ながら一番嬉しいことは、自作ヤエンでアオリをゲットできたこと。これでやっとヤエンケースから市販ヤエンを出すことができそうです!
f0103126_1150934.jpg

f0103126_11553942.jpg

↑Nさんに教わって塩辛を作ってみました。二日後が楽しみ!

by scott1091 | 2009-01-17 10:18 | アオリスト(Aorist) | Comments(2)

Commented by Nagano-t at 2009-01-19 13:31 x
お疲れさまでした、次の釣行が楽しみですね、私は不安です。(爆笑)
塩辛は作りの手元が気になります、イカ独特のモッチリ食感は、<カの筋を切る> ご存じかも。
Commented by scott1091 at 2009-01-19 20:19
Nagano-tさん、今週もお世話になりました。
次回はいつものとおり、私が「もういや~」ってなると思います。しかし先週のことを思えば、当たりがあるだけでも私は十分幸せですよ~。(笑)

それとイカの切り方、鋭いご指摘です。イカは縦に切るほうが筋を断ち切るので、旨味を強く感じ食感も増すと言われています。我が家でもヤリやスルメは縦切りにしていますが、アオリは幅があるので、妻は左右対称に分けてから横切りで「飾り包丁+短冊」、または「削ぎ切り」することが多いようです。(笑)