2009年の初釣り!

2009年の初釣りは、もちろんヤエン!
3日は久々の微風。月も出て条件的には悪くありません。
潮は「小潮」ですが、満潮時間はまずまず。

Nさんと一緒に15時前に釣り場に到着するも、どこも人で一杯です。二人並んで入れる場所がないので、私が一番浅場。Nさんが一番深場にピトンを打ちます。水温は16.8℃。

水温の低下とともにアオリは深場に落ちるのが常識なので、私の場所はかなり不安がありますが、潮通しがよくベイトも多いので自分の勘を信じます。
f0103126_11202191.jpg

ところで皆様は、初釣りの内容をどのくらい気にされますか?私は「釣りキチ三平」の影響もあって、初釣りはその年の釣りを占う意味で験(げん)をかつぎます。したがってボー〇だけは絶対に回避しなければなりません。emoticon-0144-nod.gif

最初の当りはほぼ平行に右へ。30㍍くらいの所にエギンガーがいるのでかなり絶望的。トルクのある引きからキロものであるのは明らか。これ以上走られるとエギで引っ掛けられるので、追いかけながらヤエンを投入します。
f0103126_112050100.jpg

↑ここまで食べたら普通は離さないのに・・・

そして不安は的中。おまけに引っかけたラインをテトラをかわさずにリリース。emoticon-0120-doh.gifこのままではヤエンをロストしてしまうので、鞍馬天狗のごとくテトラを飛びながらエギンガーの所まで行きます。この時点でアオリはまだ乗っていましたが、エギでテトラ際まで寄せてしまっているのでテトラをかわしきれずGone。

その後も当たりが続きますが、水深が浅いので手前のシモリでヤエンをアオリまで送ることができず、またそのシモリまでアオリを寄せると決まってアジを離します。こんな状態が5回続きました。時間とともに潮が上がっているので、辛抱するしかありません。
f0103126_11182732.jpg

↑今年の初もの

私の釣り場はこの日はすごいベイトフィッシュ。海面全体がさざ波立つような数です。このベイトを求めてアオリも集まっているようで、アジの着水と同時に水面でバイトするケースもあります。これだけの当たりがありながら一時はボー〇を覚悟しましたが、何とか2杯をものにして初釣りは無事終了。

釣果は少なかったですがアオリとのやり取りは多く、とてもエキサイティングな夜でした!2009年も期待できそうです!emoticon-0102-bigsmile.gif

by scott1091 | 2009-01-04 09:55 | アオリスト(Aorist) | Comments(0)